B'z The Best "ULTRA Treasure"

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
B'z > 作品リスト > B'z The Best "ULTRA Treasure"
B'z The Best "ULTRA Treasure"
B'zベスト・アルバム
リリース
ジャンル
時間
レーベル VERMILLION RECORDS
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2008年9月度月間2位(オリコン)
  • 2008年度年間16位(オリコン)[1]
ゴールドディスク
  • ダブル・プラチナ(CD、日本レコード協会
  • ゴールド(着うたフル「いつかまたここで」、日本レコード協会
  • B'z アルバム 年表
    • B'z The Best "ULTRA Treasure"
    • (2008年)
    EANコード
    • EAN 4582283791104 (3CD)
    • EAN 4582283791098 (2CD+DVD)
    • EAN 4582283791579 (Winter Gift Package)
    テンプレートを表示

    B'z The Best "ULTRA Treasure"』(ビーズ・ザ・ベスト・ウルトラ・トレジャー)は、日本ロックユニット、B'zが2008年9月17日にリリースしたベスト・アルバムである。

    概要[編集]

    デビュー20周年を記念する、ファン投票で選曲されるリクエスト・ベスト・アルバム[2]。前作『B'z The Best "ULTRA Pleasure"』収録曲を除く、45thシングル『BURN -フメツノフェイス-』までに発売された全ての楽曲の中から投票が行われた。

    前作のファン投票によるリクエスト・ベスト・アルバム『B'z The Best "Treasure"』ははがきでの投票であったが、本作は公式サイトからネットを通じてのファン投票となった。このため、前回は応募はがきが封入されている『B'z The Best "Pleasure"』を購入しないと投票できなかったが、本作は誰でも気軽に投票に参加することができた。また、投票は1人につき3曲まで(これは、前回と同じルール)。

    本作には"2CD+DVD版"と"3CD版"が存在しており、DVDには、2007年に開催されたライブハウス・ツアー『B'z SHOWCASE 2007 -19-』の模様を収録、3CD版の3枚目には新曲「いつかまたここで」が収録される。ファン投票で選出された30曲に加えて、新曲「グローリーデイズ」を収録[2]。また、31曲の内「BLOWIN'」は新録バージョン、「F・E・A・R」はリミックスバージョンを収録している。曲順は、「BLOWIN' -ULTRA Treasure Style-」とファン投票1位の「Brotherhood」、海外販売だった「Home」を除き、前作同様リリース順になっている。

    B'z The Best "ULTRA Pleasure"』と同じく、ほとんどの曲がリマスタリングされ、音質が向上している。

    本作は全体的にシングル曲は5曲と少なく、アルバム収録曲及びシングルの2nd beatの曲が多くを占めている。そのため、『B'z The Best "ULTRA Pleasure"』『B'z The Best "ULTRA Treasure"』には収録されていないシングル曲が幾つか存在する[注釈 1]

    ジャケットは『B'z The Best "ULTRA Pleasure"』と同じく厚みのあるデジパックケースとなっているが、前作は右開きだったのに対して、本作は左開きと逆になっている[注釈 2]

    『B'z The Best "ULTRA Pleasure"』同様、店舗によっては購入者ごとに1回くじ引きができ、ステッカーやキーホルダー、クリアファイル等の賞品がもらうことができた。

    発売日である9月17日の読売新聞朝刊には、4面に及ぶカラー広告が掲載された。外側の2面は宝箱となっており、中の2面には「B'zノタカラヲサガセ。」と題した企画が設けられた。これは、数多くあるQRコードの中から当たりのコード35個を探し出すというものであった。

    『B'z The Best "ULTRA Pleasure"』同様、LIVE-GYMと重なったためか、CMを除くテレビ出演などプロモーション活動は行われなかった。

    2008年12月9日に、ジャケットやレーベルを変更した10万枚限定のウィンターギフトパッケージが、『B'z The Best "ULTRA Pleasure"』と共に再発売された[3]。この分の売上も本体の売上に加わり、12月22日付のオリコンチャートでは9位に再浮上した[4]

    収録曲[編集]

    2CD収録曲(DISC1・DISC2 全31曲)

    DISC 1[編集]

