Anoice

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Anoice
Anoice - Yuki Murata, Utaka Fujiwara, Tadashi Yoshikawa, Takahiro Kido (L to R).jpg
基本情報
出身地 日本の旗 日本東京
ジャンル インストゥルメンタル
活動期間 2006年 -
レーベル Ricco Label
Important Records
PLOP
noble label
Flowers Blossom In The Space
1631 Recordings
事務所 Ricco Label
公式サイト [1]
メンバー Takahiro Kido
Yuki Murata
Utaka Fujiwara
Tadashi Yoshikawa

Anoice木戸崇博村田有希藤原歌花吉川忠志によって結成された日本のインストバンド。メンバーのソロプロジェクトであるTakahiro KidoYuki Murataに加え、RiLFfilmsmizu amanemokyowcruなどのサイドプロジェクトも持つ。

メンバー[編集]

  • Takahiro Kido(ギター、ピアノ、オルガン、グロッケンシュピール など)
  • Yuki Murata(ピアノ、シンセサイザー、オルガン、グロッケンシュピール など)
  • Utaka Fujiwara(ヴィオラ、ヴァイオリン、シンセサイザー、ウーリッツァー など)
  • Tadashi Yoshikawa(ドラム、パーカッション、テルミン、ターンテーブル など)

バイオグラフィー[編集]

2006年、ボストンのImportant Recordsより、クラシック、ロック、電子音楽などに影響を受けた音楽性を特徴とするファーストアルバム「Remmings」でデビュー。2008年、音楽レーベル/制作プロダクションRicco Labelを設立。2012年には、欧米の音楽メディアに年間ベストアルバムスに選出されるなど、高評価を得たサードアルバム「The Black Rain」をRicco Label, Important Records, Flowers Blossom In The Spaceより全世界リリース。2015年、4枚目のアルバム「into the shadows」をリリース。毎年、ヨーロッパとアジアを中心にライブツアーも行っている。2019年、5月にはニューシングルを3週連続でリリースし、8月にはサードアルバム「The Black Rain」のその後の世界を描いた5枚目のアルバム「Ghost in the Clocks」をリリース。

また、Anoiceはメンバーの組み合わせを変えたり、外部の演奏家とコラボレーションする事で、下記のようなソロ/バンド/ユニット名義も持ち、Anoiceと合わせると、これまでに20枚のアルバム、8枚のミニアルバム、12枚のシングル、2枚のサウンドトラック、そして2枚の企画盤をリリースしている。

Takahiro Kido(Anoiceの木戸崇博のソロプロジェクト)
Yuki Murata(Anoiceの村田有希のソロプロジェクト)
RiLF(Anoiceとmatryoshkaのヴォーカリストcaluによるロックバンド)
films(Anoiceと2人の女性ヴォーカリストfilmsによるユニット)
mizu amane(filmsによるサイドプロジェクト)
mokyow(Anoiceの男性メンバーとキーボーディスト甲斐謙一によるバンド)
cru(Anoiceの木戸崇博と村田有希によるクラシカルユニット)

加えて、Anoice、及び各メンバーは、国内外の様々な企業のCM音楽制作を担当。また、松竹映画 遠藤尚太郎監督「Tusikiji Wonderland」やCan Evgin監督「Olivier Zahm : Digital Provacateur」などの映画、及びNHK「自閉症の君が教えてくれたこと」やWOWOW「ダブル・ファンタジー」などのテレビ番組の音楽を手がけ、ヴェネチア国際映画祭短編映画、イタリア賞、文化庁芸術祭、クールジャパンマッチングフォーラム、日本映画批評家大賞など、国内外のイベントで受賞。Anoiceが擁する2人の作曲家である木戸崇博と村田有希自身も札幌国際映画祭にて最優秀作曲家賞を受賞している。

ディスコグラフィー[編集]

スタジオアルバム[編集]

Anoice

  • Remmings (2006)
  • Out of Season (2008)
  • The Black Rain (2012)
  • into the shadows (2015)
  • Ghost in the Clocks (2019)

Takahiro Kido

  • a Short Happy Life (2005)
  • in my Time (2007)
  • Fleursy Music (2008)
  • Fairy Tale (2011)
  • The New World (2016)

Yuki Murata

  • Films (2006)
  • Home (2006)
  • Gift (2014)
  • Piano Fantasia (2018)

RiLF

  • Ferris Wheel (2010)

films

  • Messenger (2010)
  • a forbidden garden (2013)
  • signs from the past (2016)

mokyow

  • Variations for Spiegel (2008)

cru

  • re-Silence (2006)

ミニアルバム[編集]

Anoice

  • Ruined-Hotel Sessions (2008)
  • From The Studio (2014)
  • no room here (2015)
  • invisible wall (2020)

Takahiro Kido

  • Walking in the Rhythm (2006)
  • Inside-Out Tokyo (2016)

Yuki Murata

  • Piano Fantasia+ (2019)
  • Spring Greetings (2020)

RiLF

  • era.ep (2010)
  • Three Stories for Numbers (2018)

シングル[編集]

Anoice

  • nothing there (2019)
  • missing (2019)
  • unknown error (2019)
  • it (2019)

Yuki Murata

  • red owl (2018)
  • bird sings a lullaby (2018)

RiLF

  • Soraninaru (2019)

films

  • 8.15 (2015)
  • loop (2019)
  • dispersion (2020)

mizu amane

  • mikoto uta (2016)
  • kazahana (2017)
  • okuribi (2018)
  • tamayura (2019)
  • hafuri (2020)

サウンドトラック[編集]

Takahiro Kido

  • Krageneidechse (2006)
  • Tsukiji Wonderland (2016)

企画盤[編集]

Anoice

  • Selected Works (2017)

Takahiro Kido

  • Selected Works (2016)


音楽制作、及び演奏参加映像作品例[編集]

映画/テレビ番組[編集]

  • 松竹映画 遠藤尚太郎監督「Tsukiji Wonderland」
  • 東宝映画 真田敦監督「ホノカアボーイ」
  • 東映 西片友樹監督「ゴーストドールズ」
  • Can Evgin監督「Olivier Zahm : Digital Provacateur」
  • WOWOW 御法川修監督「ダブル・ファンタジー」
  • スタジオジブリ 宮崎駿監督「たからさがし」
  • Robin Bain監督「Girl Lost」
  • Patryk Seni Senwicki/Dominic Spitaler監督「Penrose」
  • ANA 今井亮「Haneda」
  • 白泉社「それでも世界は美しい」
  • Robin Mason監督「Weekend」
  • Dorothée Lorang/David Beautru監督「Hikikomori: A deafening silence」
  • NHKスペシャル「君が僕の息子について教えてくれたこと」
  • 読売テレビ「名探偵コナン20周年」
  • カルフォルニア州立ソノマ大学人類学研究センター「Growing a Community」
  • Cyril Payen / Dug Moore監督「Strychnine Hill」
  • スタジオマンゴスチン 泉原昭人監督「Li.Li.Ta.Al」

関連項目[編集]

  • ポストロック
  • インストゥルメンタル
  • クラシック
  • 映画音楽
  • ポストクラシカル