BARBEE BOYS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
BARBEE BOYS
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック[1]
活動期間
レーベル Epic Records
公式サイト 21世紀 BARBEE BOYS
メンバー
旧メンバー 安部隆雄(ベース)

BARBEE BOYS(バービーボーイズ)は、ツインボーカル編成の男女5人組で構成される日本ロックバンド

1982年に結成され、1984年にデビューした後に1992年に解散。その後幾度か再結成された後、2018年より本格的に再始動。

概要[編集]

メンバーはKONTA(近藤敦)、杏子いまみちともたか(イマサ)、ENRIQUE、小沼俊昭(コイソ)の5人。KONTAと杏子による男女混声ツインボーカルが特徴。

バンド名は、いまみちによると酒場でたむろするゴロツキの意味「barfly」と付けたかったが、「fly」が「ハエ」とあまり品がないため「ハチ」を意味する「bee」に変えたことに由来するとしているものの、ある時の打ち上げでKONTAが持ち込んだバービー人形に由来するとも語っている[2]。なお、女性を含むにも拘らず「BOYS」を名乗るのは杏子が加入する前はメンバーが全員男性であることと、シティボーイズに由来しているが、結果的にガールが加入したことで矛盾が生じたことよりも、歳をとってもボーイズを名乗り続けなければならないことを後悔していると述べている[2]

ライブはサポートメンバーをつけず[注釈 1]、解散まで杏子以外の4人での演奏を貫いた。

メンバー[編集]

※現メンバーについては、旧公式サイトの表記に準拠[3]

名前 担当 生年月日 血液型
KONTA
(コンタ)
ボーカルサックス 7月25日 O型
杏子
(きょうこ)
ボーカル 8月10日 A型
いまみちともたか ギター 10月12日 AB型
ENRIQUE
(エンリケ)
ベース 2月3日 A型
小沼俊明
(こぬま としあき)
ドラムス 7月17日 O型
旧メンバー
安部隆雄
(あべ たかお)
ベース 10月31日 不明

来歴[編集]

結成 - 1度目の解散[編集]

1982年7月に男性4人組として結成された。バンド結成当初から暫くはライブ動員数も決して多くない男所帯のバンドであった。ある時、杏子が在籍していた喝!タルイバンド対バンをするための下見をした際、ライブハウスの動員力を目の当たりにしたいまみちともたかが「杏子を加入させたい」と、ひらめいたことがきっかけになったという[4]

当時の杏子は大手商社のOLで、職場関係者などにチケットを掃くことができたのが動員数の理由の一つであるが、同時にこの時代は女性のロック歌手自体が珍しく、色物目当ての男性客も多かった。そこで、集客目当てに杏子を強奪することを計画し、後にバンドの特徴となる男女の掛け合い型の楽曲を作成[注釈 2]対バンの際に杏子をゲストボーカルとして歌わせることに成功する。その時の模様は「記録」として録音し、ソニーのオーディションにデモテープとして送った[4]。そのテープに添えられたプロフィールにメンバーとして杏子の名前も記載されていた。オーディションは順調に通過。このように外堀を埋められ既成事実を重ねた結果、バンドに欠かせぬポジションになったと自覚した杏子は正式に加入した。

ただし、当時のロック界には女性に対するある種の偏見があり、安部隆雄脱退後の後任探しに苦労することにもつながった[2]。そんな時、「困ってるなら、入ってあげようか?」と言って加入したのが、メンバー最年少のENRIQUEであった[6]

1983年11月、CBSソニーの「CBS・ソニーオーディション」にてグランプリを受賞し[7]1984年9月にシングル『暗闇でDANCE』でメジャーデビュー。

1987年にリリースした「女ぎつねon the Run」が三ツ矢サイダーコマーシャルソングに起用される。初めてのTV出演はテレビ岩手の『ザ・テレビジョン』。この日2人で1本のマイクを使用し、寄り添いながらのカラオケライブを披露。以降、『ザ・ベストテン』、『歌のトップテン』、『夜のヒットスタジオ』などにも積極的に出演した。

1988年7月2日公開されたKONTA初の主演映画『・ふ・た・り・ぼ・っ・ち・』で、主題歌・劇中曲全てをRADIO-Kとバービーボーイズが担当した。同年には国内のアーティストでは初の単独での東京ドーム公演を行った[4]

1989年1月1日にバンドも出演した資生堂「TREND・Y」のCMソングである「目を閉じておいでよ」を11thシングルとして発売し、オリコン週間シングルランキングで最高位8位を獲得し、16.8万枚の売上を記録した[8]

1992年1月24日渋谷公会堂でのライブを最後に解散した[9]

再結成[編集]

