Apple A10

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Apple A10 Fusion
Apple A10 Fusion APL1W24.jpg
APL1W24
生産時期 2016年9月16日から現在まで
設計者 アップル
生産者 TSMC
CPU周波数 2.34 GHz[1]
プロセスルール 16 nm
マイクロアーキテクチャ Hurricane and Zephyr both ARMv8‑A-Compatible
コア数 4 core (2× Hurricane + 2× Zephyr)
前世代プロセッサ Apple A9
次世代プロセッサ Apple A11
L1キャッシュ 64 KB instruction, 64 KB data
L2キャッシュ 3 MB
L3キャッシュ 4 MB
GPU PowerVR Series 7XT GT7600 Plus (6 core) [2][3]
テンプレートを表示

Apple A10 Fusionとはアップルが設計したSoC

2016年9月7日(現地時間)に発表されたiPhone 7iPhone 7 Plusに搭載された。

A10チップのCPUは、2つの高性能コアと2つの高効率コアを持っており、高性能コアはiPhone 6の最大2倍の速さで動作し、高効率コアは高性能コアのわずか5分の1の電力で動き、GPUは、iPhone 6の最大3倍の速さで動作するとしている。またHEVCのハードウェアデコーダー/エンコーダーを搭載している[4]

採用製品[編集]

Apple A10 Fusion

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Cunningham, Andrew (2016年9月13日). “iPhone 7 and 7 Plus review: Great annual upgrades with one major catch”. Ars Technica. https://arstechnica.com/apple/2016/09/iphone-7-and-7-plus-review-great-annual-upgrades-with-one-major-catch/ 2016年9月14日閲覧。 
  2. ^ iPhone 7 GPU breakdown”. Wccftech (2016年12月). 2018年9月21日閲覧。
  3. ^ Mysteries of Apple A10 GPU”. PC World (2016年12月). 2018年9月21日閲覧。
  4. ^ Inc., Apple. “Introducing HEIF and HEVC - WWDC 2017 - Videos - Apple Developer” (英語). Apple Developer. 2018年11月22日閲覧。