B.LEAGUEプレーオフ 2017

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

B.LEAGUEプレーオフ 2017B.LEAGUE 2016-17のB1リーグとB2リーグの総合チャンピオン、そしてB1リーグの残留クラブを決めるトーナメント戦である。1勝1敗のときは5分間前後半の特別ルールによるミニゲームを行なう。栃木ブレックスがファイナルで川崎ブレイブサンダースを85-79で破り初代王者となった[1]

B.LEAGUEチャンピオンシップ[編集]

       B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2017
  クォーターファイナル セミファイナル ファイナル
     2017/05/13(土),05/14(日)              2017/05/19(金)~05/22(月)              2017/05/27(土)      
  1  川崎ブレイブサンダース 89 98 -  
8  サンロッカーズ渋谷 75 82 -  
  A  川崎ブレイブサンダース 84 77 26  
 QF  1 トッケイセキュリティ平塚総合体育館
  B  アルバルク東京 76 78 18  
4  アルバルク東京 90 83 -
  5  三遠ネオフェニックス 75 74 -      SF  A 川崎市とどろきアリーナ
   QF  4 国立代々木競技場第二体育館      川崎ブレイブサンダース 79  準優勝  -
   栃木ブレックス 85  チャンピオン  -
  3  シーホース三河 76 81 -      FINAL  国立代々木競技場第一体育館
6  琉球ゴールデンキングス 72 75 -  
C  栃木ブレックス 83 63 14
 QF  3 ウィングアリーナ刈谷
  D  シーホース三河 68 65 12  
2  栃木ブレックス 80 77 -
  7  千葉ジェッツ 73 70 -      SF  C ブレックスアリーナ宇都宮
   QF  2 ブレックスアリーナ宇都宮

試合結果[編集]

クォーターファイナル[編集]

川崎vsSR渋谷[編集]

第1試合

5月13日
16:05pm
川崎ブレイブサンダース 89, サンロッカーズ渋谷 75 トッケイセキュリティ平塚総合体育館, 神奈川県平塚市
入場者数: 1713人
レフェリー: 小澤勤、宇地原尚彦、増渕泰久

クォーター・スコア: 27-26, 18-10, 18-24, 26-15
得点: 篠山竜青 21
リバウンド: ニック・ファジーカス 7
アシスト: ライアン・スパングラー、辻直人 5
得点. ロバート・サクレ 31
リバウンド: アイラ・ブラウン 15
アシスト: アイラ・ブラウン 6
川崎が1勝0敗でリードする

第2試合

5月14日
14:05pm
川崎ブレイブサンダース 98, サンロッカーズ渋谷 82 トッケイセキュリティ平塚総合体育館, 神奈川県平塚市
入場者数: 2104人
レフェリー: 小澤勤、宇地原尚彦、増渕泰久

クォーター・スコア: 25-12, 26-14, 21-35, 26-21
得点: ニック・ファジーカス 25
リバウンド: ニック・ファジーカス 13
アシスト: ライアン・スパングラー、長谷川技 4
得点. ロバート・サクレ 25
リバウンド: ロバート・サクレ 12
アシスト: アイラ・ブラウン、ベンドラメ礼生 5
川崎が2勝0敗で勝利する
A東京vs三遠[編集]

第1試合

5月13日
16:05pm
アルバルク東京 90, 三遠ネオフェニックス 75 国立代々木競技場第二体育館, 東京都渋谷区
入場者数: 2010人
レフェリー: 相原伸康、久米克弥、地頭薗剛

クォーター・スコア: 26-15, 16-24, 22-16, 26-20
得点: 竹内譲次 20
リバウンド: 竹内譲次、ジェフ・エアーズ 9
アシスト: ディアンテ・ギャレット 4
得点. ジョシュ・チルドレス 25
リバウンド: ジョシュ・チルドレス 10
アシスト: 鈴木達也 3
A東京が1勝0敗でリードする

第2試合

5月14日
14:05pm
アルバルク東京 83, 三遠ネオフェニックス 74 国立代々木競技場第二体育館, 東京都渋谷区
入場者数: 2523人
レフェリー: 相原伸康、久米克弥、地頭薗剛

