BAND WAGON

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
BAND WAGON
鈴木茂スタジオ・アルバム
リリース
録音 1974年10月28日 (1974-10-28) - 11月28日
Different Fur Studio, San Francisco
Clover Studio, Hallywood
ジャンル ロック
レーベル PANAMCROWN
プロデュース 鈴木茂
鈴木茂 年表
- BAND WAGON
1975年
幻のハックルバック
1976年
『BAND WAGON』収録のシングル
  1. 「八月の匂い/スノー・エキスプレス」
    リリース: 1975年
  2. 「100ワットの恋人」
    リリース: 1975年
  3. 砂の女/微熱少年
    リリース: 2017年4月5日 (2017-04-05)
テンプレートを表示

BAND WAGON』(バンド・ワゴン)は、1975年3月25日に発売された鈴木茂通算1作目のスタジオ・アルバム[1]

概要[編集]

鈴木茂曰く“ティン・パンのメンバーを裏切るような形で渡米して作った”という本作。当初、鈴木はジェームス・ギャドソン(James Gadson)やジェームス・ジェマーソンJames Jermerson)といったメンバーをオーダーしたが、コーディネーターの手違いから、予定していたメンバーを手配出来なかったという。また、レコーディングのために鈴木がアメリカに行ってしまったために、東京のスタジオでは、ストラトキャスターを鈴木のように弾けるギタリストがいなかったため、代わりに当時バイ・バイ・セッション・バンドのメンバーだった伊藤銀次が呼ばれていた。鈴木によれば、林立夫細野晴臣がクラウンのスタジオで、出来上がった本作を興味津々で聴いていたという[2]

「砂の女」と「100ワットの恋人」は、本作をライブで再現するために結成されたバンド“ハックルバック”が、エンジニア田中信一からの発注でオーディオ・フェアの山水ブースで流す目的で同年10月にレコーディングされ、バンド解散後の1976年に『幻のハックルバック[注 1]としてリリースされた。

2014年5月13日 (2014-05-13)には、東京・渋谷WWWで行われた“アーティストが自身のアルバムを収録曲順通りに演奏するライブシリーズ”『HMV GET BACK SESSION』にて、『BAND WAGON』を再現するライブ『HMV GET BACK SESSION Special 鈴木茂「BAND WAGON」LIVE』が行われた[3][4]

収録曲[編集]

SIDE A
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
1. 砂の女 松本隆 鈴木茂
2. 八月の匂い 松本隆 鈴木茂
3. 微熱少年 松本隆 鈴木茂
4. スノー・エキスプレス(INSTRUMETAL)   鈴木茂
合計時間:
SIDE B
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
1. 人力飛行機の夜 松本隆 鈴木茂
2. 100ワットの恋人 松本隆 鈴木茂
3. ウッド・ペッカー(INSTRUMETAL)   鈴木茂
4. 夕焼け波止場 松本隆 鈴木茂
5. 銀河ラプソディー 松本隆 鈴木茂
合計時間:

スタッフ・クレジット[編集]

砂の女[編集]

八月の匂い[編集]

  • Bass: Doug Rauch
  • Drums: David Garibaldi
  • Piano: Bill Payne
  • Vocal, Guitar: Shigeru Suzuki
  • Trumpet: Gene Goe
  • Tenor sax: Pete Christlieb
  • Trombone: Dick Slyde Hyde
  • Horn Arranged by Kirby Johnson

微熱少年[編集]

  • Bass: Doug Rauch
  • Drums: Greg Errico
  • Clavinet: Don Grusin
  • Piano: Bill Payne
  • Vocal, Guitar: Shigeru Suzuki
  • Horn Arranged by Kirby Johnson

スノー・エキスプレス[編集]

人力飛行機の夜[編集]

  • Bass: Doug Rauch
  • Drums: Greg Errico
  • Clavinet: Wendy Haas
  • Piano: Bill Payne
  • Vocal, Guitar: Shigeru Suzuki

100ワットの恋人[編集]

  • Bass: Doug Rauch
  • Drums: Greg Errico
  • Strings Synthesizer, Clavinet: Wendy Haas
  • Piano: Bill Payne
  • Vocal, Guitar: Shigeru Suzuki

ウッド・ペッカー[編集]

  • Bass: Doug Rauch
  • Drums: Daivid Garibaldi
  • Keyboards: Don Grusin
  • Guitar: Shigeru Suzuki
  • Horn Arranged by Kirby Johnson

夕焼け波止場[編集]

  • Bass: Ken Gradney
  • Drums: Richie Hayward
  • Piano: Bill Payne
  • Congas: Sam Clayton
  • Vocal, Guitar: Shigeru Suzuki

銀河ラプソディー[編集]

  • Bass: Doug Rauch
  • Drums: Greg Errico
  • Piano: Bill Payne
  • Strings Synthesizer, Vocal, Guitar: Shigeru Suzuki
  • Horn Arranged by Kirby Johnson

スタッフ[編集]

  • Produced by Shigeru Suzuki
  • Directed by Tsuguo Sato, Seiji Kuniyoshi, Takashi Kuwahara
  • Engineers: Dane Butcher, Mike Boshears
  • Recorded at Different Fur Studio, San Francisco / Clover Studio, Hallywood
  • Mastering: Bernie Grundman, A&M Cutting room, Hollywood
  • Recording Date: 28th Oct. ~ 28th Nov. 1974
  • Recording Manager: Katsunori Wakaki
  • Photography: Takumi Uchida, Shoichi Sakomizu, Eiji Ogura
  • Jacket Designer: Michiko Ohshima
  • Special Thanks to Tin-Pan-Alley

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 鈴木茂とハックルバック、1975年ライブ音源CD化”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年9月23日). 2015年9月23日閲覧。
  2. ^ 鈴木茂、近藤正義 『自伝 鈴木茂のワインディング・ロード』 株式会社リットーミュージック2016年3月25日、153-171頁。ISBN 978-4-8456-2793-6。「第九章 『バンドワゴン』」
  3. ^ 鈴木茂の1stソロアルバム『BAND WAGON』再現ライブ、ハックルバックのメンバーも出演”. CINRA.NET. 株式会社CINRA (2014年3月10日). 2014年3月10日閲覧。
  4. ^ 鈴木茂、歴史的名盤「BAND WAGON」再現ライブ実施”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2014年3月10日). 2014年3月10日閲覧。