Anti-Heroine

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Anti-Heroine
浜田麻里スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル MCAビクター
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1993年度年間29位(オリコン)
ゴールドディスク
  • プラチナ(日本レコード協会
  • 浜田麻里 アルバム 年表
    TOMORROW
    1991年
    Anti-Heroine
    1993年
    Introducing...Mari Hamada
    1994年
    『Anti-Heroine』収録のシングル
    1. 「Cry For The Moon/Anti-Heroine」
      リリース: 1993年1月27日
    2. 「Company」
      リリース: 1993年7月28日
    テンプレートを表示

    Anti-Heroine』(アンチ・ヒロイン)は、浜田麻里の14枚目のアルバム

    解説[編集]

    • アメリカのロックバンドネルソンなどへの楽曲提供をしていたマーク・タナーをプロデューサーに迎えた。本作で浜田は2度目のオリコンアルバムチャート1位を記録した。
    • 王道のポップロック及びバラード曲からなる日本語詞の楽曲群を中心に、海外進出を強く意識した英語詞の3曲が加わるという構成になっている。
    • この作品はCD(品番:MVCD-5)の他に、カセットテープ版(品番:MVTD-3)とDCC(品番:MVXD-3)版も同時発売されている。
    • 1993年7月28日に「Company/Private Heaven」がシングルカットされ発売。(品番:MVDD-10)
    • 長らくiTunes Storeでは配信されていなかったが、2015年6月10日に配信開始された。尚、既に他の日本国内の音楽配信サイトでは配信されている。[1]

    収録曲[編集]

    1. Heart To Heart (4:34)
      (作詞:浜田麻里 作曲:大槻啓之
    2. Cry For The Moon (5:26)
      (作詞:浜田麻里 作曲:大槻啓之)
      関西テレビフジテレビ系列「七つの離婚サスペンス」テーマソング
    3. So Hurt So Long (5:46)
      (作詞:浜田麻里 作曲:大槻啓之/Marc Tanner)
    4. Going Through The Motions (5:03)
      (作詞:浜田麻里/Marc Tanner/Jody Gray 作曲:大槻啓之/Marc Tanner/Jody Gray)※全英語詞
    5. I Have A Story To Tell (5:10)
      (作詞:浜田麻里/Marc Tanner/Jody Gray 作曲:Paul Mirkovich/Marc Tanner)※全英語詞
    6. Lost Generation II (4:51)
      (作詞:浜田麻里 作曲:大槻啓之/浜田麻里)
    7. Private Heaven (5:18)
      (作詞:浜田麻里 作曲:大槻啓之/浜田麻里/Marc Tanner)
      「Company」のカップリング曲。
      松下興産和歌山マリンシティCMソング
    8. Hold On (One More Time) (4:26)
      (作詞:浜田麻里/Marc Tanner/Jody Gray 作曲:浜田麻里/Marc Tanner/Jody Gray)※全英語詞
    9. Anti-Heroine (4:49)
      (作詞:浜田麻里 作曲:羽田一郎)
      TBS地球ZIG ZAG」テーマソング
    10. Company (4:49)
      (作詞:浜田麻里 作曲:原一博
      TBS系「自然がいちばん!地球塾」主題歌
    11. Clouds (4:06)
      (作詞:浜田麻里 作曲:大槻啓之)
    12. Border (6:07)
      (作詞:浜田麻里 作曲:織田哲郎
      日清製粉CMイメージソング

    参加ミュージシャン[編集]

    • Guitars
    • Bass
    • Keyboards
      • Paul Mircovich
      • Kim Bullard
    • Drums
      • Mike Baird
      • Steve Klong
    • Percussion
      • Steve Klong
    • Electric Sitar
      • Tommy Girvin
    • Chorus
      • Donna Delory

    脚注[編集]

    1. ^ CDの発売元はユニバーサルミュージックだが、原盤表記ならびに配信の際の発売元がビクターエンタテインメント、ジャケットのコピーライトがユニバーサルミュージックになっている。