クォーター・スコア: 20-23, 14-15, 17-9, 32-27
得点: ディアンテ・ギャレット 19
リバウンド: トレント・プレイステッド 8
アシスト: ディアンテ・ギャレット 7
得点. ロバート・ドジャー 21
リバウンド: ジョシュ・チルドレス 10
アシスト: 鈴木達也、ジョシュ・チルドレス 2
A東京が2勝0敗で勝利する
三河vs琉球[編集]

第1試合

5月13日
16:05pm
シーホース三河 76, 琉球ゴールデンキングス 72 ウィングアリーナ刈谷, 愛知県刈谷市
入場者数: 2742人
レフェリー: 東祐二、佐藤誠、細田知宏

クォーター・スコア: 20-23, 22-15, 18-25, 16-9
得点: 金丸晃輔 31
リバウンド: アイザック・バッツ 14
アシスト: 橋本竜馬 7
得点. レイショーン・テリー 27
リバウンド: レイショーン・テリー 12
アシスト: レイショーン・テリー、岸本隆一 3
三河が1勝0敗でリードする

第2試合

5月14日
14:05pm
シーホース三河 81, 琉球ゴールデンキングス 75 ウィングアリーナ刈谷, 愛知県刈谷市
入場者数: 3027人
レフェリー: 東祐二、佐藤誠、細田知宏

クォーター・スコア: 16-23, 22-11, 22-20, 21-21
得点: 金丸晃輔 19
リバウンド: アイザック・バッツ 11
アシスト: 柏木真介、ギャビン・エドワーズ 4
得点. 岸本隆一 15
リバウンド: 渡辺竜之佑 8
アシスト: 岸本隆一 8
三河が2勝0敗で勝利する
栃木vs千葉[編集]

第1試合

5月13日
16:05pm
栃木ブレックス 80, 千葉ジェッツ 73 ブレックスアリーナ宇都宮, 栃木県宇都宮市
入場者数: 3916人
レフェリー: 宇田川貴生、北沢岳夫、守谷圭介

クォーター・スコア: 19-20, 21-12, 20-19, 20-22
得点: 古川孝敏 19
リバウンド: ジェフ・ギブス 10
アシスト: 田臥勇太 5
得点. マイケル・パーカー 20
リバウンド: ヒルトン・アームストロング 13
アシスト: 富樫勇樹 7
栃木が1勝0敗でリードする

第2試合

5月14日
14:05pm
栃木ブレックス 77, 千葉ジェッツ 70 ブレックスアリーナ宇都宮, 栃木県宇都宮市
入場者数: 3998人
レフェリー: 宇田川貴生、北沢岳夫、守谷圭介

クォーター・スコア: 13-33, 15-10, 21-9, 28-18
得点: ジェフ・ギブス 19
リバウンド: 竹内公輔 9
アシスト: 田臥勇太 4
得点. タイラー・ストーン 19
リバウンド: タイラー・ストーン 11
アシスト: 富樫勇樹 5
栃木が2勝0敗で勝利する

セミファイナル[編集]

川崎vsA東京[編集]

第1試合

5月19日
19:05pm
川崎ブレイブサンダース 84, アルバルク東京 76 川崎市とどろきアリーナ, 神奈川県川崎市
入場者数: 2689人
レフェリー: 片寄達、東祐二、平原勇次

クォーター・スコア: 19-22, 24-15, 22-15, 19-24
得点: 篠山竜青 23
リバウンド: ニック・ファジーカス 12
アシスト: 長谷川技 4
得点. ディアンテ・ギャレット 23
リバウンド: ジェフ・エアーズ 10
アシスト: ディアンテ・ギャレット 5
川崎が1勝0敗でリードする

第2試合

5月20日
17:05pm
川崎ブレイブサンダース 77, アルバルク東京 78 川崎市とどろきアリーナ, 神奈川県川崎市
入場者数: 4608人
レフェリー: 片寄達、東祐二、平原勇次

