BALDRHEAD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BALDRHEAD〜武装金融外伝〜
対応機種 Windows95/98
BALDR MASTERPIECE CHRONICLE収録版
7/8/8.1/10
発売元 戯画
ジャンル アクションゲーム
発売日 1999年7月2日
価格 9,240円(税抜8,800円旧版)
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可
メディア CD-ROM
画面サイズ 640×480
BGMフォーマット PCM
キャラクターボイス 一部あり
CGモード あり
メッセージスキップ あり

BALDRHEAD〜武装金融外伝〜』(バルドヘッド ぶそうきんゆうがいでん)は、1999年7月2日戯画から発売された18禁アクションゲーム、および本作を含むバルドシリーズのアダルトゲームを製作したチーム名。詳細はTEAM BALDRHEADの項を参照。

ノベルADVが氾濫する中、見下型2Dロボットアクションゲームとして製作された。

ストーリー[編集]

超高度文明が崩壊し、衰退の一途を辿る近未来。主人公のバルディ・カークランドは武装金融業者で、滞納者には汎用ロボットを操っての強制取り立ても辞さないが、そのくせ人情味のある男。ある日、取立てのために潜った地下シェルターの中から一人の少女を保護したことをきっかけに、大企業の陰謀に巻き込まれる。

登場人物[編集]

バルディ・カークランド
金と女と危険をこよなく愛する主人公。関西弁で父は正直者カークランドと言われる温厚な金融業者だったらしいが、バルディいわく性格は似ていないらしい。GIGASの操縦には天下一品の腕を誇り、一時期は傭兵として世界を回っていた。父と同じ金融業に生業を変えた際も手段を選ばない非道な取り立てで界隈を騒がせていたが嫌気がさして、女たらしでしがないが情と義理に重んじる生活をする様になる。
ニィナ・クーガー
借金のカタにバルディのメイドとなった女性。あまり有能ではないがバルディとの関係はそこそこ良好。
メイ・ルイス
ビル・ルイスへの取り立てのために訪れたシェルターで発見されたビル・ルイスの娘。その後、借金の代わりとして保護され、ニィナと共にビフロストで暮らすようになる。バルディの事を変人と思っており、彼とやり取りを終えた後は口癖のように「変な人」と漏らす。実は人間ではなく、バルドルを復活させるための人型の端末である。その為、ジャハナムから狙われることとなる。
ビル・ルイス
メイの父親。行方不明となっている。終盤で再会するもジャハナムらによって薬物投与されていたことで病院に搬送される。後に回復し、最終決戦時にバルディに助言を与える。
リタ・デルーシア
立ち寄った町のメカニック。小さな工場を自分の腕で切り盛りしているが、最近は経営難に陥っている。因みにバルディの事務所は彼女の工場内の一角にあり、キャリアトラックを工場に預けたら仕事に支障が出るという理由で強引に居候したため、やむなくバルディに工場の空き部屋を事務所として提供している。
アリ、イーマ、オシマ
父の代からリタの整備工場で働いている三人の中年整備士。リタの両親が亡くなってからは彼女の保護者として面倒を見ている。
ヘレン・メッツアー
金融ギルドの主任を務める女性。仕事不足に嘆くバルディに仕事を仲介するが、バルディの前科を知る顧客から忌み嫌われているため、彼女が彼の名前を優先的に出しても引き受ける顧客が少ない。実は金融ギルドの主任やヘレンの名前は仮のもので、エレミーに忠誠を誓うジャハナム社の幹部「ラミカ・ストンコールド」として暗躍している。本名は「ヘレン・カークランド」で、バルディの実の姉にあたる。
イレーナ・スコルピオ
山賊団の頭領。後にビフロストの西側でぼったくりバーを開いて、娘と共に生計を立てる。彼女曰く、バルディは死んだ自分の夫と面影と性分が似ているとのこと。
マリィ・スコルピオ
イレーナの娘。仲睦ましい様に見えるが、バルディと親子間のつまらないプライドを巡ってか、変な喧嘩が度々生じることも。
アン、スウ、ミリィ
イレーナの部下である三人の女性。全員顔に入れ墨がある。
ジェシカ・ガードナー
高級住宅街に聳えるガードナー家の長女。父とは仲が悪く、思想の違いで喧嘩も絶えなかったが、バルディと出会うことで不自由のない生活を送りながらも、刺激がない日常に飽き飽きしていた彼女も、数奇な運命に魅かれていく。
ミシェル・ヘイワーズ
田舎から失踪した兄を追って、ビフロストに迷い込んだGIGAS乗りの女の子。兄の気配を感じてしばらくビフロストに滞在する。明るく活発な性格だが、東西南北の区別ができない極度の方向音痴で、自身も頭の悪さを自覚している。
リズ・マクマホン
ヘレン主任の部下。元々彼女は職場で窓際族だったが、人事異動でビフロストの金融ギルドに転属された。
ミセス・レイヴェン
修道女の様な格好をした未亡人の熟女。バルディが死んだ夫と似ていることで彼に惚れる。
サチコ・オースティン
ビフロストの酒場でアルバイトする女性。重病で入院している父が原因で母が蒸発。その後、彼女一人で父の面倒を看るも治療費で借金が嵩み、明るい兆しも見えない生活に悲観して、自身の悲しい生い立ちを他人に口外する奇癖を持つようになる。
ジョディ・マードック
中央病院に勤務している看護婦。患者のことをお客さんと呼ぶ癖がある。
エレミー・ジャハナム
ジャハナム家十五代総帥。失われたロスト・テクノロジーの最大の遺産である「バルドル」の復活を企む謎の女。

