B'z LIVE in なんば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
B'z > 作品リスト > B'z LIVE in なんば
B'z LIVE in なんば
B'zライブ・ビデオ
リリース
録音
  • 日本の旗 2006年9月1日
  • なんばHatch
ジャンル
時間
レーベル B-VISION
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • B'z 映像作品 年表
    • B'z LIVE in なんば
    • (2008年)
    テンプレートを表示

    B'z LIVE in なんば』(ビーズ・ライブ・イン・なんば)は、日本ロックユニット・B'zの10作目の映像作品(8作目のDVD)。

    概要[編集]

    2006年9月1日に、なんばHatchで行われた、1400名限定の招待制ライブ『B'z NETWORK LIVE in Japan』を収録。招待者は、B'zのアルバム『MONSTER』購入時に同封されているハガキによる応募やネット応募から抽選で決定された[2]ドワンゴの提供によって行われ、このライブ映像は、アメリカのライブ映像の世界配信事業Control Room(当時 Network LIVE)社によって、世界に配信された。

    『B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"』終了後間もなく行われたため、前ライブを収録したDVD『B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"』と選曲の大半が重複している。ただし、世界配信されるということが事前に決定していたためか、「HOME」の全英詞バージョンや「Real Thing Shakes」、「DEVIL」、「Brighter Day」など、全英詞の曲が多く追加された。

    2010年にBlu-ray Disc化が発表され、2008年9月17日にリリースされたベスト・アルバム『B'z The Best "ULTRA Treasure"』に付属した特典DVD『B'z SHOWCASE 2007 -19- at Zepp Tokyo』の映像と共に、『B'z LIVE in なんば 2006 & B'z SHOWCASE 2007 -19- at Zepp Tokyo』として12月22日に発売。

    収録会場[編集]

    演奏[編集]

    メンバー[編集]

    サポートメンバー[編集]

    収録曲[編集]

    1. ALL-OUT ATTACK
    2. juice
    3. ピエロ
    4. ネテモサメテモ
    5. ゆるぎないものひとつ
    6. Real Thing Shakes
      原曲よりBPMが早い。
    7. DEVIL
    8. Brighter Day
      ライブ初披露。
    9. TAK'S SOLO
      『B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"』では洋楽のカバーが披露されていたが、今回はセッションのみとなっている。
    10. 雨だれぶるーず
    11. HOME
      全英詞バージョンが初披露された。
    12. MONSTER
    13. 衝動
    14. 愛のバクダン
    15. LOVE PHANTOM
    16. ギリギリchop
      ジャムセッションからスタート。
    17. SPLASH!
      ここからアンコール。稲葉と観客との掛け合いからスタート。
    18. RUN

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ B'z LIVE in なんば | B'z”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年7月14日閲覧。
    2. ^ “B'z、アルバム先行試聴開始!”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2006年6月27日). https://www.barks.jp/news/?id=1000024903 2019年11月23日閲覧。