2003年2月、エピックレコードジャパン25周年記念イベント『LIVE EPIC 25』限定で再結成を果たした。しかし、バンド側の意向で、その際の映像は2009年に発売の『蔵出し・蜂大全 - BARBEE BOYS LIVE STAGE ANTHOLOGY』に収録されるまでは公開されず、同イベントのNHKでのライブ番組放送時や、同イベントを記録したDVDにも収録されていなかった。

2008年4月21日関西テレビ・フジテレビ系『SMAP×SMAP名曲歌謡祭』で、一夜限りの再結成[10]。「女ぎつねon the Run」を歌った。同年8月15日に「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 in EZO」、8月23日に「SOUND MARINA 2008」にも出演した[11]。結果的にこの出演が翌年以降の布石となる。

2009年2月13日からデビュー25周年を記念して全国4か所(福岡、東京(2公演)、名古屋、大阪)のZeppで全国ツアー「Re:BARBEE BOYS」が行われ、新曲も披露された[12]翌年2月26日から全国ツアー「Bcc:from BARBEE BOYS AD2010」が全国4ヶ所(5公演)で行われ、千秋楽の3月7日には21年ぶりに日本武道館でライブを行った。

2015年2月25日にはデビュー30周年を企画したアルバム『REAL BAND -1st OPTION 30th Anniversary Edition-』を発表。ライブなどは行われなかったが、バービーボーイズの名義でいまみちと杏子がマスコミのインタビューに応じている。

2018年10月25日で公開収録されたNHK BSプレミアムの『The Covers'Fes.2018』で8年ぶりに一夜限りの復活をし[13]、「目を閉じておいでよ」と「女ぎつねon the Run」を演奏[14]。いまみちによると、この日メンバー全員のスケジュールが空いていたことにより、出演できる環境ができていたとのこと[4]11月21日に1988年の東京ドーム公演の模様を収録した映像作品『BARBEE BOYS IN TOKYO DOME 1988.08.22』が発売された。

2019年9月8日、同年12月18日に29年ぶりのアルバム『PlanBee』をリリースすることを発表[15]し、11月8日に同作から先行シングルとして「無敵のヴァレリー」が配信限定で発売された[16]

2020年1月13日、国立代々木競技場第一体育館(東京都)にてワンマンライブ『突然こんなところは嫌いかい?』を開催[17]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

タイトル 発売日 規格 規格品番 初収録アルバム
1st 暗闇でDANCE 1984年9月21日 7インチシングル 075H-213 1st OPTION
2nd もォ やだ! 1985年2月1日 075H-228
3rd でも!?しょうがない 1985年6月21日 075H-249 Freebee
4th チャンス到来 1985年10月2日 075H-264
5th 負けるもんか 1986年4月1日 12インチシングル 123H-215
6th なんだったんだ?7DAYS 1986年10月1日 7インチシングル 075H-315 3rd BREAK
7th 女ぎつねon the Run 1987年4月1日 075H-344 LISTEN! BARBEE BOYS 4
8th 泣いたままでlisten to me 1987年8月26日 075H-364
9th ごめんなさい 1987年12月2日 075H-395
10th 使い放題tenderness 1988年6月22日 075H-3032 JUST TWO OF US
カセットテープ 106H-3032
8cmCD 108H-3032
10th 目を閉じておいでよ 1989年1月1日 7インチシングル 075H-3081 √5
カセットテープ 106H-3081
8cmCD 108H-3081
11th chibi 1989年6月1日 7インチシングル 075H-3097
カセットテープ 106H-3097
8cmCD 108H-3097
12th 三日月の憂鬱 1989年11月1日 カセットテープ ESSB-3011 eeney meeney barbee moe
8cmCD ESDB-3011
13th 勇み足サミー 1990年3月1日 ESDB-3074
14th ノーマジーン〜norma jean<reprise> 1990年6月21日 ESDB-3100
15th あいまいtension 1990年10月10日 ESDB-3146
配信限定 無敵のヴァレリー 2019年11月8日 デジタル・ダウンロード PlanBee

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

CDでの再発に関しては、各項目を参照。

タイトル 発売日 規格 規格品番
1st 1st OPTION 1985年2月25日 LP 28・3H-156
カセットテープ 28・6H-129
2nd Freebee 1985年11月1日 LP 28・3H-181
カセットテープ 28・6H-146
3rd 3rd BREAK 1986年10月5日 LP 28・3H-245
カセットテープ 28・6H-190
4th LISTEN! BARBEE BOYS 4 1987年9月9日 LP 28・3H-298
カセットテープ 28・6H-250
CD 32・8H-134
5th √5 1989年2月1日 LP 28・3H-5066
カセットテープ 28・6H-5066
CD 32・8H-5066
6th eeney meeney barbee moe 1990年4月13日 ESCB-1042
7th PlanBee 2019年12月18日 BB-21000001
PlayBee 2020年1月29日 EP HRLP-190
MasterBee 2020年2月8日 デジタル・ダウンロード

