B01K

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au B01K
キャリア au
製造 京セラ
発売日 2006年3月下旬
概要
OS REX OS
CPU ARM9
音声通信方式 CDMA 1X
(CDMA2000 1xMC)
(800MHz)
2012年7月23日より利用不可
データ通信方式 CDMA 1X
(CDMA2000 1xMC)
形状 折りたたみ
サイズ 95 × 54 × 31 mm
質量 132 g
連続通話時間 320分
連続待受時間 470時間
(移動と静止の組合せ)
充電時間 180分
外部メモリ なし
日本語入力 Advanced Wnn
電子決済機能 なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 なし
メインディスプレイ
方式 CGシリコン(TFT)液晶
解像度 QVGA(240×320ドット
サイズ 2.2インチ
表示色数 26万色
サブディスプレイ
方式 モノクロSTN液晶
解像度 61×65ドット
サイズ 0.9インチ
表示色数
メインカメラ
画素数・方式 32万画素CMOS
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
シルバー
(Silver)
■テンプレート / ■ノート
ウィキプロジェクト

B01K(びー ぜろいちケー)とは、京セラKDDIおよび沖縄セルラー電話auブランド向けに提供したCDMA 1X対応の携帯電話

概要[編集]

2004年12月に発売された既存のA1403Kをベースにバッテリーを大容量化し、法人向けに開発された。なお本機は法人のほか、個人ユーザーも入手する事が可能だった。

沿革[編集]

  • 2006年3月6日 - KDDIより公式発表。
  • 2006年3月下旬 - 全国にて一斉発売。
  • 2007年3月 - 販売終了。

関連項目[編集]