B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
B'z > 作品リスト > B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-
B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-
B'zライブ・ビデオ
リリース
録音 2008年9月21日
ジャンル ロック
時間
レーベル VERMILLION RECORDS
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会[2]
  • B'z 映像作品 年表
    • B'z LIVE-GYM 2008 -GLORY DAYS-
    • (2009年)
    テンプレートを表示
    B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-
    B'z の デビュー20周年コンサート・ツアー
    場所
    関連アルバム
    初日 2008年9月6日
    最終日 2008年9月21日
    公演数 全6公演
    B'z ツアー 年表
    • B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-
    • (2008年)
    • B'z LIVE-GYM 2010 "Ain't No Magic"
    • (2010年)

    B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-』(ビーズ・ライブジム・プレジャー・グローリーデイズ)は、日本ロックユニットB'zの12作目の映像作品(10作目のDVD)。

    2010年12月22日に『B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"』、『B'z LIVE in なんば 2006 & B'z SHOWCASE 2007 -19- at Zepp Tokyo』とともにBlu-ray Discとして発売された[3]

    概要[編集]

    2008年9月21日に日産スタジアムで行われた『B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-』の模様が映像化されている[4]

    ツアー公演は、2008年9月6日〜21日まで3都市6公演行われ、2003年の渚園以来、5年ぶりとなる屋外での公演となった。なお、収録対象となった最終日(B'zのデビュー日)は唯一、雨が降った。

    このライブでは、過去のヒットシングルやファンの間で人気のある曲が中心で、20年間の集大成と呼べる内容になっており、「孤独のRunaway」、「NATIVE DANCE」、「だからその手を離して」とカバー曲である「Oh! Darling」以外は全て、同年に発売した2つのベスト・アルバムに収録されている。

    他の映像作品に収録されているスタッフロールはなく、付属の歌詞カードに全て表記されている。なお、この歌詞カードにはカバー曲の「Oh! Darling」のみ、歌詞が掲載されていない。

    2009年3月9日付のオリコンDVDランキング1位を獲得し[1]、総合及びミュージックDVD部門で6作連続1位となった。これにより、ミュージックDVD連続1位獲得作品数の男性部門で、KAT-TUNと並び歴代1位(※当時)になった[5]

    収録会場[編集]

    演奏[編集]

    メンバー[編集]

    サポートメンバー[編集]

    収録内容[編集]

