Ayasa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Ayasa
出生名 島村絢沙
別名 中村アヤサ[1]
生誕 (1991-10-19) 1991年10月19日(29歳)[2]
出身地 日本の旗 日本東京都[2]
学歴 桐朋学園大学音楽学部弦楽器専攻
ジャンル ロック
クラシック
ポップス
職業 ヴァイオリニスト[3]
声優
担当楽器 ヴァイオリン
レーベル 株式会社ドリーミュージック
事務所 JUGGLER
共同作業者 Sword of the Far East
DECAYS
音卓の騎士
公式サイト https://www.ayasa-violin.com/

Ayasa(あやさ、本名・島村 絢沙(しまむら あやさ)、1991年10月19日[2] - )は、日本のロックバイオリニスト[3]声優東京都出身[2]。JUGGLER所属[4]

来歴[編集]

1991年10月19日、東京都生まれ[5]。3歳よりヴァイオリンを始める[5][2][3][6]桐朋学園付属子供のための音楽教室[5]桐朋女子高等学校音楽科[5]を経て、桐朋学園大学音楽学部弦楽器専攻卒業[2][6]。これまで岩澤麻子、鷲見健彰に師事。

2005年、第15回日本クラシック音楽コンクール中学生の部 全国大会入選[5]。2009年、第19回日本クラシック音楽コンクール高校生の部 全国大会第4位(1位・2位なし)[5][7][8]。世界クラシック シニアの部 銅メダル[5][いつ?]。東京サミット音楽コンクール 銀賞(最高位)[5][いつ?]。その他コンクールにて入選多数回。

2008年、イタリア・シエナのキジアーナ音楽院の夏期講習を受講し、サルヴァトーレ・アッカルドに師事。ウィーン国立大学徳島文理大学共同インターナショナル夏期講習会を受講し、エドヴァルド・ツェンコフスキー(Edward Zienkowski、ウィーン国立音大教授)に師事、教授推薦による受講生コンサートにて演奏[いつ?]

2008年、サントリー天然水(南アルプス、奥大山)のイメージキャラクターを務め、CMに出演[6][1]

2009年、桐朋女子高等学校在学中にアンドレ・アニハーノフ指揮/サンクトペテルブルク祝祭交響楽団コンサート・ツアーにソリストとして参加し、東京オペラシティを始め、全国13公演を務める[9]

2011年、D・A・Iプロデュースによるロック・バイオリン・プロジェクト「Sword of the Far East」に参加[6]、Live活動、音楽制作を行う。ももいろクローバーZのバックバンドの一員として、2013年には西武ドーム、2014年には横浜国際総合競技場(日産スタジアム)と、大規模会場でのパフォーマンスを経験。2015年、「Sword of the Far East」を卒業[10]、ソロアーティストとして、芸能活動を開始[5]

2016年、ソロ活動と平行してDIR EN GREYのDieとMOON CHILDの樫山圭を中心としたユニット「DECAYS」にヴァイオリニストとして参加。

2018年、ファッションモデルAKIRAとユニット「+A」(プラスエー)を組み、シングル「忘却のセイント」を発表[11]

2020年3月より、『BanG Dream!』プロジェクトのバンドユニット「Morfonica」の八潮瑠唯役を担当する。現実にバンド活動を行い、Ayasaはバイオリンを担当する[12]とともに、これにより声優初挑戦となった[13]

人物・エピソード[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

Ayasa名義
発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2020年11月1日 GUNSHOT~memory of loved 配信限定

アルバム[編集]

Sword of the Far East名義
発売日 タイトル 規格品番 最高位[16]
初回限定盤 通常盤
1st 2011年9月7日 序章 TSM-21 圏外
2nd 2014年3月8日 Ryukyu Sunset Violin TSM-23 圏外
3rd 2014年4月16日 Sword of the Far East TSM-24 159位
Ayasa名義
発売日 タイトル 規格品番 最高位[17]
初回限定盤 通常盤
ベスト 2017年1月25日 BEST Ⅰ MUCD-1375 MUCD-1376 52位
ベスト 2017年3月29日 BEST Ⅰ Special Edition Ver.1 MUCD-8101/2 112位
カバー 2019年8月1日 ANISONG COVER NIGHT Vol.1 配信限定
カバー 2019年10月1日 ANISONG COVER NIGHT Vol.2 配信限定
カバー 2020年7月1日 ANISONG COVER NIGHT Vol.3 配信限定

ミニアルバム[編集]

Ayasa名義
発売日 タイトル 規格品番 最高位[17]
カバー 2012年9月26日 Too Fast Sword XQFV-1021 圏外
1st 2015年12月9日 CHRONICLE I JRAY-1 102位
2nd 2016年6月29日 CHRONICLE Ⅱ FOCD-30 64位
3rd 2016年10月19日 CHRONICLE Ⅲ FOCD-40 81位
4th 2016年12月21日 CHRONICLE Ⅳ FOCD-41 112位
5th 2018年1月24日 CHRONICLE Ⅴ FOXD-1001 91位
6th 2019年6月1日 CHRONICLE Ⅵ 配信限定
7th 2019年7月1日 CHRONICLE Ⅶ 配信限定
8th 2019年9月1日 CHRONICLE Ⅷ 配信限定
カバー 2020年9月1日 FUJIPACIFIC MUSIC presents J-POP COVER NIGHT Vol.1 配信限定

