BACHプラザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BACHプラザ
ジャンル 公営競技情報番組
出演者 井上英里香(月 - 水曜日)
堂前英男(木 - 日曜日)
製作
制作 テレビ埼玉
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1991年3月30日 - 現在
公式サイト
レースダイジェスト BACHプラザ
放送期間 1991年3月30日 - 2008年3月31日
放送時間 毎日 22:30 - 23:00
放送分 30分
バッハプラザ → BACHプラザ
放送期間 2008年4月1日 -
放送時間 毎日 22:30 - 23:00
放送分 30分

特記事項:
2004年4月から2007年3月までの土曜は「レースダイジェスト BACHプラザサタデー」として放送。
2017年4月1日から2018年3月31日まで22:30 - 22:55で放送
通算放送回数:10000回(2018年8月14日現在)
テンプレートを表示

BACHプラザ(バッハプラザ)は、テレビ埼玉(TVS)で毎日に放送している公営競技のレースダイジェスト番組。1991年3月30日放送開始。2008年4月1日よりハイビジョン制作[1]

概要[編集]

埼玉県内にある戸田ボートレース場川口オートレース場大宮競輪場西武園競輪場浦和競馬場で行われる各競走(レース)について、進行役の総合司会とそれぞれの専門解説者・レポーターが当日のレースダイジェスト・解説や翌日のレース予想・解説を行う番組[2]。テレビ埼玉の情報番組では唯一、365日CM無しで放送する完全帯番組であり、通算の放送回数は2018年8月14日で10000回を達成した[3][4]

タイトルのBACHはボートレースBoat Race)、オートレースAuto Race)、競輪Cycle)、競馬Horse Race)のそれぞれの英語の頭文字から取ったものであった[5] 。これは、英語読みでは「バーク」となるが、ドイツ語読みでは、音楽家と同じく「バッハ」となる[6][7]

ボートレースを除く各競技の開催最終日は専門解説者の出演はなく、司会によるコーナー進行。まず優勝戦のダイジェストを放映した後、優勝戦の勝利者インタビューが放映され(レース中のアクシデントなどで優勝戦が不成立になった場合を除く)、その日のレース結果が放映される。そして、エンディングでその競技の優勝戦のダイジェストVTRが放送され、その日の番組終了となる。逆に、公営競技の開催が全く無い日、および開催前日の展望が1競技のみの日は、特集と題して過去に行われたレースをダイジェストで振り返るVTRが放送される。また、各レース場(県外のレース場も含む)の施設案内、及び各本場にて開催されたイベントのVTRが放送されることもある。

過去に公営競技の全競技が開催された日(最終日を除く)や重賞・特別競走(特に川口オートレース場における特別競走)が行われる時期には、15〜30分拡大されて放送されることがあった。ただし2008年のリニューアル以降、放送時間の拡大はない。リニューアル後、2009年3月までは、画面下部に県外で行われた各競技の結果(県内で場外発売された競技がメインになる)やお知らせなどが常時表示されていたが、2009年4月以降は再びレースダイジェスト、展望の後、「場外発売の結果」が個別に表示されるようになった。


BACHプラザ・サタデー[編集]

2004年4月から2007年3月まで、土曜日は「BACHプラザ・サタデー」というタイトルで放送され、ふとがね金太・唐澤百合が司会だった。番組内容も通常とは違い、公営競技の選手をゲストに迎えてのトークや公営競技関係のイベントのレポート、「Dr.Kassy(梶山修)」による公営競技の様々な解説など多種多様なコーナーが放送された。番組の最後の方では通常のレースダイジェストが放送されたが、専門解説者による翌日のレース解説は省略されていた。

BACHプラザ・サタデー終了後、それ以降の毎週日曜日は、この番組内容を一部引き継いで放送していたが(専門解説者のレース解説が復活した)、リニューアルに伴い2009年3月29日をもって終了。4月以降、通常版で放送されている。

全公営競技のレースダイジェスト・結果を放送している番組は、関東に限ればテレビ埼玉のみである(ちなみに、5いっしょ3ちゃんねるに含まれる群馬テレビは伊勢崎オートレース場のレース展望番組のみ)。

変遷[編集]

開始当初は「レースダイジェスト BACHプラザ」(レースダイジェスト バッハプラザ)というタイトルだった。

2008年4月1日よりタイトルを「バッハプラザ」と改め、番組が始まって以来の大幅なリニューアルを図った(同局では新番組扱いとしたが、放送回数のリセットはしていない)。これはその前日をもって、浦和競馬がスポンサーから撤退したことによる[8]2011年4月に浦和競馬がスポンサー復帰して、3年ぶりに「BACH」の計5場全競走が復活することになった[9]

その後、2016年4月から2018年3月までボートレース戸田がスポンサーから撤退し、オートレースは川口以外の開催も全レースVTRを流す形になり、2017年4月から2018年3月までは放送時間が25分に短縮されていた[10]

2018年4月からボートレース戸田が復帰して、2年ぶりに「BACH」の計5場全競走が復活することになり、番組タイトルも「BACHプラザ[11]に、放送時間も再び30分に戻った。また、番組公式サイトで地上波と同時配信[12]を行い、放送終了後23時30分から翌22時30分まで当日オンエア分の見逃し配信を実施する[13]

出演者[編集]

司会[編集]

2019年4月現在

レポーター[編集]

2019年4月現在

  • ボートレース:無し
  • オートレース:無し
  • 競輪:無し
  • 競馬:無し

解説者[編集]

2019年4月現在

  • ボートレース:お笑いコンビ「怪獣」のすーなか(2018年4月より、優勝戦前日・優勝戦当日に出演、優勝戦勝利者インタビューも行う)[17]
  • オートレース:無し
  • 競輪:小池和博(元競輪選手、2018年12月21日より)
  • 競馬:無し