クォーター・スコア: 18-15, 9-13, 25-24, 25-26
得点: ニック・ファジーカス、篠山竜青 18
リバウンド: ニック・ファジーカス 13
アシスト: 辻直人 3
得点. ディアンテ・ギャレット 22
リバウンド: 竹内譲次 10
アシスト: ディアンテ・ギャレット 7
1勝1敗の同点になる

第3試合

5月20日
19:05pm
川崎ブレイブサンダース 26, アルバルク東京 18 川崎市とどろきアリーナ, 神奈川県川崎市
入場者数: 4608人
レフェリー: 片寄達、東祐二、平原勇次

クォーター・スコア: 8-11, 18-7
得点: ニック・ファジーカス 12
リバウンド: ニック・ファジーカス 3
アシスト: 藤井祐眞、長谷川技 2
得点. 田中大貴 7
リバウンド: ジェフ・エアーズ 3
アシスト: ジェフ・エアーズ 2
川崎が2勝1敗で勝利する
栃木vs三河[編集]

第1試合

5月20日
13:05pm
栃木ブレックス 83, シーホース三河 68 ブレックスアリーナ宇都宮, 栃木県宇都宮市
入場者数: 3920人
レフェリー: 小澤勤、緒方崇、地頭薗剛

クォーター・スコア: 16-17, 25-12, 23-23, 19-16
得点: ライアン・ロシター 20
リバウンド: ジェフ・ギブス 10
アシスト: ライアン・ロシター 6
得点. ギャビン・エドワーズ 26
リバウンド: ギャビン・エドワーズ 5
アシスト: 比江島慎 3
栃木が1勝0敗でリードする

第2試合

5月21日
12:05pm
栃木ブレックス 63, シーホース三河 65 ブレックスアリーナ宇都宮, 栃木県宇都宮市
入場者数: 3997人
レフェリー: 小澤勤、緒方崇、地頭薗剛

クォーター・スコア: 12-22, 12-15, 14-20, 25-8
得点: ジェフ・ギブス 13
リバウンド: ライアン・ロシター 11
アシスト: 渡邉裕規、ジェフ・ギブス 3
得点. 金丸晃輔 21
リバウンド: アイザック・バッツ 14
アシスト: 比江島慎、桜木ジェイアール 4
1勝1敗の同点になる

第3試合

5月21日
14:05pm
栃木ブレックス 14, シーホース三河 12 ブレックスアリーナ宇都宮, 栃木県宇都宮市
入場者数: 3997人
レフェリー: 小澤勤、緒方崇、地頭薗剛

クォーター・スコア: 6-8, 8-4
得点: ライアン・ロシター 7
リバウンド: ライアン・ロシター 11
アシスト: ジェフ・ギブス 3
得点. 金丸晃輔 6
リバウンド: アイザック・バッツ 14
アシスト: 比江島慎 3
栃木が2勝1敗で勝利する

ファイナル[編集]

B.LEAGUE CHAMPIONSHIP FINAL GAME 2017 2017年5月27日(土) 15:10   
   川崎ブレイブサンダース     79  –  85       栃木ブレックス      レフェリー: 宇田川貴生/片寄達/加藤誉樹
チームリーダー  チームスタッツ   クォーター・スコア   チームスタッツ  チームリーダー
得点23:ニック・ファジーカス
アシスト4:辻直人
リバウンド11:ニック・ファジーカス
スティール2ジュフ磨々道
FG% : .309
3P% : .133
リバウンド : 32
アシスト : 10
TO : 6
PF : 17
 準優勝 
21-21
16-22
26-16
16-26
.346 : FG%
.238 : 3P%
44 : リバウンド
19 : アシスト
9 : TO
20 : PF
初代 CHAMPION 
得点25:ジェフ・ギブス
アシスト8:ライアン・ロシター
リバウンド16:ライアン・ロシター
スティール2ジェフ・ギブス
国立代々木競技場第一体育館 / 入場者数: 10.144人 / TV:BS:NHK (BS1)、地上波:フジテレビ、CS:スカパー! スポナビライブ BOX SCORE  

B2リーグプレーオフ[編集]

