B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
B'z > 作品リスト > B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-
B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-
B'zライブ・ビデオ
リリース
録音 2015年7月26日
ジャンル
レーベル VERMILLION RECORDS
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン・DVD音楽)[1]
  • 週間2位(オリコン・BD総合)[2]
  • 年間24位(オリコン・DVD音楽)
  • 年間11位(オリコン・BD音楽)
  • 年間20位(オリコン・BD総合)
B'z 映像作品 年表
  • B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-
  • (2016年)
テンプレートを表示
B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-
B'z の アルバム・ツアー
場所
関連アルバム EPIC DAY
初日 2015年3月9日
最終日 2015年7月26日
公演数 全40公演(SHOWCASE、追加公演含む)
B'z ツアー 年表
  • B'z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-
  • (2013年)
  • B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-
  • (2015年)
  • B'z LIVE-GYM 2017-2018 "LIVE DINOSAUR"
  • (2017年〜2018年)

B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-』(ビーズ・ライブジム・ツーサウザンドフィフティーン・エピック・ナイト)は、日本音楽ユニットB'zの映像作品。DVDBlu-ray Discで発売。

概要[編集]

2015年3月11日から7月26日まで開催され、全国25ヶ所40公演、延べ52万人を動員した[3]ライブツアー『B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-』より、千秋楽となったナゴヤドーム公演の模様を収録[4]

19thアルバム『EPIC DAY』を引っ提げたツアーとなっており[4]、また2014年10月にB'zのファンクラブ・B'z Partyの公式サイトで、「まだ自身は聴いたことがないけれど、いつかLIVE-GYMで聴きたいと夢見ている曲は?」というアンケートが実施され、セットリストの一部はそのアンケート結果が反映されている。

アルバム『EPIC DAY』からは、ホール・アリーナ・ライブハウス公演で演奏されていた「Classmate」のみ未収録。アルバム収録曲が全曲演奏されたのは、9thアルバム『SURVIVE』以来[注釈 1]となる。

ホール・アリーナ公演では、22年ぶりの演奏となった「Baby, you're my home」の他、「BE THERE」、「BLOWIN'」、「HOME」のオリジナルバージョン、「ギリギリchop」も日替わりで演奏されていたが、スタジアム公演でも日替わりで演奏された「love me, I love you」、「Don't Leave Me」と共に本作には未収録。

オリコン週間BDは、映画『ジュラシック・ワールド』のBlu-rayに阻まれ、初登場2位となった。

演奏[編集]

メンバー[編集]

  • 松本孝弘:ギター、プロデュース
  • 稲葉浩志:ボーカル、ブルースハープ、ギター、ハイハット

サポートメンバー[編集]

収録映像曲[編集]

