BAN BAN BAN (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BAN BAN BAN
キャプテンストライダムスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
ハードロック
J-POP
時間
レーベル yeah yeah yeahレコード
プロデュース 久保田光太郎笹路正徳
チャート最高順位
キャプテンストライダム 年表
108DREAMS
2006年
BAN BAN BAN
2007年
音楽には希望がある
2008年
『BAN BAN BAN』収録のシングル
  1. 風船ガム
    リリース: 2006年6月7日
  2. 恋するフレミング
    c/w 明日の真下」

    リリース: 2006年10月18日
  3. LONE STAR
    リリース: 2007年2月7日
テンプレートを表示

BAN BAN BAN(バン・バン・バン)は、キャプテンストライダムのメジャー2枚目のアルバム。通算3枚目のアルバムにあたる。

解説[編集]

初回生産盤はPV3曲、ライブ演奏10曲入りのDVDが付属。

2007年春に渋谷公会堂ライブ「BIG BAN」及びアルバムツアー「TOUCH THE MUSIC TOUR」を開催。

ジャケットは浅川英郎による撮影。モデルの女の子は加治彩也香。アルバム解説文はいとうせいこう

コマーシャルにはダイノジが出演。

収録曲[編集]

  1. クリーンタウン (3:49)
    (作詞・作曲・編曲:キャプテンストライダム・久保田光太郎
  2. ペラペラ (2:44)
    (作詞・作曲:永友聖也 編曲:久保田光太郎・キャプテンストライダム)
  3. LONE STAR (album ver.) (3:41)
    (作詞・作曲:永友聖也・久保田光太郎 編曲:久保田光太郎・キャプテンストライダム)
    アルバムバージョンで、シングルバージョンとはイントロの入り方が異なる。ベストアルバム『ベストロリー』にはシングル・バージョンで収録されている。
  4. ケムリマン (5:20)
    (作詞・作曲:永友聖也 編曲:久保田光太郎・キャプテンストライダム)
    永友が特撮ファンということで制作された楽曲。タイトルには「パイナポーマン」などの候補があったという。菊住守代司のお気に入りの一曲[2]
    ベストアルバム『ベストロリー』にも収録されている。
  5. 明日の真下 (album edit) (3:35)
    (作詞:久保田洋司 作曲:永友聖也 編曲:久保田光太郎・キャプテンストライダム)
    アルバムバージョンでの収録。
  6. 風船ガム (4:15)
    (作詞:松本隆 作曲:永友聖也 編曲:笹路正徳・キャプテンストライダム)
    ベストアルバム『ベストロリー』にも収録されている。
  7. アナグルマ(3:39)
    (作詞・作曲:永友聖也 編曲:久保田光太郎・キャプテンストライダム)
    友達の車に穴が空いた実話を基にしている。
  8. COME'ON COME'ON COME'ON (2:52)
    (作詞・作曲:永友聖也 編曲:久保田光太郎・キャプテンストライダム)
  9. 帰れやしないぜ (3:07)
    (作詞・作曲:永友聖也 編曲:久保田光太郎・キャプテンストライダム)
  10. 恋するフレミング(6:08)
    (作詞・作曲:永友聖也 編曲:久保田光太郎・キャプテンストライダム)
    • 6thシングル。
    AC/DCへのリスペクトをストレートに出した。
  11. 長い坂の登る途中 (5:27)
    (作詞・作曲・編曲:キャプテンストライダム・久保田光太郎

初回限定盤付属DVD[編集]

ライブパート[編集]

『ebisu LIQUIDROOM MONTHLY LIVE』からのライブ映像で、それぞれのライブタイトルはサンバルカンから採られている。

2006.9.23 EAGLE NIGHT テーマ・ソウルフル

  1. 犬の生活
  2. フランクフルト
  3. ブッコロリー
  4. 影の無い男

2006.10.22 SHARK NIGHT テーマ・バンドロック

  1. 悲しみのシミかな
  2. 森はサンデー
  3. 明日の真下
  4. 恋するフレミング

2006.9.23 PANTHER NIGHT テーマ・オーガニックグルーヴ

  1. キミトベ
  2. マウンテン・ア・ゴーゴー

クリップパート[編集]

  1. 風船ガム (ディレクター・児玉裕一
    ストップモーションを用いており、撮影には24時間かかった[3]
  2. 恋するフレミング (ディレクター・長添雅嗣
    曲のイメージに合わせ、70年代のPV風に撮影。
  3. LONE STAR (ディレクター・スミス
    曲の疾走感やスピード感を障害物競走で再現したというもの。障害物競走のシーンは千葉県習志野市の袖ヶ浦団地内に所在するショッピングセンターで撮影された。また、「アメリカ横断ウルトラクイズ」のオマージュと思わせるシーンも存在する[4]

ライブ映像作品[編集]

シングルについては各項目を参照

クリーンタウン

ペラペラ

ケムリマン

アナグルマ

COME'ON COME'ON COME'ON

帰れやしないぜ

長い坂の登る途中

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ BAN BAN BAN|キャプテンストライダム”. ORICON NEWS. 2018年9月9日閲覧。
  2. ^ キャプテンストライダム|『ベストロリー』SPECIAL PAGE 永友聖也による全32曲解説”. キャプテンストライダム. 2018年9月9日閲覧。
  3. ^ JUNGLE★LIFE 103号:2006年6月”. JUNGLE LIFE. 2018年9月9日閲覧。
  4. ^ JUNGLE★LIFE 111号:2007年02月”. JUNGLE LIFE. 2018年9月9日閲覧。