  B2 セミファイナル B2 ファイナル
     2017/05/12(金)~2017/05/15(月)              2017/05/20(土)    
  1  島根スサノオマジック 60 52 11  
4  広島ドラゴンフライズ 55 53 9  
  1  島根スサノオマジック  自動昇格  53  準優勝 
 SF  1 松江市総合体育館
  2  西宮ストークス  自動昇格  78  B2優勝 
2  西宮ストークス 68 70 -
  3  群馬クレインサンダーズ 59 60 -  
 SF  2 西宮市立中央体育館  FINAL 国立代々木競技場 第二体育館


B2 3位決定戦
  2017/05/20(土)    
 広島ドラゴンフライズ 78  入替戦 
 群馬クレインサンダーズ 65  4位 
国立代々木競技場 第二体育館

試合結果[編集]

セミファイナル[編集]

島根vs広島[編集]

第1試合

5月13日
12:55pm
島根スサノオマジック 60, 広島ドラゴンフライズ 55 松江市総合体育館, 島根県松江市
入場者数: 2873人
レフェリー: 清水幹治、堀内純、加納康平

クォーター・スコア: 19-16, 12-12, 11-16, 18-11
得点: ジョシュ・デービス 12
リバウンド: ジョシュ・デービス 20
アシスト: 山本エドワード、ウェイン・マーシャル 3
得点. 朝山正悟 14
リバウンド: ダニエル・ディロン、コナー・ ラマート 7
アシスト: 山本大治、鵤誠司 2
島根が1勝0敗でリードする

第2試合

5月14日
12:55pm
島根スサノオマジック 52, 広島ドラゴンフライズ 53 松江市総合体育館, 島根県松江市
入場者数: 4203人
レフェリー: 清水幹治、堀内純、加納康平

クォーター・スコア: 14-17, 8-12, 18-13, 12-11
得点: ジョシュ・デービス 12
リバウンド: ジョシュ・デービス 13
アシスト: 岡本飛竜、山本エドワード 3
得点. コナー・ ラマート 11
リバウンド: アジーズ・エンダイ、コナー・ ラマート 9
アシスト: 鵤誠司 4
1勝1敗の同点になる

第3試合

5月14日
14:55pm
島根スサノオマジック 11, 広島ドラゴンフライズ 9 松江市総合体育館, 島根県松江市
入場者数: 4203人
レフェリー: 清水幹治、堀内純、加納康平

クォーター・スコア: 8-4, 3-5
得点: 安部潤、ウェイン・マーシャル、横尾達泰 3
リバウンド: ウェイン・マーシャル 4
アシスト: 安部潤、ウェイン・マーシャル 1
得点. ダニエル・ディロン 4
リバウンド: アージス・エンダイ 4
アシスト: 山本大治、北川弘、鵤誠司 1
島根が2勝1敗で勝利する

島根はB1リーグ昇格

西宮vs群馬[編集]

第1試合

5月11日
19:00pm
西宮ストークス 68, 群馬クレインサンダーズ 59 西宮市立中央体育館, 兵庫県西宮市
入場者数: 950人
レフェリー: 前田喜庸、阿部聖、平出剛

クォーター・スコア: 14-10, 23-18, 13-12, 18-19
得点: ドゥレイロン・バーンズ 14
リバウンド: ラリー・オーウェンス 8
アシスト: 梁川禎浩 5
得点. トーマス・ケネディ 16
リバウンド: トーマス・ケネディ 9
アシスト: トーマス・ケネディ 4
西宮が1勝0敗でリードする

第2試合

5月12日
19:00pm
西宮ストークス 70, 群馬クレインサンダーズ 60 西宮市立中央体育館, 兵庫県西宮市
入場者数: 1702人
レフェリー: 前田喜庸、阿部聖、平出剛

クォーター・スコア: 17-8, 23-23, 13-12, 17-17
得点: 梁川禎浩 19
リバウンド: ラリー・オーウェンス 11
アシスト: ドゥレイロン・バーンズ 5
得点. トーマス・ケネディ 17
リバウンド: トーマス・ケネディ 13
アシスト: 根東裕隆 2
西宮が2勝0敗で勝利する