映像作品[編集]

Sword of the Far East名義
発売日 タイトル 規格品番 最高位[16]
1st 2012年7月25日 Live Rock!!!!!! TSM-22(DVD) 圏外
2nd 2014年9月21日 Girls' Session TSM-25(DVD) 60位
3rd 2015年5月27日 GO ON TSM-27(DVD) 圏外
Ayasa名義
発売日 タイトル 規格品番 最高位[17]
1st 2018年3月28日 LIVE!! Ayasa Theater episode 7 FOXD-1001(BD) 111位

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ 時期
告白の夜 『White Sacas 10th Anniversary』公式テーマソング 2017年
戦いの果てに ゲーム『蒼空のリベラシオン』BGM 時期不明
VOICES Strings ver. ~featuring Ayasa 『Xperia X Performance』CM楽曲

キャラクターソング[編集]

発売日 商品名 楽曲 備考
2020年5月27日 Daylight -デイライト- Morfonica[メンバー 1] 「Daylight -デイライト-」
「金色へのプレリュード」
ゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』関連曲

その他[編集]

CD

書籍[編集]

  • アートブック「CHRONICLE」(2020年11月1日発売)

出演[編集]

CM[編集]

映画[編集]

  • もうしません!(2015年) - AYASA(本人) 役 [19]

Web配信番組[編集]

  • MORFONICAL/もるふぉにかる(2020年 - 、YouTube

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

舞台・ミュージカル[編集]

ライブ・イベント[編集]

2016年
  • 5月22日 - インストバンドフェス「V.V Rocks」(新木場Studio Coast)[26]
  • 7月3日 - 2ndアルバム「CHRONICLE Ⅱ」リリース記念イベント(お台場ダイバーシティ東京)[27]
  • 8月1日 - SUMMER TERRACE 2016(お台場野外ステージ)[28]
  • 8月5日 - GRAND RENEWAL Day,1(渋谷CLUB camelot)[29]
  • 9月15日 - 東京ゲームショウ2016(幕張メッセ)[30]
  • 10月24日 - 13th TOKYO INTERNATIONAL MUSIC MARKET LIVE(渋谷 TSUTAYA O-EAST)[31]
  • 11月6日 - 東京ラーメンショー[32]
  • 11月25日 - ワンマンライブ「Ayasa Theater episode 1」(恵比寿CreAto)[33]
  • 11月26日 - TOKYO BLACK CIRCUS(ELE TOKYO)[34]
  • 12月30日 - COUNTDOWN JAPAN 16/17(幕張メッセ)[35]
2017年
  • 1月27日 - ワンマンライブ「Ayasa Theater episode 2」(恵比寿CreAto)[36]
2018年
  • 5月12日 - +A(プラスエー)(恵比寿CreAto)[37]
  • 7月14日 ‐ REAL ANISON Vol.1~姫祭~(高田馬場ESPエンタテインメント東京)

ライブサポート[編集]

  • 山本彩 LIVE TOUR 2020 ~α~(2020年)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 本作のBGMを担当したAyasaをキャラクター化してコラボ出演。声はM・A・Oが担当

ユニットメンバー

  1. ^ 倉田ましろ(進藤あまね)、桐ヶ谷透子(直田姫奈)、広町七深(西尾夕香)、二葉つくし(mika)、八潮瑠唯(Ayasa

出典[編集]

