BABEL国際翻訳大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

BABEL国際翻訳大賞(バベルこくさいほんやくたいしょう)は、かつて株式会社バベル(バベルプレス)刊行の翻訳雑誌『翻訳の世界』が主催していた、翻訳本を対象とした文学賞。バベル翻訳奨励賞、日本翻訳大賞バベル翻訳大賞とも。

概要[編集]

1976年昭和51年)の『翻訳の世界』発刊とともに、日本と海外を結ぶ翻訳の普及と新人発掘を目指して「バベル翻訳奨励賞」が創設された。1991年平成3年)、同誌が実施していた「ベスト翻訳書アンケート」の集計結果により「バベル翻訳大賞」が創設され、ウンベルト・エーコ薔薇の名前』(河島英昭訳)が受賞した。1994年(平成4年)には賞全体を「バベル翻訳大賞」として再編・改称した。

2000年(平成12年)の『翻訳の世界』終刊でいったん休止、後進の『eとらんす』で2003年(平成15年)に再開したが、2005年(平成17年)の『eとらんす』の終刊により、賞も終了した。

  • バベル翻訳奨励賞:新人翻訳者登竜門としての賞。優秀賞受賞者が中心となって翻訳出版する権利が授与された。
  • 日本翻訳大賞:前年度の翻訳書の中で最優秀とされる作品を刊行した翻訳書・翻訳者に授与された。
  • BABEL新人賞:前年度の翻訳書の中で優秀とされる新人翻訳者に授与された。

主な受賞者・受賞作[編集]

日本翻訳大賞[編集]

第1回1991年翻訳の世界』2月号)

第2回1992年

第3回1993年『翻訳の世界』2月号)

第4回1994年『翻訳の世界』3月号)

第5回1995年『翻訳の世界』3月号)

第6回1996年『翻訳の世界』3月号、8月号)

第7回1997年『翻訳の世界』3月号)

  • 大賞(=エンタテインメント部門ベスト作品):宮脇孝雄ジョン・ダニング『死の蔵書』ハヤカワ・ミステリ文庫(ベスト翻訳書ではなく、部門ベスト1が受賞したのは初)
  • 文学部門(=ベスト翻訳書):丸谷才一高松雄一永川玲二ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ (1)(2)』集英社
  • 絵本、児童文学部門:江國香織、イヴ・バンティング (著),デイヴィッド・ウィーズナー (イラスト)『夜がくるまでは』ブックローン出版
  • アート部門:坂上桂子、リンダ・ノックリン『絵画の政治学―フェミニズム・アート』彩樹社
  • ノンフィクション部門:村上春樹、マイケル・ギルモア『心臓を貫かれて』文藝春秋
  • 学術部門:木田元・渡辺祐邦・須田朗徳永恂三島憲一・宮武昭、テオドール・W・アドルノ『否定弁証法』作品社

第8回1998年『翻訳の世界』3月号)

第9回1999年『翻訳の世界』3月号)

賞を実施せず2000年『翻訳の世界』4月号)

賞を実施せず2001年『eとらんす』4月号)

賞を実施せず2002年『eとらんす』4月号)

第10回2003年『eとらんす』4月号)

第11回2004年『eとらんす』4月号、2005年1月号)

BABEL新人賞[編集]

BABEL国際翻訳大賞以前の『翻訳の世界』ベスト翻訳書[編集]

1990年『翻訳の世界』2月号

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より

参考文献[編集]