西宮はB1リーグ昇格

ファイナル[編集]

島根vs西宮[編集]
5月20日
18:05pm
島根スサノオマジック 53, 西宮ストークス 78 国立代々木競技場第二体育館, 東京都渋谷区
入場者数: 1994人
レフェリー: 久米克弥、増渕泰久、大河原則人

クォーター・スコア: 14-20, 14-19, 6-24, 19-15
得点: ジョシュ・デービス 13
リバウンド: ウェイン・マーシャル、ジョシュ・デービス 9
アシスト: 高畠佳介、横尾達泰、ライアン・リード 2
得点. 谷直樹 19
リバウンド: ジョーダン・ヴァンデンバーグ 9
アシスト: ラリー・オーウェンス 4
西宮の勝利

西宮のB2優勝

3位決定戦[編集]

広島vs群馬[編集]
5月20日
14:05pm
広島ドラゴンフライズ 78, 群馬クレインサンダーズ 65 国立代々木競技場第二体育館, 東京都渋谷区
入場者数: 1409人
レフェリー: 久保裕紀、北沢岳夫、松本究

クォーター・スコア: 23-10, 23-18, 15-17, 17-20
得点: ダニエル・ディロン 18
リバウンド: コナー・ ラマート 7
アシスト: ダニエル・ディロン 4
得点. トーマス・ケネディ 35
リバウンド: トーマス・ケネディ 9
アシスト: 小淵雅 4

広島がB1・B2入替戦へ、群馬はB2残留

B1残留プレーオフ[編集]

  1回戦 残留決定戦
     2017/05/13(土),2017/05/14(日)              2017/05/19(金)    
  15  富山グラウジーズ 87 82 -  
18  仙台89ERS 自動降格  79 68 -  
  15  富山グラウジーズ 79  残留 
 SF  15 富山市総合体育館
  17  横浜ビー・コルセアーズ 71  入替戦 
16  秋田ノーザンハピネッツ 自動降格  75 65 16
  17  横浜ビー・コルセアーズ 78 64 17  
 SF  16 CNAアリーナ★あきた  FINAL 国立代々木競技場 第二体育館
  • 決定戦敗者が下位3位となり、1回戦敗者間で下位2位と最下位の決定戦は行わず、シーズン成績の比較で決定し2チームは自動降格。

試合結果[編集]

1回戦[編集]

富山vs仙台[編集]

第1試合

5月13日
18:05pm
富山グラウジーズ 87, 仙台89ERS 79 富山市総合体育館, 富山県富山市
入場者数: 2775人
レフェリー: 加藤誉樹、有澤重行、関口久視

クォーター・スコア: 18-18, 25-18, 18-16, 26-27
得点: ドリュー・ヴァイニー 24
リバウンド: 宇都直輝、サム・ウィラード 13
アシスト: 宇都直輝 4
得点. 片岡大晴 24
リバウンド: グレッグ・マンガーノ 14
アシスト: 熊谷宜之、ウェンデル・ホワイト 4
富山が1勝0敗でリードする

第2試合

5月14日
14:05pm
富山グラウジーズ 82, 仙台89ERS 68 富山市総合体育館, 富山県富山市
入場者数: 3265人
レフェリー: 加藤誉樹、有澤重行、関口久視

クォーター・スコア: 16-16, 21-16, 24-17, 21-19
得点: ドリュー・ヴァイニー 27
リバウンド: ドリュー・ヴァイニー 10
アシスト: ドリュー・ヴァイニー 4
得点. チリジ・ネパウエ、菊池真人、ウェンデル・ホワイト 11
リバウンド: チリジ・ネパウエ 10
アシスト: 石川海斗 4
富山が2勝0敗で勝利する

仙台はB2リーグ降格

秋田vs横浜[編集]

第1試合

5月13日
18:05pm
秋田ノーザンハピネッツ 75, 横浜ビー・コルセアーズ 78 CNAアリーナ★あきた, 秋田県秋田市
入場者数: 3136人
レフェリー: 片寄達、伊藤亮介、漆間大吾

