B・A・R 007

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
B・A・R 007
2005年カナダGPでの007ジェンソン・バトンがドライブ
カテゴリー F1
コンストラクター B・A・R
デザイナー イギリスの旗 ジェフ・ウィリス
先代 B・A・R 006
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) プッシュロッド アクティブトーションバー ダンパー 機械式アンチロールバー ダブルウィッシュボーン
サスペンション(後) プッシュロッド アクティブトーションバー ダンパー 機械式アンチロールバー ダブルウィッシュボーン
全長 4,675 mm
全幅 1,800 mm
全高 950 mm
トレッド 前:1,460 mm
後:1,420 mm
ホイールベース 3,140 mm
エンジン ホンダ RA005E 3,000 cc 90度 V10 NA ミッドシップ
トランスミッション ホンダ 7速 セミAT
重量 600 kg 以上(ドライバー含み)
燃料 エネオス
オイル エネオス
タイヤ ミシュラン
BBS ホイール
主要成績
チーム ラッキーストライク B・A・R ホンダ
ドライバー 3. イギリスの旗 ジェンソン・バトン
4. 日本の旗 佐藤琢磨
4. イギリスの旗 アンソニー・デビットソン
出走時期 2005年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
表彰台(3位以内)回数 2
通算獲得ポイント 38
初戦 2005年オーストラリアGP
最終戦 2005年中国GP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 1 0
テンプレートを表示

B・A・R007は、B・A・R2005年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー2005年の開幕戦から、最終戦まで実戦投入された。開発責任者はジェフ・ウィリス

その後2005年から2006年のオフにかけて、2006年用V8エンジンとギヤボックステスト用マシンとしてB・A・R 078が製作され、ホンダ・RA106が完全にそろうまで使用された。

構造[編集]

2004年シーズンにおいてチーム最高位となるコンストラクターズランキング2位を獲得した原動力、B・A・R 006を各方面から見直し、2005年レギュレーションに対応したマシンが「007」である。

重量配分を若干フロント側に寄せ(48:52 → 48.9:51.1)、ホイールベースは3,085mmまで短縮した[1]

ダウンフォースを削減するレギュレーションに対応して、フロントウイングの中央部分が大きく下げられ、スプーンのように丸まった形状になった。サイドポンツーン後方は小さく絞られている。

エンジンは2レースを1台でカバーするので、2004年よりも耐久性能の向上(800km → 1,400km)が求められたが、ホンダは性能は昨年並みで耐久力を2倍という高い目標を掲げた。

自社製のギヤボックスは変速時の駆動ロスを減らす「シームレスシフト」[2]を採用した[1]開幕戦オーストラリアGPから第12戦ドイツGPまでは第1世代型であるQS1が、第13戦ハンガリーGP以降は第2世代型であるQS2が使用された[1]。QS1は2003年の終わりから開発をはじめ、4速から7速がシームレスシフトとなった。信頼性を考え、トルクが大きい1速から3速は通常シフトとなっている[1]。QS2は全てシームレスシフトが可能となっている[1]

2005年シーズン[編集]

プレシーズン[編集]

2005年1月13日、イギリスシルバーストン・ナショナルサーキット佐藤琢磨によってシェイクダウンされた[3]。同月16日にはスペインカタロニア・サーキットで報道陣などを招いての新車発表会が行われた[3]。発表会の後、続けてバルセロナでのテストを予定していたが、路面舗装の都合によりバレンシア・サーキットでのテスト(同月19 - 21日)に変更された[4]。その後、同月25 - 28日、2月1 - 4日にかけてバレンシアでの合同テストに参加するも、ロングラン中に幾度となく発生するエンジンブローとグリップ・ペース不足に悩まされた[5]

シーズン開幕[編集]

プレシーズンテストでエアロダイナミクス面での欠陥が発覚。さらにエンジンの信頼性にも不安を抱えるという最悪の状況で開幕を迎えた。開幕戦オーストラリアGPでは次戦のエンジン交換を見越して、最終ラップにチェッカーを受けずピットインする戦術的リタイア[6][7]が物議を醸した。結局、ノーポイントのまま第3戦までを消化した。

ヨーロッパラウンド初戦の第4戦サンマリノGPでは、マシンに大幅なモディファイを敢行。バトン3位・佐藤5位とダブル入賞し、復活の第1歩と思われたが、レース後の車検で最低重量違反の疑いをかけられた(詳細は後述)。5月5日に国際控訴裁判所 (ICA) で裁定が下され、B・A・RをサンマリノGPリザルトから除外することに加えて、スペインGPモナコGPの2戦出場停止、以降6ヶ月の出場停止(1年間の執行猶予付き)という厳罰が決定した。

第8戦カナダGPではバトンがポールポジションを獲得したが、レースでは2台ともリタイア。第9戦アメリカGPではミシュランタイヤ使用チームがレースを棄権するなど、まともに戦うこともままならなかった。

