Ar 95 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

アラド Ar 95

Arado AR-95 D-ODGY.jpg

アラド Ar 95(Arado Ar 95)は、1930年代遅くにドイツアラド社で設計、製造された単発、複葉偵察哨戒機である。チリトルコから発注されたが、第二次世界大戦の開始と共に数機がドイツ海軍Kriegsmarine)に引き渡された。

開発[編集]

ユンカース ユモ 210エンジンを搭載したアラド Ar 95の試作機

アラド Ar 95は1935年に沿岸哨戒、偵察、小規模攻撃用の複座水上機として設計された。BMW 132 星型エンジンを搭載した全金属製複葉機の試作初号機は1936年に初飛行を行い[1]、その一方で試作2号機は液冷エンジンのユンカース ユモ 210を搭載していた。この2機の試作機は類似のフォッケウルフ Fw 62との評価試験にかけられた。BMWエンジン搭載の方は更なる研究の価値ありと認められ、更なる評価のためにスペイン内戦に参加したコンドル軍団に6機が配備された[2]

アラド Ar 95は、ドイツの航空母艦 グラーフ・ツェッペリンから運用されることを意図した雷撃機であるAr 195の試作機の基礎となった[1]

運用の歴史[編集]

Ar 95はドイツ軍からの発注が無く、そこで輸出用としてフロート付のAr 95Wフェアリングで覆われた固定式の降着装置付のAr 95Lの2型式が販売された。6機のAr 95Lがチリ空軍から発注され、第二次世界大戦に先立って納入された[3]。トルコはAr 95Wを発注したが、戦争の勃発によりこれらの機体はドイツに取り上げられた。

徴発されたAr 95はドイツ空軍からAr 95Aの名称を与えられ、練習機[1]バルト海での沿岸偵察、1941年にはラトビアエストニアの沿岸での運用、そしてフィンランド湾で使用された[2]。これらの機体は1944年まで運用された[1]

運用[編集]

チリの旗 チリ
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国

要目[編集]

(Arado 95A-1)

  • 乗員:2名
  • 全長:11.10 m (36 ft 5 in)
  • 全幅:12.50 m (41 ft 0 in)
  • 全高:3.60 m (11 ft 934 in)
  • 翼面積:45.4 m2 (488.7 ft2)
  • 翼面荷重:78.4 kg/m2 (16.1 lb/ft2)
  • 空虚重量:2,450 kg (5,402 lb)
  • 最大離陸重量:3,560 kg (7,870 lb)
  • 馬力荷重:184 W/kg (0.112 hp/lb)
  • エンジン:1 × BMW 132De 星型エンジン、656 kW (880 hp)
  • 最大速度:310 km/h (168 kn, 193 mph) 高度3,000 m (9,840 ft)
  • 巡航速度:255 km/h (137 kn, 158 mph)
  • 巡航高度:7,300 m (24,000 ft)
  • 航続距離:1,100 km (594 nmi, 683 mi)
  • 上昇率:7.5 m/s (1,476 ft/min [1])
  • 武装
    • 銃:1 × 7.92 mm (.312 in) MG 17 機関銃(前方固定)と1 × 可動 7.92 (.312 in) MG 15 機関銃(後部座席)
    • 爆弾:1 × 800 kg (1,764 lb) 魚雷、又は500 kg (1,102 lb) 爆弾を胴体下の懸架装置に

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Smith, J.R; Kay, Antony L (1972). German Aircraft of the Second World War. London: Putnam. ISBN 0-85177-836-4. 
  2. ^ a b Donald, David (Editor) (1994). Warplanes of the Luftwaffe. London: Aerospace Publishing. ISBN 1 874023 56 5. 
  3. ^ Taylor, Michael J. H. (Editor) (1989). Jane's Encyclopedia of Aviation. London: Jane's Publishing. ISBN 1 85170 324 1.