クォーター・スコア: 16-17, 25-23, 10-20, 24-18
得点: 安藤誓哉 24
リバウンド: レオ・ライオンズ 8
アシスト: 藤江建典 5
得点. 川村卓也 22
リバウンド: ジェフリー・パーマー 8
アシスト: ジェフリー・パーマー 5
横浜が1勝0敗でリードする

第2試合

5月14日
14:05pm
秋田ノーザンハピネッツ 65, 横浜ビー・コルセアーズ 64 CNAアリーナ★あきた, 秋田県秋田市
入場者数: 3729人
レフェリー: 片寄達、伊藤亮介、漆間大吾

クォーター・スコア: 18-15, 18-19, 6-12, 23-18
得点: 田口成浩、スコット・モリソン 12
リバウンド: レオ・ライオンズ 7
アシスト: レオ・ライオンズ 4
得点. 川村卓也 21
リバウンド: 川村卓也、ジェイソン・ウォッシュバーン 9
アシスト: ジェイソン・ウォッシュバーン、ファイパプ月瑠、蒲谷正之 2
1勝1敗の同点になる

第3試合

5月14日
16:05pm
秋田ノーザンハピネッツ 16, 横浜ビー・コルセアーズ 17 CNAアリーナ★あきた, 秋田県秋田市
入場者数: 3729人
レフェリー: 片寄達、伊藤亮介、漆間大吾

クォーター・スコア: 12-5, 4-12
得点: 安藤誓哉 12
リバウンド: レオ・ライオンズ 3
アシスト: 中山拓哉、安藤誓哉 1
得点. 川村卓也 8
リバウンド: ジェイソン・ウォッシュバーン 3
アシスト: 竹田謙 1
横浜が2勝1敗で勝利

秋田はB2リーグ降格

残留決定戦[編集]

5月19日
19:05pm
富山グラウジーズ 79, 横浜ビー・コルセアーズ 71 国立代々木競技場第二体育館, 東京都渋谷区
入場者数: 2723人
レフェリー: 宇田川貴生、相原伸康、加藤誉樹

クォーター・スコア: 20-11, 17-17, 17-19, 25-24
得点: 岡田優 25
リバウンド: サム・ウィラード 10
アシスト: 宇都直輝 6
得点. ジェフリー・パーマー 26
リバウンド: ファイパプ月瑠 14
アシスト: 湊谷安玲久司朱 4
富山が勝利

富山はB1リーグ残留、横浜はB1・B2入替戦へ

入替戦[編集]

B1・B2 入替戦[編集]

B1・B2 入替戦
  2017/05/28(日)    
B1  横浜ビー・コルセアーズ 74  B1残留 
B2  広島ドラゴンフライズ 53  B2残留 
国立代々木競技場 第一体育館

試合結果[編集]

B1・B2入替戦[編集]

5月28日
14:05pm
横浜ビー・コルセアーズ 74, 広島ドラゴンフライズ 53 国立代々木競技場第一体育館, 東京都渋谷区
入場者数: 5014人
レフェリー: 久保裕紀、東祐二、地頭薗剛

クォーター・スコア: 19-8, 11-18, 25-13, 19-14
得点: ジェイソン・ウォッシュバーン 27
リバウンド: ジェイソン・ウォッシュバーン 13
アシスト: 細谷将司 4
得点. コナー・ ラマート 11
リバウンド: コナー・ ラマート 12
アシスト: アジーズ・エンダイ 3
横浜の勝利

横浜のB1残留決定、広島のB2残留決定

B2・B3 入替戦[編集]

2017-18年シーズンのライセンス交付の結果により、実施せず[2]

B2・B3 入替戦
  2017/05/28(日)    
B2  B2シーズン最下位 -
B3  B3から推薦 -
国立代々木競技場 第一体育館

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Bリーグ、栃木が川崎破り初代王者 プレーオフ決勝 日経新聞 (2017年5月27日). 2017年6月6日閲覧。
  2. ^ 「B2・B3 入替戦 2016-17」について”. bleague.jp (2017年4月7日). 2017年4月7日閲覧。