akkin

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
akkin(アッキン)
出生名 鈴木玲史
生誕 (1973-12-19) 1973年12月19日(45歳)
出身地 日本の旗 日本群馬県高崎市
職業 ギタリスト
音楽プロデューサー
作詞家
作曲家
編曲家
担当楽器 ギター
活動期間 1997年 -
事務所 カムイレコード
共同作業者 ハートバザール
ジェット機

akkin(アッキン、1973年12月19日 - )は、日本ミュージシャンギタリスト音楽プロデューサー[1]群馬県高崎市出身。元ハートバザールのギタリスト。本名は鈴木 玲史(すずき あきひと)。

来歴・人物[編集]

1997年、ハートバザール結成。

1999年にインディーズよりハートバザールのミニアルバムをリリース。そのレコーディングに参加した椎名林檎のデビューアルバム『無罪モラトリアム』にギタリストとして参加する。

2000年、ハートバザールで東芝EMIよりメジャーデビュー(2002年解散)。

2003年9月、ジェット機トイズファクトリーよりデビュー(2008年解散)[2]

バンド活動をするかたわら、様々なアーティストのプロデュースやサポートギタリストとしての活動も始める。

ハートバザール解散後は主にakkin(アッキン)名義で活動する。

2008年からONE OK ROCKのサウンドプロデュースを手掛け、2015年発売のアルバム『35xxxv』ではメンバーと共に渡米し、ロサンジェルスでレコーディングを行う[注 1][1][3]。そのほか、MAN WITH A MISSIONFTISLANDFUZZY CONTROLAqua TimezMAGIC OF LiFEROOKiEZ is PUNK'Dなどのバンドから、阿部真央LiSA矢井田瞳木村カエラなどの女性アーティストまで幅広く手掛けている[1]

サポートギタリストとしては椎名林檎ゆずMCU山田タマルなどのレコーディングに参加し、ツアーではYUKIコブクロななみ宮田和弥等にも参加している[1]

2017年、活動を再開した175Rの約7年ぶりのフルアルバム『GET UP YOUTH!』を共同プロデュース[4]

主な活動[編集]

サウンドプロデュース、編曲[編集]

楽曲提供[編集]

  • MCU「クレイジービーンズ」(アルバム『A Peacetime MCU』収録)
  • 木村カエラ 「weak」(アルバム『KAELA』収録)
  • CLUTCHO「unworldly men」(シングル「ロックンロール・ガールフレンド」収録)

ライブサポート、レコーディング[編集]

出演[編集]

映像作品[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 数々の海外プロデューサーが起用された同アルバムに唯一の日本人プロデューサーとして名を連ねる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d アッキン akkin MUSICIANS PROFILE”. Kamuy Record. 2017年5月9日閲覧。
  2. ^ ジェット機の情報”. リアルサウンド. 2017年5月9日閲覧。
  3. ^ ONE OK ROCK、2ndアルバムが好発進”. BARKS (2008年5月31日). 2017年5月9日閲覧。
  4. ^ 175Rの7年ぶりフルアルバムにHEY-SMITHホーン隊参加、槇原敬之カバーも”. 音楽ナタリー (2017年2月2日). 2017年5月9日閲覧。