avi (シンガーソングライター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
avi
生誕 日本の旗 日本 福岡県
職業 シンガーソングライター
活動拠点 東京都
公式サイト https://ameblo.jp/avi0720/

avi(アヴィ 7月20日 - )は、日本の男性シンガーソングライター福岡県北九州市出身。

来歴[編集]

TVに出演していたGACKTの歌を聴いて衝撃を受け、音楽に興味を持つ。

14歳で母親から買ってもらったゲーム機を勝手に売り、エレキギターを購入。それと同時に作詞作曲を始める。

20歳まではGreenhillという名前で活動していた。aviという名前は、家族とのカラオケでAvril Lavigneを歌ったときの映像を見た母が「アヴィちゃんだ」と言ったことを思い出し、ちょうど以前の名前に飽きていたので名前を変えた[1]

アマチュア時代は、主に東京や広島、その他様々な旅先で路上ライブを行っていた。

ボイストレーニング教室に通っていたことがあったが授業料が払えず数回で退会。 しかし短い期間で得た専門知識を活かして自身でボイストレーニング教室を開いた。広島市周辺で生徒を募集し、同世代のボーカリストを多く指導した。東京移住のタイミングで廃業[2][3]。現在は東京でスタジオなどを使って副業として経営している。いくつかのボイトレ動画がYoutubeの「avi ひよこレシピ」で公開されている。

  • 2019年3月 活動拠点を東京に移す[4]
  • 2019年6月5日 デビューシングル『Everyday』をFill Entertainmentからリリース[5]
  • 2019年7月Ambrosius Erika結成

人物[編集]

愛用ギターはGibson J-45。20歳の誕生日にクレジットカードを作り届き次第すぐに限度額を全て使用し買った。

ポップでキャッチーなメロディを作曲することが多かったが、2018年以降からはチェロとアコースティックギターを使ったダークな曲調で作曲するようになった。本人曰く、「ダークな方が自分に合っている」とのこと。

作詞は英単語や比喩表現を多く使用している。戦争や死などの比喩が多い。

ライブではアドリブで演出をしたり、フェイクを多用。チェロ演奏でも同じことが言える。MCは少なめ。

影響されたアーティストはGACKThyde玉置浩二YUIAvril LavigneMIYAVIマオ (シド)DIR EN GREY

紫外線アレルギーのため紫外線に弱く、夏でも長袖を来たりサングラスをかけている。長時間日差しに当たると酷い蕁麻疹が全身に出たり、視力が低下したりする。

料理が得意。和食料理店での経験を活かしバンドメンバーやスタッフなどに豪華な料理を振舞うことがある。

共感覚の持ち主。メロディや歌詞に色や味を感じる。作詞や作曲に利用することが多い。

バンド活動[編集]

ソロのシンガーソングライターの活動と併行してバンド活動もしている。

Dark Led Cinéma(DLC)[編集]

2019年2月頃から活動開始。メンバーは、Xing(Gt&Vo)、caOru(key)。東京を中心に活動。 2019年12月に活動休止。

Ambrosius Erika[編集]

2019年時点で活動準備中。caOru(Vo)に加えて、フィンランド人のIris(Gt)が加入[6][7]。2019年8月 Xingがベーシストとして加入。

2019年10月Irisが脱退。

作品[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 収録 規格 規格品番
1st 2019年6月5日 Everyday
  1. Everyday
  2. days
CD FELD-001

自主制作[編集]

制作日 タイトル 収録 規格
2016年2月 不明
  1. Tomorrow
  2. Fly
  3. crowd
  4. future
  5. Your in my way
  6. 月の光
CD

脚注[編集]

[ヘルプ]