auセット割

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

auセット割は、インターネットサービスプロバイダ各社の回線接続サービスを、KDDI沖縄セルラー電話が提供するauと合わせて利用することで、利用料金を割り引くシステム。割引額は適用条件により異なり、月額500~1,200円の割引きが適用される。

auスマートバリューはau携帯電話の利用料金を割り引くサービスであり、インターネットサービスプロバイダ各社が主体となって割り引く点で異なる。

歴史[編集]

かねてKDDIはFMC[1]を拡張したFMBC[2]を戦略としており、2012年よりauスマートバリューを開始した[3]

2015年よりNTT東西フレッツ光の回線卸を開始したことに伴い[4][5]MNO各社が割引サービスを発表した[6][7]。これらを受け、FVNO各社がau携帯電話とのセット利用割引を相次いで開始した。

一部のサービスは契約受付を終了しており、auスマートバリューに集約された。

主な対象のサービス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FMCの概要”. KDDI用語集 (2017年5月11日). 2019年8月21日閲覧。
  2. ^ FMBCの概要”. KDDI用語集 (2017年5月11日). 2019年8月21日閲覧。
  3. ^ “固定通信サービスと組み合わせて毎月のauスマートフォンのご利用料金が1,480円割引になる「auスマートバリュー」登場” (プレスリリース), KDDI株式会社 沖縄セルラー電話株式会社, (2012年1月16日), https://www.kddi.com/corporate/news_release/2012/0116k/ 2019年8月21日閲覧。 
  4. ^ “「光コラボレーションモデル」の提供開始について” (プレスリリース), 東日本電信電話株式会社, (2015年1月22日), http://www.ntt-east.co.jp/info/detail/150122_01.html 2019年8月21日閲覧。 
  5. ^ “「光コラボレーションモデル」の提供開始について” (プレスリリース), 西日本電信電話株式会社, (2015年1月22日), https://www.ntt-west.co.jp/info/support/hikari_collabo150122.html 2019年8月21日閲覧。 
  6. ^ “「ドコモ光」および「ドコモ光パック」を提供開始” (プレスリリース), 株式会社NTTドコモ, (2015年1月29日), https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2015/01/29_00.html 2019年8月21日閲覧。 
  7. ^ “光回線サービス「SoftBank 光」とセット割引「スマート値引き」、3月1日から提供開始” (プレスリリース), ソフトバンクBB株式会社 ソフトバンクモバイル株式会社, (2015年2月27日), https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2015/20150227_02/ 2019年8月21日閲覧。