  1. RED
    スタジアム公演直前にリリースされた52枚目のシングル。スタジアム公演より「有頂天」に代わりオープニング曲となり、”赤い風船の旅”のオープニングムービーの後に演奏された。
    イントロのバンジョーの部分とコーラス部分が延長され、松本がギターを鳴らした瞬間に赤色のフラッグがステージ全面に吊るされる演出が行われた。稲葉はステージ横の階段状のセットから現れ、ステージに降りたところでAメロにつながる。
  2. NO EXCUSE
    サビの後の稲葉の台詞に合わせて、会場の女性客がステージ上の画面にランダムで映し出される演出が行われた。ここで初めてステージ後ろの 「EPIC NIGHT」のロゴ型の電飾が現れた。
  3. YOU & I
    前述の「まだ自身は聴いたことがないけれど、いつかLIVE-GYMで聴きたいと夢見ている曲」のアンケートで2位を獲得した曲で、『B'z LIVE-GYM Pleasure 2000 "juice"』以来15年ぶりの演奏で、1995年のリリース以来初の映像化となる。ラストにサビがスローテンポで追加されたアレンジで演奏。
    メインステージ上にピンクの巨大ブラジャー"EPICブラ"が登場し、その裏に「B'zのLIVE-GYMにようこそ!」と書かれており、稲葉の「B'zのLIVE-GYMにようこそー!」に続く形で演奏[5]
    他公演ではEPICブラが回転する前に稲葉の説明があったが、最終公演ではEPICブラが回転していない状態で稲葉が「B'zの…」という台詞を先に言ってしまい、段取りを間違えてやり直す場面がそのまま収録されている。
  4. TIME
    love me, I love you」、「Don't Leave Me」と日替わりで演奏。
  5. HEAT
    同上のアンケートで1位を獲得した曲で、『B'z LIVE-GYM 2012 -Into Free- EXTRA』以来、2年ぶりの演奏。
    スタジアム公演はイントロの電子音の部分が延長されたアレンジでの演奏。
  6. アマリニモ
    演奏の前に稲葉のMCが入る。
  7. Exit To The Sun
    松本と大賀による短めのギターセッションからイントロに続くアレンジでの演奏。
  8. Black Coffee
  9. 君を気にしない日など
    2013年に行われた『B'z Special LIVE at EX THEATER ROPPONGI』以来2年ぶりの演奏。ホール・アリーナ公演で演奏されていた「Classmate」に代わりセットリストに加わった。
    エンディングSEとして使用された未発表曲がLIVE-GYMで演奏されるのは「New Message」以来2度目となる。
  10. Man Of The Match
    松本とバンドメンバーによるジャズセッションからの演奏。Bメロの「コレデイイノダ」の部分を稲葉が観客に歌わせる演出が行われた(名古屋公演以外は「コレデイイノダ」の字幕がステージ上の全ての画面にテロップ表示されていたが、名古屋公演初日はメイン画面のみの表示、2日目は表示されていない)。
    DVDではこの曲でDisc1が終了。
  11. 熱き鼓動の果て
    『B'z LIVE-GYM 2002 "Rock n' California Roll"in Tokyo』以来、13年ぶりの演奏。バンドメンバー紹介から増田のキーボードソロに続く形で演奏。アウトロが延長され、稲葉の「モウスグデアナタニアエル」の歌詞に合わせて延長されたステージが独立し、移動ステージごと松本と稲葉がアリーナ後方のサブステージへ移動する演出が行われた。
  12. ZERO
    サブステージでの演奏。いつものアレンジとは違い、稲葉と松本二人のみ[3]によるスローテンポなブルースアレンジで[5]、歌詞を一部省略して演奏された。演奏の際、松本はスライドギター、稲葉はブルースハープハイハットを使用した[5]
  13. Blue Sunshine
    『B'z SHOWCASE 2009 -B'z In Your Town-』以来6年ぶりの演奏。ホール・アリーナツアーでは「Baby, you're my home」と日替わりだった。
    メインステージのサポートメンバーと、サブステージのB'z2人でアリーナの観客を挟んだ形で演奏され[3]、今回も稲葉がアコースティック・ギターを使用し演奏。
  14. 有頂天
    ここから再び移動ステージにメンバーが乗り、メインステージへと移動する。移動中はサポートメンバーによるセッションが行われ、メインステージへと到着した松本のギターからイントロへとつながるアレンジでの演奏。
  15. ultra soul
    稲葉によるアルバムタイトルについてのMCからの演奏。
  16. スイマーよ!!
    『B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION"』以来7年ぶりの演奏。『B'z LIVE-GYM 2001 "ELEVEN"』演奏時と同様に前曲からブレイクなしで演奏している。
  17. BURN -フメツノフェイス-
    SUMMER SONIC 2009』以来6年ぶりの演奏。松本のソロ楽曲「GO FURTHER」に続いて演奏された。
    中盤でステージ横左右に置かれたレーシングカーが宙吊りにされ観客の頭上にせり出し、ラストでは稲葉のシャウトに合わせてレーシングカーがステージ横に落下し爆発する演出が行われた[3]
  18. Las Vegas
    イントロ前にコール&レスポンスが行われる。スロットマシン自由の女神ダイスなどを模した巨大バルーンが登場し、ステージ前面には電球が連なった照明が登場した[3]
    イントロの最後で銀テープが発射された。
  19. EPIC DAY
    本ライブのメインタイトルナンバーにして、本編ラスト曲。キーボードソロからイントロへ続く形で演奏された。
  20. イチブトゼンブ
    ここからアンコール。曲の冒頭で、松本のギターと稲葉のアカペラでサビのワンフレーズを演奏し、そのあとイントロに続くアレンジでの演奏。
  21. 愛のバクダン
    B'z LIVE-GYM Pleasure 2013 ENDLESS SUMMER』(一部のホール公演)に続いてアンコールラストナンバーであるが、レギュラーメニューとしてはリリースから10年目の本ツアーが初となる。一部のホール公演では「ギリギリchop」が演奏されていた。
    曲のラストで「GIMME YOUR LOVE -不屈のLOVE DRIVER-」のリフを弾き、セッションで終了する。映像では稲葉の「GIMME YOUR LOVE!」というフェイクも確認できる。この後、恒例の「お疲れー!」の後に「ひとりじゃないから -Theme Of LIVE-GYM-」が流れ、エンドロールへとつながる。
    エンドロールでは会場で流れていた客出し曲(未発表新曲)がフルで収録されている。ホール・アリーナ公演のドキュメント風映像とオープニングの”赤い風船の旅”がシンクロされた映像が流れる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 演奏時期では2008年に全曲演奏となった5thアルバム『IN THE LIFE』以来となる。

出典[編集]

  1. ^ B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT- | B'z”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年7月17日閲覧。
  2. ^ B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT- | B'z”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年7月17日閲覧。
  3. ^ a b c d e 梶原靖夫 (2015年7月27日). “【速報レポート】B’z、全国ツアー完遂「誰かのEPICの一部になれたら、こんな幸せなことはない」”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). https://www.barks.jp/news/?id=1000118101 2020年7月17日閲覧。 
  4. ^ a b “B'z、ツアー<EPIC NIGHT>ファイナルのナゴヤドーム公演を映像作品化”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2016年1月1日). https://www.barks.jp/news/?id=1000122892 2020年7月17日閲覧。 
  5. ^ a b c “【ライヴレポート】B'z、「EPIC NIGHT=最高の夜。そのさらに上を目指して」”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2015年8月22日). https://www.barks.jp/news/?id=1000119001 2020年7月17日閲覧。