その後のヨーロッパラウンドではようやくマシン改修が功を奏し、第10戦フランスGPでシーズン初ポイントを獲得。バトンは最終戦まで10戦連続入賞・2回の3位表彰台と活躍を見せた。しかし、佐藤は完走するものの、レース中の接触やマシントラブルなどでポイント圏外でのフィニッシュが何度もあり、第13戦ハンガリーGPでの8位1回に終わった。第11戦イギリスGPではフォーメーションラップ中にステアリングのボタンを押し間違い、エンジンストールするというハプニングも起こった。

最終的にコンストラクターズランキングは前年の2位から6位に後退した。

重量規定違反騒動[編集]

サンマリノGP終了後の車検において、3位入賞したバトンのマシンから燃料を抜き取ったところ、車重が最低重量規定の600kg[8]よりも5.4kg軽いことが判明した。燃料のメインタンクを空にした状態では600kgを上回っていたが、予備タンク(コレクタータンク)に余っていたガソリンまで抜くと規定値に達しなかった。

この年のホンダエンジンは予備のコレクタータンクに一定量のガソリンを溜めておくことで、車位変化に影響されず燃料を安定供給する仕組みになっていた。市販車でも使用される装置であり、事前のマレーシアGPでFIA技術委員の査察を受けた際には問題とされなかった。B・A・Rはコレクタータンク内のガソリンは構造上「使えない燃料」であると説明。レース中常に600kg以上の車重で走行していたというデータを提出し、レーススチュワードの理解を得て、一旦はリザルトが認められた。

しかし、国際自動車連盟 (FIA) はコレクタータンクの燃料が重量規定をクリアするための「バラスト[9]」ではないかと主張。レーススチュワードの判断を不服とし、国際控訴裁判所に対して「B・A・Rの2005年シーズンの選手権からの除外」と「罰金100万ユーロ」を求めて提訴した。

裁定では故意かつ悪意のある反則行為は認められないと判断されたが、B・A・R側がレギュレーションを独自解釈したことが問題視された。車体の最低重量に燃料分を含めるのかどうかは明文化されていなかったが、1994年にレース中の再給油が認められて以来、ガソリンをすべて抜いた状態とするのが通例となっており、チームがレギュレーションの確認義務を怠ったことが処罰理由とされた。

しかし、FIAの強硬姿勢には政治的な思惑も垣間見られた。当時はF1に参戦する自動車メーカーがFIAと対立し、グランプリ・ワールド・チャンピオンシップ(GPWC)→グランプリ・マニュファクチャラーズ・アソシエーション(GPMA)を結成して2008年から独立シリーズを立ち上げると宣言していた。ホンダはGPWC側に接近し、GPMAへの改組時にメンバー入りしていたため、政争のスケープゴートにされたという見方も存在した[10]

B・A・Rは民事訴訟も検討したがこの裁定を受け入れ、出場停止明けのヨーロッパGP以降は6kgのバラストを余分に搭載して出走した。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

アメリカGPでの007。バトンがドライブ。

エンジン[編集]

ホンダRA005E

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
BHR
バーレーンの旗
SMR
サンマリノの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
EUR
欧州連合の旗
CAN
カナダの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
TUR
トルコの旗
ITA
イタリアの旗
BEL
ベルギーの旗
BRA
ブラジルの旗
JPN
日本の旗
CHN
中華人民共和国の旗
2005 3 イギリスの旗 バトン 11 Ret Ret DSQ EX EX 10 Ret DNS 4 5 3 5 5 8 3 7 5 8 38 6位
4 日本の旗 佐藤 14 WD Ret DSQ EX EX 12 Ret DNS 11 16 12 8 9 16 Ret 10 DSQ Ret
イギリスの旗 デビッドソン Ret

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『モーターファン・イラストレーテッド F1のテクノロジー3』 三栄書房2011年、p.78。ISBN 9784779611933。
  2. ^ ホンダでの呼称はクイックシフト。
  3. ^ a b 『F1速報』2005年2月10日号「新車情報号」ニューズ・パブリッシング、2005年、p.2
  4. ^ 『F1速報』2005年2月10日号「新車情報号」ニューズ・パブリッシング、2005年、p.15
  5. ^ 『F1速報』2005年2月24日号「シーズン展望号」ニューズ・パブリッシング、2005年、p.60
  6. ^ F1世界選手権第1戦オーストラリアGP - 本田技研工業(2012年2月29日閲覧)
  7. ^ この年導入された2レース1エンジン規定では、「周回数の半分以上を越えてからリタイヤしたマシンは、10グリッド降格のペナルティー無しで次戦エンジン変更が可能」というルールの抜け道があった。
  8. ^ 車両重量+ドライバーの体重の合計が600kg(予選では605kg)を上回らなければならない。
  9. ^ 車両に搭載するバラストは固形である必要があり、液体(冷却水や燃料)をバラストとして使用することはできない。
  10. ^ 『レーシングオン 2005年8月号』 イデア、2005年、p.70。
  11. ^ a b c d e 『モーターファン・イラストレーテッド F1のテクノロジー3』 三栄書房2011年、p.88。ISBN 9784779611933。