    1. BLOWIN' -ULTRA Treasure Style- (3:57)
      10thシングルの新録バージョン。原曲では打ち込みだったベースドラムが生音になり、ギター音が太くなった他、ラストサビやエンディングのアレンジ、稲葉の歌い方も変化している。近年のライブ演奏されている形に近い。
    2. Wonderful Opportunity(4:38)
      5thアルバム『IN THE LIFE』収録曲。
    3. もう一度キスしたかった(4:38)
      5thアルバム『IN THE LIFE』収録曲。前曲とこの曲はこのアルバムの中で最も古い楽曲。
    4. TIME(4:57)
      10thシングル『BLOWIN'』2nd beat。
    5. 恋心(KOI-GOKORO)(3:47)
      11thシングル『ZERO』2nd beat。
    6. RUN(3:53)
      6thアルバム『RUN』収録曲。1998年発売のベスト・アルバム『B'z The Best "Treasure"』には新録バージョンが収録されたが、今作ではオリジナルバージョンを収録。
    7. さよならなんかは言わせない(4:30)
      6thアルバム『RUN』収録曲。
    8. 月光(5:32)
      6thアルバム『RUN』収録曲。
    9. 恋じゃなくなる日(4:50)
      4thミニ・アルバム『FRIENDS』収録曲。
    10. Don't Leave Me(4:23)
      14thシングル。このアルバムで唯一、『B'z The Best "Pleasure"』に収録されていた楽曲である。
    11. LOVE IS DEAD (5:48)
      7thアルバム『The 7th Blues』収録曲。曲始めの電話の会話部分がカットされている。
    12. (5:39)
      7thアルバム『The 7th Blues』収録曲。
    13. MOTEL(4:22)
      15thシングル。
    14. YOU & I(4:08)
      16thシングル『ねがい』2nd beat。シングルバージョンはアルバム初収録。
    15. 夢見が丘(4:41)
      8thアルバム『LOOSE』収録曲。
    16. 消えない虹(3:37)
      8thアルバム『LOOSE』収録曲。

    DISC 2[編集]

    1. Brotherhood(5:44)
      10thアルバム『Brotherhood』収録曲。
    2. スイマーよ!!(3:19)
      9thアルバム『SURVIVE』収録曲。
    3. ハピネス(4:48)
      9thアルバム『SURVIVE』収録曲。
    4. ONE(4:11)
      26thシングル『ギリギリchop』2nd beat。
    5. F・E・A・R -2008 Mix- (3:47)
      10thアルバム『Brotherhood』収録曲のリミックスバージョン。ドラムスが変更されて、リードギターリズム隊が強調され、オブリガートワウベース主旋律が目立たなくなった。
    6. ながい愛(5:36)
      10thアルバム『Brotherhood』収録曲。
    7. ROCK man(3:50)
      31stシングル『ultra soul』3rd beat。B'zのアルバム初収録。
    8. DEVIL (3:35)
      11thアルバム『ELEVEN』に収録されている「TOKYO DEVIL」の英語バージョン。『2002 FIFA World Cup Official Album Songs of KOREA/JAPAN』に収録。韓国限定で発売されたミニ・アルバム『DEVIL』には収録されていたが、日本のB'z関連のCDには未収録のままだった。
    9. New Message(3:57)
      34thシングル『IT'S SHOWTIME!!』2nd beat。アルバム初収録。
    10. アラクレ(3:26)
      13thアルバム『BIG MACHINE』収録曲。オリジナル・アルバムが初出の楽曲としては唯一、2000年代にリリースされたアルバムの楽曲。
    11. ゆるぎないものひとつ(4:38)
      41stシングル。
    12. ピエロ(3:12)
      41stシングル『ゆるぎないものひとつ』2nd beat。
    13. BURN -フメツノフェイス-(3:51)
      45thシングル。アルバム初収録。このアルバムの中では最新シングル。
    14. Home (4:08)
      25thシングル「HOME」の英語バージョン。US iTunes限定でリリースした『B'z』に収録。今作収録に伴い、正式な歌詞が初めて明らかとなった。初CD化となったが、US iTunes『B'z』収録テイクの最後に入っていたギターの弦を擦る音がフェード・アウトによってなくなっている。
    15. グローリーデイズ (4:27)
      新曲で、『B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-』 のツアータイトルチューン。
      稲葉の作詞メモによると、この曲のテーマは「You're the best.」であるという。
      上記ツアー以降演奏されていなかったが、「B'z PARTY Presents B'z Pleasure in Hawaii」のアンコールラストナンバーとして約10年ぶりに演奏された。

