A PopCALYPSE NOW 〜地獄のPOP示録〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
A PopCALYPSE NOW 〜地獄のPOP示録〜
BEAT CRUSADERSEP
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル デフスターレコーズ
プロデュース BEAT CRUSADERS
チャート最高順位
BEAT CRUSADERS 年表
BEST CRUSADERS
2003年
A PopCALYPSE NOW 〜地獄のPOP示録〜
2004年
P.O.A. -POP ON ARRIVAL-
2005年
テンプレートを表示

A PopCALYPSE NOW 〜地獄のPOP示録〜』(ア ポップカリプス ナウ じごくのポップしろく)は、日本ロックバンドBEAT CRUSADERSのミニアルバム

2004年7月22日、デフスターレコーズよりリリース。

概要[編集]

2003年末、移籍・メンバーチェンジを行い、シングルを2枚リリースした後、この作品をもってメジャーデビューを果たした。

発売当初、ソニー・ミュージックの方針で、当時推進されていたレーベルゲートCD2での発売であったが、現在CCCD盤は廃盤となり、普通のCD-DA仕様に差し替えられている。

収録曲[編集]

  1. LAST GOOD-BYE (2:08)
    (作詞:ヒダカトオル 作曲:BEAT CRUSADERS)
  2. JAPANESE GIRL (2:32)
    (作詞:ヒダカトオル 作曲:BEAT CRUSADERS)
    PVが制作された。後にメジャー1stアルバム「P.O.A. -POP ON ARRIVAL-」にも収録された。
  3. CHRISTINE (1:25)
    (作詞・作曲:ヒダカトオル)
    LASTRUM時代の楽曲のリメイク。
  4. GYMNASIUM (3:16)
    (作詞:ヒダカトオル 作曲:BEAT CRUSADERS)
  5. LOVE DISCHORD (4:01)
    (作詞:ヒダカトオル 作曲:BEAT CRUSADERS)
    PVが制作された。後にメジャー1stアルバム「P.O.A. -POP ON ARRIVAL-」にも収録された。タイトルの綴りが「DISCORD」(不協和音)ではなく「DISCHORD」とされているのは、イアン・マッケイ(フガジ、ex.マイナー・スレット)が主宰するインディーズレーベル、ディスコード・レコード(Dischord Records)へのオマージュから。
  6. BE MY WIFE (2:08)
    (作詞・作曲:ヒダカトオル)
    LASTRUM時代の楽曲のリメイク。


全編曲:BEAT CRUSADERS