過去の出演者[編集]

  • 蘇武直人(初代司会者)[18]
  • 村山直之(初代司会者)[18]
  • 松本浩之
  • 小林大(現姓名:小林習之)
  • 金子安雄(元競艇解説、元競艇選手
  • ふとがね金太(2009年3月まで毎週日曜日出演)
  • 田中冴花(2009年3月まで隔週日曜日出演)
  • レオナ(2009年3月まで隔週日曜日出演)
  • 武田あかり(元競輪リポーター 2009年3月まで出演)
  • 白石淑子(元オートレースリポーター 2009年3月まで出演)
  • 西岡麻生(元ボートレースリポーター 2011年4月まで出演)
  • 櫻崎歩(元オートレースリポーター 2012年3月まで出演)
  • 長久梨那(元ボートレースリポーター 2012年3月まで出演)
  • 高井理江(元競馬リポーター・元月曜日司会 2016年3月まで出演)
  • 梶山修(火 - 木曜日司会 ※現在療養中)[19][16]
  • 伊藤公人(元競輪解説、元競輪選手、2018年9月2日死去、61歳没)[20][21]
  • 松本実優(元オートレースリポーター 2016年10月から2019年3月まで出演)[14][22]

など

バッハプラザ賞[編集]

毎年12月頃、番組内にて、その年の各公営競技で最も活躍した埼玉の選手をファン投票で選出する。

投票は、以下の要領で受け付ける。

  • 各競技の本場での投票
    • 埼玉県内の各本場及び場外にて「投票日」が1日設けられる。投票日は番組内にて案内される。
  • ハガキ、及びEメールからのファン投票

これまでの受賞者は、以下のとおり。なお、受賞者の表彰は埼玉県内の各本場で行われる。

年度 ボートレース 競輪 オートレース 競馬
2007年 平石和男 平原康多 深谷輝 繁田健一
2008年 森且行 -
2009年
2010年 高橋義弘
2011年 須藤博倫 青木治親 繁田健一

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在レースの映像は、全てハイビジョンに対応しているが、かつてはいち早く対応した戸田ボートレース場以外は、浦和競馬場・川口オートレース場は2012年10月から、大宮競輪場・西武園競輪場は2016年ごろに対応している。
  2. ^ 2019年現在、競馬・オートレースは専門解説者の出演はなく司会によるコーナー進行、予想は専門紙提供による記者予想を読み上げるのみ。ボートレースは開催前日から優勝戦前々日まで司会によるコーナー進行、予想は専門紙提供による記者予想を読み上げ、優勝戦前日・優勝戦当日に解説者が出演。レポーターは不在。
  3. ^ 徹子の部屋追随…テレ玉鉄人無休番組14日で1万回”. 日刊スポーツ. 2018年8月13日閲覧。
  4. ^ ただし選挙特番等が放送される場合、放送時間が繰り上がるか繰り下がる場合がある。
  5. ^ 日本で4種類の公営競技の会場が揃っているのは埼玉県だけである(JRAの競馬場を加えれば、福岡県も該当する。また群馬県も、2004年高崎競馬場の開催が終了するまで該当していた。跡地に高崎場外(BAOO高崎・JRA高崎場外)が開設されており、群馬県内で勝馬投票券を現金購入することは現在も可能である)。
  6. ^ この事は、第1回放送の冒頭でタイトル命名の理由を説明する際に明らかにしている。
  7. ^ 【埼玉経済ウオッチ】テレビ埼玉の川原社長に聞く 「全国発信できる番組つくる」”. 産経新聞(2019年8月14日作成). 2019年8月14日閲覧。
  8. ^ ただし、Hの頭文字である競馬の情報を扱わなくなったとしても、「バックプラザ(BACプラザ)」への名称変更はしなかった。
  9. ^ この時に変わったのは、浦和競馬の情報扱い再開のみで、「BACHプラザ」へのタイトル復帰など再リニューアルはしていない。
  10. ^ ただし、Bの頭文字であるボートレースの情報を扱わなくなったとしても、「ハックプラザ(HACプラザ)」への名称変更はしなかった。
  11. ^ 番組タイトルのロゴが、放送開始当初のものに戻された。
  12. ^ 実際にはテレビから20秒ほど遅れる。
  13. ^ 4月1日から、テレ玉の公営競技情報番組「BACH(バッハ)プラザ」がパワーアップ! テレ玉 News Release 2018年3月27日
  14. ^ a b ご報告☆”. エリカのちょこリポ! 3・2・1・Q!. アメーバブログ. 2018年4月6日閲覧。
  15. ^ a b 井上・堂前がスケジュールの都合で担当曜日に出演できない場合、担当外の曜日に出演する事がある。
  16. ^ a b 2009年3月までは、木曜日は梶山と堂前が隔週で司会を担当していた
  17. ^ 怪獣 すーなか”. Twitter. 2018年4月6日閲覧。
  18. ^ a b 番組開始当初は蘇武直人村山直之が隔週で担当していた。
  19. ^ テレビ埼玉☆”. エリカのちょこリポ! 3・2・1・Q!. アメーバブログ. 2018年4月6日閲覧。
  20. ^ 元選手の伊藤公人さん☆”. エリカのちょこリポ! 3・2・1・Q!. アメーバブログ. 2018年4月6日閲覧。
  21. ^ 伊藤公人氏が死去 G1などで活躍、422勝”. 日刊スポーツ (2018年9月3日). 2018年10月22日閲覧。
  22. ^ 井上英里香@アナウンサー”. Twitter (2019年3月28日). 2019年3月30日閲覧。

関連項目[編集]