B3.LEAGUE 2016-17

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
B3.LEAGUE 2016-17
リーグ B3.LEAGUE
スポーツ バスケットボール
期間 ファーストステージ
 2016年9月30日-2016年10月30日
レギュラーシーズン
 2016年11月12日-2017年3月19日
ファイナルステージ
 2017年4月8日-2017年5月27日
チーム数 9
B3
シーズン優勝 ファーストステージ
 ライジングゼファーフクオカ (初)
レギュラーシーズン
 金沢武士団 (初)
ファイナルステージ
 ライジングゼファーフクオカ (初)
総合
 ライジングゼファーフクオカ (初)
準優勝 金沢武士団
昇格 ライジングゼファーフクオカ
 金沢武士団
シーズン

B3.LEAGUE 2016-17は2016年9月30日から2017年5月7日まで、全国各地でおこなわれたジャパン・バスケットボールリーグである。総合優勝のライジングゼファーフクオカと2位の金沢武士団がB2リーグへの昇格となった。

概要[編集]

それまで日本の男子バスケットボールのトップカテゴリとして並立していたナショナル・バスケットボール・リーグ (NBL) と日本プロバスケットボールリーグ(TKbjリーグ)の統合により発足したジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ (B.LEAGUE) の3部に相当するリーグのファーストシーズンである。

オールクラブチーム(プロチーム)のB1・B2と異なり、B3はクラブチームと企業形態のチーム(実業団)プロ・アマ混成のリーグとなっている。

参加チーム[編集]

2016-17シーズンのB3はクラブチームが5チーム、企業形態のチームが4チームの計9チームで構成される。企業形態のチームはチーム名に法人名が明示される。

  • 「ステージ(詳細)」
    • ○ - 全ステージに参加する
    • △ - レギュラーシーズンにのみ参加する
  • 「準加盟」[1]
    • ○ - 承認済
    • △ - 継続審議
    • -- 未承認、ないしは未申請
ブロック チーム名 略称 ホームタウン ステージ 準加盟 2015-16所属 備考
関東 埼玉ブロンコス
SAITAMA BRONCOS
埼玉 埼玉県 TKbjリーグ
大塚商会アルファーズ
OTSUKA ALPHAS
大塚商会 東京都 - NBDL
東京海上日動ビッグブルー
TOKIO MARINE NICHIDO BIG BLUE
東京海上日動 東京都 - NBDL
東京サンレーヴス
TOKYO CINQ RÊVES
東京 東京都 - TKbjリーグ
東京八王子トレインズ
TOKYO HACHIOJI TRAINS
八王子 東京都八王子市 NBDL
中部 金沢武士団
KANAZAWA SAMURAIZ
金沢 石川県 TKbjリーグ
豊田合成スコーピオンズ
TOYODA GOSEI SCORPIONS
豊田合成 愛知県 - NBDL
アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城
AISIN AW AREIONS ANJO
アイシンAW 愛知県 - NBDL
九州 ライジングゼファーフクオカ
RIZING ZEPHYR FUKUOKA
福岡 福岡県 TKbjリーグ [注 1][3]

レギュレーション[編集]

レギュラーシーズンは全9チームによる4回総当たり戦、ファーストステージ・ファイナルステージは全クラブチーム+大塚商会の6チームによる各2回戦総当たりで開催される。

最終順位は勝率で決定する(勝率が並んだ場合は「当該クラブ間のゴールアベレージ(得点÷失点)」「各ステージの全試合におけるゴールアベレージ」で比較)。

B2・B3間の入れ替えについて[編集]

当初は上記の最終順位とは別に、それぞれの大会(ファーストステージ、レギュラーシーズン、ファイナルステージ)の順位を基にした「勝ち点」を算出し、それを合算した勝ち点の最上位、なおかつBリーグ準加盟でBリーグクラブライセンス(B2ライセンス)を保持するクラブが、B2の最下位クラブとの「B2・B3入れ替え戦」に推薦(進出)する予定になっていたが、2017-18年度シーズンのライセンスの審査において、東京エクセレンス鹿児島レブナイズ(いづれも2016-17年度はB2所属、かつB2ライセンスを保有)が、ライセンス基準を充足できなかったためにライセンス不交付(B3、またはそれ以下のクラスに自動降格)とする判定が下ったこと、および2017-18年度もB2は18チームで開催する意向であることから、B2・B3入れ替え戦は実施せず、上記の条件を充足したBリーグ準会員、かつB2ライセンスを保有する3クラブ(埼玉ブロンコス、金沢武士団、ライジングゼファー福岡)の中から上位2クラブをB2に推薦(事実上の自動昇格)とすることになった[4]