    DISC 3(3CD版のみ)[編集]

    1. いつかまたここで (5:34)
      新曲。
      歌詞について稲葉は「人が自分の人生の中でいろんな人に関わりあって、そして出会って、その出会いの積み重ねの中で今があるということに非常に感謝しつつですね、そしてその人たちにまた会いたいという思い、そして再会を期するというのがテーマになっております。」と語っている。また、松本はこの曲の間奏のギターソロのメロディを完成させるのに2ヶ月の期間を費やした。
      PVは過去のライブ映像をつなげたもので、公式サイトでも公開された(公式サイトのPVでは最後に2人のメッセージが掲載されている)。なお、ブックレットは3CD版と2CD+DVD版共通のものを使用しているためか、この曲の歌詞はブックレットではなくDISC3のトレイ底面に記載されている。
      DISC3のみピクチャーレーベル仕様になっており、「B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"」の写真が使用されている。
      テレビ朝日木曜ドラマ小児救命』主題歌であり、B'zがテレビ朝日系のドラマ主題歌を担当したのは「Calling」以来11年ぶり。アルバム収録曲であったが、日本レコード協会から着うたフルにおいてゴールド認定された。
      デビュー20周年を記念したツアー『B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-』において演奏(客だしBGMとしても使用)され、デビュー30周年を記念したツアー『B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-』でも客だしBGMとして使用された。

    DVD(2CD+DVD版のみ)[編集]

    シークレットライブ『B'z SHOWCASE 2007 -19-』Zepp Tokyo公演を収録。

    1. SUPER LOVE SONG
      未発表新曲として演奏。シングル『SUPER LOVE SONG』初回限定盤に収録されたものとは編集が異なる。
    2. FRICTION
      1曲目と同じく未発表新曲として演奏[注釈 3]
    3. HOT FASHION -流行過多-
      『B'zのSHOWCASEにようこそ!』に引き続いて演奏。『B'z LIVE-GYM Pleasure'93 -JAP THE RIPPER-』以来、14年ぶりに演奏された。
    4. 愛のバクダン
    5. ultra soul
      間奏のギターソロにおいて、かつて松本がサポートメンバーを務めていた浜田麻里の代表曲「Blue Revolution」が引用されている。
    6. ロンリースターズ
      本ツアーが初演奏。エンディングが短縮されている。
    7. 泣いて 泣いて 泣きやんだら
      『B'z LIVE-GYM'98 -SURVIVE-』以来、9年ぶりの演奏。映像化は本作が初。日替わりで同じく9年ぶりに「The Wild Wind」が演奏されていた。
    8. 永遠の翼
      当時の最新シングル。本ツアーが初演奏。
    9. 太陽のKomachi Angel
      『B'z LIVE-GYM 2003 -BANZAI IN NORTH AMERICA-」以来、4年ぶりの演奏。
    10. 銀の翼で翔べ
      『B'z LIVE-GYM 2002 -Rock n' California Roll-』以来、5年ぶりの演奏。一部公演では『B'z LIVE-GYM'93 -RUN-』以来、14年ぶりに「あいかわらずなボクら」が演奏されていた。
    11. 『B'z LIVE-GYM'94 -The 9th Blues-<Part.1>』以来、13年ぶりの演奏。映像化は本作が初。
    12. ながい愛
      『B'z LIVE-GYM 2002 "GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜"』以来、5年ぶりの演奏。
    13. F・E・A・R
      『B'z LIVE-GYM 2003 -BANZAI IN NORTH AMERICA-』以来、4年ぶりの演奏。
    14. アラクレ
      『B'z LIVE-GYM 2003 -BIG MACHINE-』以来、4年ぶりの演奏。「juice」のイントロから始まるが、そのまま「juice」を演奏する公演もあった。
    15. BANZAI
      前曲からノンストップで演奏。映像化は本作が初。
    16. ALL-OUT ATTACK
      オープニングのSE部分をアレンジして演奏。
    17. Out Of Control
      『B'z LIVE-GYM'93 -RUN-』以来、14年ぶりの演奏。映像化は本作が初。

    〜ENCORE〜

    1. ARIGATO
      シングル発売から3年後となった本ツアーでライブ披露となった。音源よりキーを半音下げて演奏されている。映像化は本作が初。
    2. おでかけしましょ
      シークレットライブ『Merry Xmas メリーさんの羊が一匹・聖しこの夜』以来、13年ぶりの演奏。
      なお、前作『B'z The Best "ULTRA Pleasure"』のDVDには発売当時のライブが収録されている。

