Apple W1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

Apple W1は、2016AirPodsおよび一部のBeatsヘッドフォンで使用されているSoC[1][2]。コンピュータデバイスとのBluetooth[3] Class 1 クラス1接続を維持し、送信されたオーディオストリームをデコード[4]

Appleの「W1」チップを搭載しているヘッドホン、イヤホンは「AirPods」、「Beats Studio3 Wireless」、「Beats Solo3 Wireless」、「BeatsX」「PowerBetas3 Wireless」の5種類がある。(2018年2月現在)

Bluetoothペアリングが簡単になっている事が特徴。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Tilley, Aaron. “Apple Creates Its First Wireless Chip For New Wireless Headphones, AirPods”. Forbes. 2017年8月24日閲覧。
  2. ^ Apple Announces New Line of Beats Headphones With W1 Wireless Chip”. MacRumors. 2016年9月8日閲覧。
  3. ^ Apple’s AirPods do use Bluetooth and they don’t require an iPhone 7”. Recode. 2016年9月8日閲覧。
  4. ^ AirPods”. Apple Inc.. 2017年9月8日閲覧。