結果[編集]

ファーストステージ[編集]

 2016年9月30日~10月30日

順位 チーム名 勝率 得点 失点 勝ち点
1 ライジングゼファーフクオカ 9 1 .900 0.0 866 658 3
2 東京八王子トレインズ 8 2 .800 1.0 654 568 2.5
3 金沢武士団 7 3 .700 2.0 623 552 2
4 大塚商会アルファーズ 4 6 .400 5.0 777 859 1.5
5 東京サンレーヴス 1 9 .100 8.0 693 823 1
6 埼玉ブロンコス 1 9 .100 8.0 689 842 0.5

レギュラーシーズン[編集]

 2016年11月11日~2017年3月19日

B3リーグ 2016-17レギュラーシーズン成績
レギュラーシーズン 勝ち点 天皇杯
# チーム リーグ 地区 順位 勝率 ゲーム差 ホーム アウェイ 自地区 他地区 得点 失点 点差 総合 結果 備考 HC ref. 結果

1 金沢武士団 B3 1 29 3 (.906) 0 17-3(.850) 12-0(1.000) 29-3(.906) 0-0(–) 2686 1948 738 1 1位 勝ち点 5 鈴木裕紀 [5]
2 ライジングゼファーフクオカ B3 2 28 4 (.875) 1.0 15-3(.833) 13-1(.929) 28-4(.875) 0-0(–) 2646 2076 570 2 2位 勝ち点 4.5 堀健太郎 [6]
3 東京八王子トレインズ B3 3 21 11 (.656) 8.0 11-7(.611) 10-4(.714) 21-11(.656) 0-0(–) 2555 2308 247 3 3位 勝ち点 4 石橋貴俊 [7]
4 大塚商会アルファーズ B3 4 20 12 (.625) 9.0 6-0(1.000) 14-12(.538) 20-12(.625) 0-0(–) 2467 2316 151 4 4位 勝ち点 3.5 山口肇 [8]
5 東京サンレーヴス B3 5 13 19 (.406) 16.0 6-12(.333) 7-7(.500) 13-19(.406) 0-0(–) 2441 2500 -59 5 5位 勝ち点 3 河内健一 [9]
6 アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城 B3 6 13 19 (.406) 16.0 7-7(.500) 6-12(.333) 13-19(.406) 0-0(–) 2385 2552 -167 6 6位 勝ち点 2.5 中嶋謙伍 [10]
7 埼玉ブロンコス B3 7 12 20 (.375) 17.0 8-12(.400) 4-8(.333) 12-20(.375) 0-0(–) 2333 2463 -130 7 7位 勝ち点 2 コリアー・セントクレア [11]
8 豊田合成スコーピオンズ B3 8 5 27 (.156) 24.0 3-13(.188) 2-14(.125) 5-27(.156) 0-0(–) 1925 2445 -520 8 8位 勝ち点 1.5 玖田将夫 [12]
9 東京海上日動ビッグブルー B3 9 3 29 (.094) 26.0 1-13(.071) 2-16(.111) 3-29(.094) 0-0(–) 2014 2844 -830 9 9位 勝ち点 1 家村円 [13]

ゲーム差:1位との差(PO圏との差)  地区1   # :ワイルドカード  QF :準々決勝  3決 :3位決定戦  SF :準決勝   FINAL :決勝 B1:9~14位はPOなし   チャンピオン   B2優勝   昇格   降格   残留  
2019年08月21日更新


ファイナルステージ[編集]