ゲーム形式[編集]

章は前半のADV(アドベンチャー)パートと後半のACT(アクション)パートの2つに分かれ、ACTパートでは汎用ロボットGIGASに搭乗して戦闘を繰り広げる。

ADVパート[編集]

基本的に他のADVゲームと同様に、クリックして文章を追いながらストーリーを進行させていく従来の方式(文章パート)と、街中や野外をMAP上のシンボルをクリックして移動しながら進めていく。

なお、文章パートを開いている途中はメニューを開くことができない。よって、セーブや兵器のカスタマイズと購入などはMAP上のみになる。

ACTパート[編集]

操作に必要なのは方向キーとダッシュキー、そして武装を割り当てる3種の攻撃キーで、複雑なコマンド入力無しでコンボが繋げられる容易さと、武器換装/改造システムや独特のヒートゲージシステムを特長とする。

ACTパートの開始時には「ACTION START!」というアナウンスが流れ、ダンジョン内を検索しながら進めていく。特定のポイントに差し掛かると戦闘が発生し、周囲の敵を全滅させるまでメニューを開いたりそのマップ周辺から移動することはできない。

ダンジョン内には紙切れとコンテナが配置されており、紙切れにはゲームの操作テクニックやコツ、各兵器に関する細かい情報、ゲーム進行や隠し要素のヒントなども書かれている。

コンテナからはバルディが生きている時代では失われたロスト・テクノロジーで生産された「レアメタル」と呼ばれる遺物が手に入り、「レアメタル」は武器の購入・改造などに使う資金に交換される。

TEAM BALDRHEAD[編集]

本タイトルを作成したTEAM BALDRHEADはバルドチームと略される。

本タイトルの続編・外伝として、

  • 装甲姫バルフィス(第2作)
  • BALDR BULLET(第3作)
  • BALDR FORCE(BALDR FORCE EXE)(第4作)
  • BALDR BULLET "REVELLION"(3作目のリメイク作)
  • Xross Scramble 〜TEAM BALDRHEAD Perfect Collection〜(外伝集)
  • BALDR SKY "Lost Memory" Dive1(5作目、第一部)
  • BALDR SKY "RECORDARE" Dive2(5作目、第二部)
  • BALDR SKY DiveX "DREAM WORLD"(5作目のファンディスク)
  • BALDR SKY ZERO(6作目)
  • BALDR SKY ZERO 2(7作目)
  • BALDR HEART(BALDR HEART EXE)(8作目)
  • BALDR BRINGER(BALDR BRINGER EXTEND CODE)(9作目、シリーズ最終章)
  • SKY & HEART LAST SURVIVAL

のタイトルが発売されている。

※BALDR BULLET "REVELLION"、BALDR SKY ZERO、BALDR SKY ZERO 2の開発は戯画であり、TEAM BALDRHEADのクレジットはない。

ストーリー上の世界設定は『装甲姫バルフィス』が本作の2年前、『BALDR BULLET』がさらに200年ほど前の出来事として描かれているが、倒置の順で作られているため、例えばあの作品に出る○○というキャラは、この作品では遠い親に当たるなどの描写がほぼ皆無であり、4作目の『BALDR FORCE』はこれらの作品とは全く別の世界での話になる。更には『BALDR SKY』ではBALDRHEAD及びBALDRシリーズの設定・概念を受け継いだ独立の作品になっているが、「黒幕が女性」「人工の神」といったキーワード等共通する点も多い。『BALDR HEART』では『BALDR FORCE』や『BALDR SKY』と同一世界であることを示唆する描写も存在するが、『BALDR BRINGER』ではそれぞれ異なる並行世界として描かれている。

ACTパートは基本的なシステムは全てのシリーズに引き継ぎつつ進化している。

他のEDを見るには、その都度新しくゲームを始める必要があり、武器の状況・フラグなども引き継げないため、常に新規の状態で進めなければならない。またその周での全ての兵器の入手と改造の両立は不可能に等しい。バルフィス以降では入手した兵器・状況などをそのまま次の周に受け継ぐ「引き継ぎ要素」が常備されるようになった。

本チームは後に、バルドシリーズとはまったく別の『DUEL SAVIOR』、『マテリアルブレイブ』などを製作。こちらも好評でシリーズ化し、戯画を代表するブランドとなっている。

関連商品[編集]

  • バルドヘッド〜武装金融外伝〜 コンプリートガイドブック
    • 1999年8月発行、勁文社刊、ISBN 4-7669-3291-9

関連項目[編集]