    1. BAD COMMUNICATION
      オープニングに20年間を振り返る内容の映像が流れ、年代ごとに赤ん坊が大人になってゆく。やがて成人となった女性がステージに現れ、冒頭のセリフを口にするとイントロが始まるという演出。ベスト・アルバム『B'z The Best "ULTRA Pleasure"』収録のULTRA Pleasure Styleでの演奏。
    2. ultra soul
      近年演奏されたアレンジとは異なり『B'z LIVE-GYM 2003 "BIG MACHINE"』でのアレンジで演奏。稲葉が1番のサビの歌詞を間違えて歌っている。
    3. 裸足の女神
      メンバーの映像から恒例の「B'zのLIVE-GYMにようこそ!」からイントロがスタート。『B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!"』以来、5年ぶりの演奏。松本と稲葉が、ステージの端から端を走りながら演奏する。
    4. BLOWIN'
      前曲からブレイクなしで演奏。ベスト・アルバム『B'z The Best "ULTRA Treasure"』収録のULTRA Treasure Styleでの演奏。
    5. ねがい
      アルバムバーションのイントロからシングルバージョンに変わるアレンジで演奏。松本は、今回のライブで唯一、ストラトキャスタータイプのギター(サドウスキー TAK MATSUMOTO MODEL)を使用している。
    6. 今夜月の見える丘に
      松本のギターソロからの演奏。
    7. もう一度キスしたかった
      『B'z LIVE-GYM Pleasure 2000 "juice"』以来、8年ぶりの演奏。ラストに松本が「恋はみずいろ」のワンフレーズを披露。
    8. 恋心(KOI-GOKORO)
      『B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!"』以来、5年ぶりの演奏。『B'z LIVE-GYM 2001 "ELEVEN"』以来となる、オリジナルバージョンでの演奏。
    9. 孤独のRunaway
      『B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!"』[注 1]以来、5年ぶりの演奏。マストアルバム『B'z The "Mixture"』収録のMixture styleで演奏した。
    10. Don't Leave Me
      『B'z LIVE-GYM 2003 "BIG MACHINE"』以来、5年ぶりの演奏。稲葉のブルースハープと松本のギターのアドリブ的な掛け合いから始まる。ラストは、稲葉の連続シャウト。
    11. OCEAN
      新曲を除けば、このライブでは最も新しい曲。
    12. NATIVE DANCE
      『B'z LIVE-GYM Pleasure'97 "FIREBALL"』以来、11年ぶりの演奏。オリジナルの振り付けは『B'z LIVE-GYM Pleasure'93 "JAP THE RIPPER"』以来、15年ぶり。
    13. Oh! Darling
      ここから「SOUND JOKER」のコーナー。「SOUND JOKER」とはB'zの2人が初めて一緒にセッションしたときのスタジオ(現在は存在しない)の名前で、「いつかまたここで」までそれを模したセットで演奏[6]
      ビートルズのカバー。上記のセッションで演奏した曲のうちの一つで、B'z結成のきっかけになった曲ということで、20周年にちなんで松本のギターと稲葉のボーカルのみでの演奏[6]
    14. だからその手を離して
      『B'z LIVE-GYM Pleasure 2000 "juice"』以来、8年ぶりの演奏。デビュー当時の営業まわりを再現し、ギターとボーカルを抜いたカラオケをバックに演奏した[6]。松本もデビュー時と同じギター「YAMAHA MG-MII Blue Sunburst」を使用している。
    15. いつかまたここで
      新曲。アコースティック・バージョンで演奏された。サポートメンバーの姿は見えないが、中盤からシンセサイザーとコーラスが入る。
      DVDではここでDisc1が終了。
    16. ONE
      『B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!"』[注 2]以来、5年ぶりの演奏。増田隆宣のピアノソロに続いて演奏された。
    17. LOVE PHANTOM
      稲葉が全力疾走しながら歌う。
    18. ZERO
      サポートメンバー紹介が、曲前に入る。イントロでは松本と稲葉が回転する[注 3]。松本は、ほぼ10年ぶりに自身のシグネイチャー・モデル以外のレスポールを、ライブで使用した。ちなみに、間奏のラップ部分は、『B'z LIVE-GYM '98 "SURVIVE"』で披露された同曲のアレンジである。
    19. juice
      イントロで特効爆発とともに火柱が立つ演出が行われた。稲葉が客とのコール&レスポンスで25秒ほどのロングトーンを披露。
    20. 愛のバクダン
      前曲からブレイクなしで演奏。イントロで、大量の特効と花火が放たれる。
    21. BANZAI
      バンザイの掛け合い後、演奏が始まる。
    22. Brotherhood
      曲前に稲葉のMCが入る[6]。ラストには、ライブ恒例の稲葉のロングシャウト。
    23. ギリギリchop
      1992年から1995年頃にかけて稲葉が頻繁に履いていた短パン姿を久し振りに披露。スタッフから投げられた今ツアーロゴの入ったタオルを、観客と一緒に振り回しながら歌う。松本のギターソロは、トレモロ・ピッキングを多用したギターソロへと変更されている。
    24. グローリーデイズ
      ここからアンコール。新曲であり、今回のライブのメインテーマナンバー。
    25. RUN
      イントロの部分で、稲葉によるMCから楽曲が始まる。
    26. Pleasure 2008 〜人生の快楽〜
      Pleasureシリーズのタイトル・ナンバー。前曲からブレイクなしで演奏される。
      イントロのシェーンのドラムフィル部分が「Pleasure 2008 〜人生の快楽〜」のものではなくオリジナルの「Pleasure'91 〜人生の快楽〜」バージョンの演奏となっている。

    リクエスト投票の結果[編集]

    『B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!"』の時と同様に、今回もファンクラブ会報にて「20周年のLIVEで是非聴きたい1曲」(1人1曲のみ投票可能)というテーマでアンケートが実施された。「20周年のLIVE」であるため、同年1月から8月まで行われた『B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION"』で演奏された曲も多い。なお、ACTIONツアーから本ツアーでは、セットリストは総入れ替えとなっており、基本的にはどちらかのツアーでしか演奏されていない(ただし、ホール公演で日替わりで演奏された「ZERO」と「BANZAI」のみ除く)。当時の最新シングルである「SUPER LOVE SONG」と「BURN -フメツノフェイス-」は、両曲ともACTIONツアーで演奏されたので、本ツアーでは演奏されなかった。

