Alioth (Debian)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

AliothDebianプロジェクト内で稼働していたFusionForge英語版システムである。その目的は、(とりわけDebianで使用される)フリーソフトウェアの開発・ドキュメントの作成である。

Aliothでホストされているプロジェクトのソフトウェアには、debパッケージが存在するものがほとんどである。しかしながら、いくつかはDebianプロジェクト内には含まれないプロジェクトもホストされている。例えば、フリーなスキャナドライバを作成するプロジェクト、SANE英語版プロジェクト[1]などがある。

略歴[編集]

Aliothは、2003年3月にDebianプロジェクトへの導入が発表された[2]。オリジナルのAliothが使用していたホスティング用ソフトウェアはSourceForgeのコードをベースにしていたが、SourceForgeの商用化により、二度手間をかけることを避ける目的で、そのフリーソフトウェアバージョンである、GForge英語版を利用することとなった[3]2009年よりAliothはGForgeの後継である、FusionForge英語版呼ばれるソフトウェアで稼働している。

Aliothの管理者は、当初、Raphaël HertzogとRoland Masだった。現在は、Christian Bayle、Roland Mas、Stephen Gran、Tollef Fog Heenとなっている[4]

2017年12月にGitLabベースのSalsaがベータ公開され[5]、Aliothのサービスは終了することがアナウンスされた。2018年2月にはSalsaが一般公開[6]され、正式にAliothはサービスを終了した。

脚注[編集]

  1. ^ Alioth: SANE - Scanner Access Now Easy: Project Info”. Alioth. alioth.debian.org. 2007年9月3日閲覧。
  2. ^ Raphael Hertzog (2003年3月29日). “Introducing Alioth: SourceForge for Debian” (英語). debian-devel-announce mailing list.. http://lists.debian.org/debian-devel-announce/2003/03/msg00024.html 2011年8月8日閲覧。 
  3. ^ Wichert Akkerman (2003年4月12日). “Update on alioth” (英語). debian-devel-announce mailing list.. http://lists.debian.org/debian-devel-announce/2003/04/msg00006.html 2011年8月8日閲覧。 
  4. ^ Alioth: Site Admin: Project Info”. Alioth. alioth.debian.org. 2011年2月4日閲覧。
  5. ^ salsa.debian.org (git.debian.org replacement) going into beta” (英語) (2017年12月25日). 2018年5月10日閲覧。
  6. ^ salsa.debian.org updates (leaving beta)” (英語) (2017年12月25日). 2018年5月10日閲覧。