archive.today

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
archive.today
Archive.is-Screenshot.png
URL
言語 多言語
タイプ ウェブアーカイブ
広告 あり
登録 不要
開始 2012年5月(8年前) (2012-05[1]

archive.today(アーカイブトゥデイ、旧: archive.is)は、Webページスナップショットを保存できるアーカイブサイト

JavaScriptを多用するサイトや、プログレッシブウェブアプリケーション("モバイル向けのWebサイトをアプリケーションのように使える仕組み")などにも対応している。

概要[編集]

アドレスをトップページの上段赤枠に入力もしくはペーストすると、短縮URLが生成される[2]。下段黒枠では、アドレスから過去に取得保存されたページの検索もできる。

変遷[編集]

  • 発足当時から2014年4月までのサイト名は、Archive.is(先頭が大文字)であった。
  • 2014年4月15日頃、archive.today にサイト名が改名された[3][4]
  • 2015年春に[5][6]、archive.is(先頭が小文字)に名称が戻った。
  • 2016年3月、サブドメインの archive.li において、ソフォスFortinetGoogle Safe Browsingでのスキャン結果から悪意のあるサイト判定とマルウェアが発見される[7]
  • 2016年6月頃、サブドメインの archive.fo に画像データを移行したため、archive.isでの検索結果には画像が表示されなくなった[要出典]
  • 2017年11月、「Googleにおいてハックされている」と公式Twitterを通じて判定の告知があった[8]
  • 2018年1月頃、archive.today にサイト名を戻す。

その他[編集]

archive.todayはCloudflareのDNS「1.1.1.1」からのDNS解決をブロックしている。1.1.1.1がEDNS Client Subnetをサポートしておらず、それよりDNS・HTTPリクエストとの不一致が多く発生することをその理由としている[9]

脚注[編集]

  1. ^ Archive.is blog — When did the Archive-is site originally launch?
  2. ^ Michael L. Nelson (9 July 2013). "Archive.is Supports Memento" (英語). Web Science and Digital Libraries Research Group, Old Dominion University. 2013年11月6日閲覧
  3. ^ Archive.is - webpage capture - Google 2014年4月14日 11:21:06 GMT (Peeep.usのキャッシュ
  4. ^ archive.today - webpage capture - Google 2014年4月18日 17:40:45 GMT (Peeep.usのキャッシュ
  5. ^ 2015年3月22日 22:49 archive.today - webpage capture - ウェブ魚拓
  6. ^ 2015年5月14日 01:08 archive.is - webpage capture - ウェブ魚拓
  7. ^ virustotal.comのスキャン結果 - ウェイバックマシン(2016年11月5日アーカイブ分)
  8. ^ Google considers @KotakuInAction reddit posts "hacked content"
  9. ^ @archiveis (15 July 2018). "'Having to do' is not so direct here. Absence of EDNS and massive mismatch (not only on AS/Country, but even on the continent level) of where DNS and related HTTP requests come from causes so many troubles so I consider EDNS-less requests from Cloudflare as invalid" (ツイート). Twitterより2021年1月12日閲覧

関連項目[編集]