 2017年4月7日~5月7日

順位 チーム名 勝率 得点 失点 勝ち点
1 ライジングゼファーフクオカ 9 1 .900 0.0 912 741 4
2 金沢武士団 8 2 .800 1.0 818 674 3.5
3 東京八王子トレインズ 5 5 .500 4.0 778 809 3
4 東京サンレーヴス 4 6 .400 5.0 795 851 2.5
5 埼玉ブロンコス 3 7 .300 6.0 799 898 2
6 大塚商会アルファーズ 1 9 .100 8.0 716 845 1.5

B3個人スタッツリーダー[編集]

# 得点 リバウンド アシスト スティール
選手名 avg 選手名 avg 選手名 avg 選手名 avg
1 カイル・リチャードソン (大塚商会) 19.344 カイル・リチャードソン (大塚商会) 10.875 熊澤恭平 (アイシン・エィ・ダブリュ) 3.969 池田裕介 (東京八王子) 1.967
2 ブレント・ジェニングス (埼玉) 17.25 マシュー・ケンドリック (豊田合成) 10.194 長谷川武 (大塚商会) 3.781 伊東良太 (東京海上日動) 1.688
3 ジョシュ・ペッパーズ (福岡) 17.067 ジーノ・ポマーレ (金沢) 9.875 隅廣英二 (豊田合成) 3.375 マシュー・アマニング (福岡) 1.452


# ブロックショット FG成功率 3P成功率 FT成功率
選手名 avg 選手名 % 選手名 % 選手名 %
1 マシュー・ケンドリック (豊田合成) 1.677 () 上田雅也 (埼玉) 41.7 熊澤恭平 (アイシン・エィ・ダブリュ) 89.3
2 ブライアン・ハーパー (東京八王子) 1.6 () 池田裕介 (東京八王子) 39 高橋幸大 (東京) 86.4
3 ジーノ・ポマーレ (金沢) 1.125 () 井手勇次 (金沢) 34 ジョセフ・ヲルフィンガー (大塚商会) 86

総合勝ち点[編集]

順位 チーム名 ファースト レギュラー ファイナル 合計
1 ライジングゼファーフクオカ 3.0 4.5 4.0 11.5
2 金沢武士団 2.0 5.0 3.5 10.5
3 東京八王子トレインズ 2.5 4.0 3.0 9.5
4 大塚商会アルファーズ 1.5 3.5 1.5 6.5
5 東京サンレーヴス 1.0 3.0 2.5 6.5
6 埼玉ブロンコス 0.5 2.0 2.0 4.5
7 アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城 - 2.5 - 2.5
8 豊田合成スコーピオンズ - 1.5 - 1.5
9 東京海上日動ビッグブルー - 1.0 - 1.0

出典:【B3】ファイナルステージ順位確定のお知らせ | B3リーグ 公式サイト

観客動員[編集]

チーム 平均/通算 最大/最小

埼玉 883/28245 3083/354

東京CR 680/20409 1386/181

八王子 665/18625 1451/189

金沢 1026/32829 2015/680

福岡 1308/39229 2781/525

大塚商会 408/2447 802/171

東京海上日動 215/3015 889/61

アイシンAW 298/4175 613/66

豊田合成 395/6320 905/169


脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 2015-16シーズンはライジング福岡として参加[2]
出典
  1. ^ 準加盟クラブとして3クラブを認定 2016年9月28日 B.LEAGUE公式サイト
  2. ^ 新クラブ名・ロゴ、新体制発表のお知らせ
  3. ^ “ライジング福岡、新リーグ入会へ 断念一転、県バスケ協会が支援 [福岡県]”. 西日本新聞. (2015年6月15日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/175729 
  4. ^ 入れ替え戦2016-17
  5. ^ STANDING” (201). 2017年4月4日閲覧。
  6. ^ STANDING” (201). 2017年4月4日閲覧。
  7. ^ STANDING” (201). 2017年4月4日閲覧。
  8. ^ STANDING” (201). 2017年4月4日閲覧。
  9. ^ STANDING” (201). 2017年4月4日閲覧。
  10. ^ STANDING” (201). 2017年4月4日閲覧。
  11. ^ STANDING” (201). 2017年4月4日閲覧。
  12. ^ STANDING” (201). 2017年4月4日閲覧。
  13. ^ STANDING” (201). 2017年4月4日閲覧。

関連項目[編集]