    タイアップ[編集]

    投票と投票結果[編集]

    投票は2008年4月22日から6月30日までの期間(70日間)で行われ、投票総数は40万を超えた[5][6]

    6月10日に中間結果を発表、最終結果は2008年7月16日に発表された。

    (「Treasure時の順位」で、「★」が付いているものは『Treasure』収録曲、「P」は『Pleasure』収録曲、「-」は『Treasure』発売時に未発表の楽曲。)

    最終順位 曲のタイトル 中間発表時の順位 Treasure時の順位
    1 Brotherhood 1 -
    2 恋心(KOI-GOKORO) 3 ★1
    3 ONE 2 -
    4 Wonderful Opportunity 4 20
    5 BURN -フメツノフェイス- 5 -
    6 夢見が丘 7 35
    7 New Message 6 -
    8 さよならなんかは言わせない 8 18
    9 TIME 21 ★5
    10 恋じゃなくなる日 9 29
    11 BLOWIN' 16 ★2
    12 RUN 15 ★12
    13 もう一度キスしたかった 14 ★4
    14 DEVIL 11 -
    15 スイマーよ!! 12 15
    16 YOU & I 17 21
    17 Home 13 -
    18 ピエロ 10 -
    19 月光 18 26
    20 アラクレ 19 -
    21 ながい愛 20 -
    22 MOTEL 28 ★9
    23 ROCK man 22 -
    24 LOVE IS DEAD 24 57
    25 ゆるぎないものひとつ 25 -
    26 F・E・A・R 32 -
    27 Don't Leave Me 30 P
    28 消えない虹 26 25
    29 27 53
    30 ハピネス 29 24

    参加ミュージシャン[編集]

    特典DVD参加ミュージシャン[編集]

    • 松本孝弘:ギター
    • 稲葉浩志:ボーカル
    • シェーン・ガラース:ドラム
    • 徳永暁人(doa):ベース
    • 大田紳一郎(doa):ボーカル&ギター
    • 増田隆宣:キーボード

    ライブ映像作品[編集]

    シングル曲及びその他既発曲については各作品の項目を参照

    グローリーデイズ

    いつかまたここで

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ だからその手を離して」(1stシングル)、「君の中で踊りたい」(2ndシングル)、「LADY-GO-ROUND」(3rdシングル)、「太陽のKomachi Angel」(5thシングル)、「愛しい人よGood Night...」(7thシングル)、「MOVE」(19thシングル『ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜/MOVE』2nd beat)、「Real Thing Shakes」(20thシングル)、「FIREBALL」(21stシングル)、「Liar! Liar!」(23rdシングル)、「May」(28thシングル)、「RING」(30thシングル)、「GOLD」(32ndシングル)、「野性のENERGY」(35thシングル)、「ARIGATO」(37thシングル)の14曲となる。
    2. ^ 『B'z The Best "ULTRA Pleasure"』と並べると、星型のマークが完成するように作られている。
    3. ^ ただし、海外のiTunes Storeでは配信シングルとして発表されていた。

    出典[編集]

    1. ^ オリコン年間 アルバムランキング 2008年度 11〜20位”. インプレス (2008年). 2019年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月12日閲覧。
    2. ^ a b “B'z、ウルトラベストアルバムの第2弾、詳細決定”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2008年7月16日). https://www.barks.jp/news/?id=1000041790 2019年11月16日閲覧。 
    3. ^ “B'z、超ベストにクリスマスバージョン登場”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2008年11月5日). https://www.barks.jp/news/?id=1000044641 2019年11月16日閲覧。 
    4. ^ オリコン週間 アルバムランキング 2008年12月08日〜2008年12月14日”. ORICON NEWS. オリコン (2008年12月22日). 2019年11月23日閲覧。
    5. ^ “B'z“マニアベスト”30曲決定”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2008年7月16日). オリジナルの2008年8月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080803015843/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080716-OHT1T00021.htm 2019年11月23日閲覧。 
    6. ^ “B'z The Beat “ULTRA Treasure”リクエスト集計最終結果 TOP30”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2008年7月16日). https://www.barks.jp/news/?id=1000041791 2019年11月16日閲覧。