    ※実際に演奏した曲は太字

    • 1位:恋心(KOI-GOKORO)
    • 2位:LOVE PHANTOM
    • 3位:RUN
    • 4位:だからその手を離して
    • 5位:ALONE
    • 6位:ONE
    • 7位:Wonderful Opportunity (ACTIONツアーで演奏)
    • 8位:Pleasure 2008〜人生の快楽〜
    • 9位:OH! GIRL (ACTIONツアーで演奏)
    • 10位:もう一度キスしたかった
    • 11位:New Message (ACTIONツアーで演奏)
    • 12位:Brotherhood
    • 13位:HOME
    • 14位:BAD COMMUNICATION
    • 15位:月光
    • 16位:裸足の女神
    • 17位:TIME
    • 18位:YOU&I
    • 19位:夢見が丘 (ACTIONツアーで演奏)
    • 20位:ultra soul
    • 21位:ハピネス (ACTIONツアーで演奏)
    • 22位:BE THERE (ACTIONツアーで演奏)
    • 23位:孤独のRunaway
    • 24位:ZERO
    • 25位:ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜 (ACTIONツアーで演奏)
    • 26位:STARDUST TRAIN
    • 27位:OCEAN
    • 28位:Crazy Rendezvous
    • 28位:ねがい
    • 30位:Calling
    • 30位:消えない虹
    • 32位:Easy Come, Easy Go! (ACTIONツアーで演奏)
    • 33位:NATIVE DANCE
    • 33位:スイマーよ!! (ACTIONツアーで演奏)
    • 35位:さよならなんかは言わせない (ACTIONツアーで演奏)
    • 35位:Don't Leave Me
    • 37位:GOLD
    • 38位:愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない (ACTIONツアーで演奏)
    • 38位:LADY NAVIGATION
    • 40位:いつかのメリークリスマス
    • 40位:恋じゃなくなる日
    • 42位:星降る夜に騒ごう
    • 43位:MOTEL
    • 44位:love me, I love you
    • 45位:愛しい人よGood Night...
    • 46位:LOVE IS DEAD
    • 47位:DEEP KISS
    • 48位:今夜月の見える丘に
    • 49位:太陽のKomachi Angel
    • 50位:IT'S SHOWTIME!!

    これより以下は中間発表時(2008年5月31日時点)のランキングであり最終的な順位ではない。(「今夜月の見える丘に」の最終順位が48位であるため、中間発表時は50位以上・最終順位が51位以下である明かされていない曲が1曲存在することになる)

    • 51位:今夜月の見える丘に
    • 52位:もうはなさない
    • 52位:TONIGHT (Is The Night) (ACTIONツアーで演奏)
    • 54位:WILD LIFE
    • 54位:ギリギリchop
    • 56位:GUITAR KIDS RHAPSODY
    • 57位:Happy Birthday
    • 57位:今では・・・今なら・・・今も・・・
    • 57位:NEVER LET YOU GO
    • 57位:MOVE (ACTIONツアーで演奏)
    • 61位:ROOTS
    • 61位:さまよえる蒼い弾丸 (ACTIONツアーで演奏)
    • 61位:眩しいサイン
    • 64位:HOT FASHION-流行過多-
    • 65位:あいかわらずなボクら
    • 65位:泣いて 泣いて 泣きやんだら
    • 67位:BLOWIN'
    • 68位:Real Thing Shakes
    • 69位:Magnolia
    • 69位:ながい愛
    • 71位:破れぬ夢をひきずって
    • 71位:となりでねむらせて
    • 71位:『快楽の部屋』
    • 74位:juice
    • 75位:ARIGATO
    • 76位:GO★FIGHT★WIN
    • 76位:明日また陽が昇るなら
    • 78位:Everlasting
    • 78位:春
    • 78位:愛のバクダン
    • 81位:憂いのGYPSY
    • 81位:東京
    • 83位:BANZAI
    • 83位:Warp
    • 85位:JAP THE RIPPER
    • 86位:紅い陽炎
    • 86位:May
    • 88位:SAFETY LOVE
    • 89位:君の中で踊りたい (ACTIONツアーで演奏)
    • 90位:Blue Sunshine
    • 91位:衝動
    • 92位:キレイな愛じゃなくても
    • 92位:hole in my heart
    • 92位:永遠の翼 (ACTIONツアーで演奏)
    • 92位:アラクレ
    • 96位:傷心
    • 96位:おでかけしましょ
    • 96位:挑めよ儚いこの時に
    • 99位:夜よ明けないで
    • 99位:LADY-GO-ROUND (ACTIONツアーで演奏)
    • 99位:MVP
    • 99位:銀の翼で翔べ

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ ホール公演のみ演奏であったため『Typhoon No.15 〜B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!" in 渚園〜』には未収録となり、映像化は『JUST ANOTHER LIFE』以来17年ぶり。
    2. ^ ホール公演のみ演奏。
    3. ^ ライブ終了の会報誌にて「このパフォーマンスは今回で見納め」と宣言しており、以後のライブでは披露していない。

    出典[編集]

    1. ^ a b B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS- | B'z”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年7月14日閲覧。
    2. ^ GOLD DISC 2009年2月度」『The Record』第593号、日本レコード協会、2009年4月、 13頁。
    3. ^ “B'z過去のライブ映像作品がBlu-ray化、3本同時リリース”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2010年11月1日). https://natalie.mu/music/news/39904 2020年7月15日閲覧。 
    4. ^ “B'z、20周年を飾った雨の日産スタジアムがDVD化”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2008年12月25日). https://www.barks.jp/news/?id=1000045947 2020年7月15日閲覧。 
    5. ^ “B’zが6作連続でDVD首位獲得、男性部門で歴代1位に”. ORICON NEWS (オリコン). (2009年3月4日). https://www.oricon.co.jp/news/63728/full/ 2020年7月15日閲覧。 
    6. ^ a b c d mfm II 2013, p. 159.

    参考文献[編集]

    関連項目[編集]