  1. ^ a b サントリー南アルプス天然水のCMで使われている曲は?”. CD Journal (2008年4月28日). 2020年8月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 1990年代後半に一時代を築いたアーティスト2組による対バンイベントの第2弾! Confetti[カンフェティ Webインタビュー]”. Confetti. 2016年1月21日閲覧。
  3. ^ a b c コスプレ×アニソン演奏が話題の美女、クラシック界飛び出し“ヲタリスト”になった理由”. ORICON NEWS (2019年10月7日). 2020年6月21日閲覧。
  4. ^ オールジャンルで活躍するバイオリニスト「Ayasa」所属決定!”. 2016年1月21日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i ヴァイオリニストAyasa 最新AL「CHRONICLE VI」テキストインタヴューが到着!”. e-onkyo music (2019年6月1日). 2020年6月26日閲覧。
  6. ^ a b c d ~ロック・ヴァイオリニストAYASAのポジティブトーク~クラシック以外のヴァイオリンを知ってほしい”. d-labo (2013年11月5日). 2021年6月21日閲覧。
  7. ^ 2009年度 第19回 日本クラシック音楽コンクール結果 - ヴァイオリン”. 日本クラシック音楽協会. 2020年6月26日閲覧。
  8. ^ コンクールでの活躍【2009年度】”. 桐朋女子高等学校音楽科. 2020年8月21日閲覧。
  9. ^ ドラマティック3大協奏曲 岡山県音楽文化協会
  10. ^ AYASA卒業のお知らせ” (2015年1月6日). 2016年1月21日閲覧。
  11. ^ “異色のロックユニット『+A』(プラスエー)が語る“アニメ音楽の力””. ORICON NEWS (オリコン). (2018年8月2日). https://www.oricon.co.jp/special/51527/ 2019年9月15日閲覧。 
  12. ^ Morfonica”. ブシロードミュージック. 2020年3月5日閲覧。
  13. ^ ayasa_violinのツイート- Twitter
  14. ^ Ayasa channel
  15. ^ Ayasa绚沙的个人空间 - 哔哩哔哩 ( ゜- ゜)つロ 乾杯~ Bilibili”. space.bilibili.com. 2020年5月23日閲覧。
  16. ^ a b Sword of the Far Eastの作品”. ORICON NEWS. 2020年6月21日閲覧。
  17. ^ a b c Ayasaの作品”. ORICON NEWS. 2020年6月21日閲覧。
  18. ^ 「レ・ジェイドシリーズ」新CM放映開始のお知らせ 株式会社日本エスコン 2017年1月16日 (PDF)
  19. ^ “中野裕太主演「もうしません!」秋公開、うだつの上がらないDJが映画作りに奮闘”. 映画ナタリー. ナターシャ. (2015年8月12日). https://natalie.mu/eiga/news/156815 2015年10月1日閲覧。 
  20. ^ CHARACTER 大盛り(第2期)”. 「BanG Dream! ガルパ☆ピコ 〜大盛り〜」公式サイト. 2020年6月19日閲覧。
  21. ^ STAFF・CAST”. 劇場版「BanG Dream! FILM LIVE 2nd Stage」公式サイト. 2020年9月21日閲覧。
  22. ^ Morfonica(モルフォニカ)特設ページ”. BanG Dream!(バンドリ)ガールズバンドパーティ!. 2020年3月5日閲覧。
  23. ^ 高橋胡桃、加藤智子/舞台「魔銃ドナー」絶賛公演中 StereoSound 2015年6月30日
  24. ^ キャスト”. SEPT presents『SANZ II』. 2021年6月21日閲覧。
  25. ^ staff&cast”. Fate/Grand Order THE STAGE -神聖円卓領域キャメロット-. 2021年6月21日閲覧。
  26. ^ バイオリニスト・Ayasaが「V.V Rocks」野外ステージで圧巻のライブパフォーマンスを披露!WWSチャンネル、2016年5月24日
  27. ^ 美し過ぎるヴァイオリニスト・Ayasaがお台場野外ステージでオーディエンスを魅了! WWSチャンネル、2016年7月8日
  28. ^ 美しすぎるヴァイオリニスト・Ayasaが思い出の新宿の地で圧巻のライブパフォーマンス!「SUMMER TERRACE 2016」を盛り上げる! WWSチャンネル、2016年8月9日
  29. ^ 美しすぎるヴァイオリニスト・Ayasaが渋谷CLUB camelotのリニューアルイベント登場で新境地! WWSチャンネル、2016年8月16日
  30. ^ 【写真特集】美しすぎるヴァイオリニストAyasaが初音ミクコスプレでゴージャスなステージを展開! WWSチャンネル、2016年9月20日
  31. ^ 美しすぎるヴァイオリニスト・Ayasaが渋谷のど真ん中で華麗なライブパフォーマンス!3rdアルバムから新曲「東京2020」も披露! WWSチャンネル、2016年10月25日
  32. ^ 美しすぎるヴァイオリニスト・Ayasaが 東京ラーメンショーで圧巻の華麗なパフォーマンス!11/25には恵比寿でワンマンライブ開催! WWSチャンネル、2016年11月10日
  33. ^ 【ライブレポート】美しすぎるヴァイオリニスト・Ayasaが映像を駆使した壮大なワンマンライブ開催!「ヴァイオリンはずっと弾いていきたい」 WWSチャンネル、2016年11月29日
  34. ^ 美しきヴィオリニスト・AyasaがELE TOKYOに登場!スピード感溢れるライブパフォーマンスでオーディエンスを魅了!」 WWSチャンネル、2016年12月6日
  35. ^ ヴィジュアル系バンドDECAYSが、COUNTDOWN JAPAN 16/17で妖艶なライブパフォーマンスを見せつける! WWSチャンネル、2017年1月3日
  36. ^ 【ライブレポート】美しすぎるヴァイオリニスト・Ayasaが『Ayasa Theater episode 2』開催! 『天空都市イシス』などライブ初披露楽曲で盛上げる! WWSチャンネル、2017年1月30日
  37. ^ イケメン女子モデル・AKIRAとロックヴァイオリニスト・Ayasaが織り成す異色ロックユニット『+A(プラスエー)』誕生!V系ロックギタリストMiA(MEJIBRAY/Sugar or Dry)が書き下ろした楽曲を披露!WWSチャンネル、2018年5月21日

参考文献[編集]