AV女優のアジア進出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

AV女優のアジア進出(AVじょゆうのアジアしんしゅつ)とは、日本のAV女優のアジア進出の件を記述する。

韓国中国台湾などアジア諸国でも知名度を誇る日本のAV女優が存在する。日本のAV女優の名前は、中国の検索エンジン百度(Baidu)」で検索ワード人物編トップ20にトップスターと並んで上がる。かつて、小澤マリアは「美女検索ランキング」「女性スター検索ランキング」でそれぞれ1位を獲得した[1]インドネシアでも、2000年頃から日本のAVが流通し始め人気を集めている。

一方で、イスラム教徒を中心に日本のAVブームを批判する声も挙がっている[2]

各国での反応[編集]

台湾[編集]

台湾では、日本人AV女優と交流できるツアーが大人気で、ツアー参加者が殺到している。あるツアーなどは代金が約18万円で、これにはAV女優の指名代、接写ができる代、サイン代、握手ができる代、そして性行為のシーンを生で見られる代金が入っている[3]。また、ツアー客が好きなAV女優を指名し、至近距離で撮影できる「AV撮影ツアー」もある。費用は通常の日本ツアーの約2倍である。ツアー客は事前に「AV女優に触らない」「撮った写真を外部に流さない」といった規定がある[4]

小澤マリアが台湾を訪れ、2009年4月13日に出演したバイオレンス・サスペンス映画『絶命派対』(柯孟融監督)のプレミア上映会に出席した[5]大沢佑香が台湾で自身がデザインしたTシャツを販売し、売り上げを災害復興のために寄付した。これとは逆に、現役AV女優の華純が台湾で生まれ、日本で活動している。

インドネシア[編集]

2009年に首都ジャカルタにある映像制作会社が、日本のAV女優を映画の主役に起用しようとしたところ、デモなどの抗議行動が起こって計画が頓挫した[2]。ちなみにインドネシアは敬虔なイスラム教徒が人口の大多数を占める。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]