After Tone V

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
After Tone V
岡村孝子リミックス・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル BMG JAPAN
プロデュース Takako Okamura
Yukio Hiasa
チャート最高順位
岡村孝子 アルバム 年表
四つ葉のクローバー
2006年
After Tone V
2006年
岡村孝子 四季の祈り
2010年
2011年
テンプレートを表示

After Tone V』(アフター・トーン ファイブ)は、岡村孝子通算5枚目のリミックス・セレクション・アルバム。2006年12月13日発売。発売元はBMG JAPAN

解説[編集]

1987年に初めてリリースされて以来、オリジナルアルバム3枚ごとにリリースされるリミックス・セレクション・アルバムの第5弾。2002年にデビュー20周年を迎え、本格的に歌手活動を再開してから初めての “After Tone” シリーズとなる。なお、2005年にはソロデビューから20周年を迎えた。

13枚目のアルバム『TEAR DROPS』(2003年9月25日)、14枚目のアルバム『Sanctuary』(2005年3月23日)、15枚目のアルバム『四つ葉のクローバー』(2006年5月24日)から14曲を選出している。CD1枚の通常盤のほか、CD2枚組の初回限定盤があり、こちらは通常盤に収録された全14曲のインストゥルメンタル作品が収録されている。DVD付は過去にあったが、特典CD付は初めて。なお、通常盤と初回限定盤はジャケット写真が異なる。

始まりの1・2・3曲、終わりの12・13・14曲目がそれぞれの作品から均等に収録されており、3枚のアルバムのバランスがよくとれたアルバムになっている。 歌詞カードには、岡村本人による全曲ライナーノーツが掲載されている。

同時発売で、1986年12月20日に発売されたビデオソフト『Noël』が初DVD化された。

収録曲[編集]

  曲名 演奏時間 編曲
1 真実の泉 4:38 萩田光雄
日本テレビ系昼番組『ザ・ワイド』エンディング・テーマソング
2 青い月 4:50 萩田光雄
3 四つ葉のクローバー 5:06 海老原真二
4 祈り 5:19 萩田光雄
2007年、あみんの25周年記念コンサートでも岡村のソロで披露された[1]
5 晩春 4:40 萩田光雄
岡村個人名義の楽曲であるが、あみんの上記コンサートにおいてあみんの二人で歌われている[1]
6 涙のしずく 4:57 萩田光雄
7 一日 4:57 萩田光雄
8 肩車 5:12 萩田光雄
9 プラネタリウム 5:12 萩田光雄
10 暁の空 5:40 萩田光雄
11 おかえり 5:32 萩田光雄
ベストアルバムTOY BOX』の初回盤DVDミュージック・ビデオが収録された[2]
12 天晴な青空 5:25 萩田光雄
岡村20周年の記念ソングで、コーラスに加藤晴子が参加している。TBS情報番組噂の!東京マガジン」エンディング・テーマソング
13 銀色の少女 5:19 萩田光雄
前年にNHK音楽番組夢・音楽館』で共演したさだまさしが作詞。コーラスに加藤晴子が参加。
14 春色のメロディー 5:00 萩田光雄
アニメ映画「雲の学校」エンディング・テーマ

関連作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 2007年12月19日に「25th Anniversary Aming Concert Tour 2007 In the prime 〜ひまわり〜」のタイトルでDVD化された。
  2. ^ 「真実の泉」「天晴な青空」のミュージック・ビデオも収録されている。