Apple Lossless

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Apple Lossless
開発元 Apple
初版 2004年4月28日 (17年前) (2004-04-28)
最新版
2011年10月28日 (9年前) (2011-10-28)
対応OS クロスプラットフォーム
種別 オーディオコーデック
ライセンス Apache License 2.0
公式サイト alac.macosforge.org
テンプレートを表示
Apple Lossless
拡張子.m4a .mov .alac
MIMEタイプaudio/mp4
開発者Apple
種別可逆圧縮, 音声ファイルフォーマット
包含先MPEG-4 Part 14

Apple ロスレス[1](アップルロスレス、英語:Apple Lossless Audio Codec、略称:ALAC)はApple可逆圧縮方式のオーディオコーデックiTunes等で使用されている。

非圧縮ファイル(WAVAIFF)を音質の劣化なく70%から50%程圧縮する。通常はQuickTimeのMOVファイル(.mov)かMP4ファイル(.m4a)に格納される。

iTunes 4.5とQuickTime 6.5.1で新たにサポートされた。

量子化ビット数16、20、24、32bitサンプリング周波数1 kHz〜384 kHz、チャンネル数は1ch〜8ch(実際の組み合わせとしてはモノラル、ステレオ、3.0ch、4.0ch、5.0ch、5.1ch、6.1ch、7.1ch)をサポートしている[2]

再生できる携帯プレイヤーはiPodシリーズ(第1・2世代iPod shuffleは非対応)、iPhoneソニー ウォークマン ZXシリーズ、ウォークマン Fシリーズ、ウォークマンAシリーズ、iriver AKシリーズ等。また、Androidベースのプレーヤーは対応アプリをインストールすることにより再生できる。一部のネットワークプレーヤーも再生対応している。

仕様が非公開であった頃、リバースエンジニアリングによってオープンソースのApple ロスレスデコーダが公開され、FFmpegはエンコーダの実装にも成功している。

2011年10月、AppleはApple ロスレスをオープンソース化し[3]Apache License 2.0の下でソースコードを公開した。

2021年5月17日、AppleはApple Musicにおいて6月よりApple Losslessによる配信を開始すると発表した[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アップル社ウェブサイトでは「Apple Lossless」の表記([1])の他に、Apple ロスレスと表記([2])される場合もある。
  2. ^ ReadMe.txt – Apple Lossless Audio Codec
  3. ^ “アップル、「Apple Lossless」をオープンソース化”. Impress AV Watch. (2011年10月28日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20111028_487055.html 2011年10月28日閲覧。 
  4. ^ Apple Music announces Spatial Audio and Lossless Audio”. Apple Newsroom. 2021年6月29日閲覧。 “Apple Music will also make its catalog of more than 75 million songs available in Lossless Audio. Apple uses ALAC (Apple Lossless Audio Codec) to preserve every single bit of the original audio file. This means Apple Music subscribers will be able to hear the exact same thing that the artists created in the studio.”