コンピレーション・アルバム[編集]

タイトル 発売日 規格 規格品番
Black List 1988年3月21日 LP 32・3H-5014〜5
カセットテープ 28・6H-5014
CD 32・8H-5014
B7 1992年1月18日 ESCB-1283
BARBEE BOYS 1992年10月1日 2CD ESCB-1327〜8
STAR BOX BARBEE BOYS[注釈 3] 1999年1月30日 CD ESCB-1952
STAR BOX EXTRA BARBEE BOYS[注釈 3] 2001年12月5日 MHCL-54
THE LEGEND BARBEE BOYS GOLDEN 80'S COLLECTION[注釈 4] 2003年1月1日 ESCL-2366
蜂 -BARBEE BOYS Complete Single Collection- 2007年4月25日 2CD MHCL-1053〜4
REAL BAND -1st OPTION 30th Anniversary Edition- 2015年2月25日 3CD MHCL-30301〜4

企画盤[編集]

タイトル 発売日 規格 規格品番 備考
JUST TWO OF US 1988年8月5日 CD 28・8H-5039
  • RADIO-K及びBARBEE BOYS名義での作品。
  • 映画『・ふ・た・り・ぼ・っ・ち・』のサントラ盤。
1995年7月21日 ESCB-1621
2006年12月6日 MHCL-970

映像作品[編集]

タイトル 発売日 規格 規格品番
Sexy Beat Magic BARBEE BOYS in Budokan 1987年3月5日 VHS 98・2H-109
2007年4月25日 DVD MHBL-33
Fake Band 1988年6月22日 VHS 38・2H-124
2009年2月18日 DVD MHBL-113
STARS ON 1988年12月21日 VHS 78・2H-156
2009年2月18日 DVD MHBL-114
eeney meeney moobee moe 1990年11月11日 VHS ESVU-303
BARBEE BOYS LIVE June 5th,1990 1991年1月21日 ESVU-305
2007年4月25日 DVD MHBL-34
FINAL LIVE right side 1992年10月1日 VHS ESVU-360
FINAL LIVE reverse side ESVU-373
Final Live[注釈 5] 2009年2月18日 DVD MHBL-115
fwd:Re:BARBEE BOYS 2009年10月28日 AUBL-2
蔵出し・蜂大全 - BARBEE BOYS LIVE STAGE ANTHOLOGY - 上巻 2009年11月25日 MHBL-119
蔵出し・蜂大全 - BARBEE BOYS LIVE STAGE ANTHOLOGY - 下巻 MHBL-120
葡萄缶 BARBEE BOYS '10 2010年8月18日 AUBL-7
SALVAGE 1984-1992 BARBEE BOYS MUSIC CLIPS 2014年2月19日 MHBL-259
BARBEE BOYS IN TOKYO DOME 1988.08.22 2018年11月21日 MHBL-332〜3
Blu-ray MHXL-61

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ スタジオ録音では、一部の曲にPSY・S松浦雅也がキーボードで参加している。
  2. ^ アマチュア時代は女性視点のパートは顔を白塗りにしたKONTAが歌っていた[5]
  3. ^ a b ソニー・ミュージックエンタテインメント企画したベスト・アルバム、アーティストの意向に沿って作られた作品ではない。このような事情から公式ディスコグラフィには記載されていない。
  4. ^ Epic Records25周年を記念したベスト・アルバムで、アーティストの意向に沿って作られた作品ではない。このような事情から公式ディスコグラフィには記載されていない。
  5. ^ 『FINAL LIVE right side』と『reverse side』がセットになった作品

出典[編集]

  1. ^ 他に比類なき男女ヴォーカル混成バンド、BARBEE BOYSが目指したさらなる高み──アルバム『√5』”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2015年4月8日). 2020年4月12日閲覧。
  2. ^ a b c 吉田豪『BAND LIFE―バンドマン20人の音楽人生劇場独白インタビュー集』メディアックス、2008年4月1日。ISBN 978-4862016140。
  3. ^ BARBEE BOYS Official Web Site”. 2020年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月22日閲覧。
  4. ^ a b c d 臼杵成晃、高橋拓也. BARBEE BOYS「BARBEE BOYS IN TOKYO DOME 1988.08.22」インタビュー|あの熱狂から30年、杏子&イマサと振り返る東京ドームでの一夜. (インタビュー). 株式会社ナターシャ. 音楽ナタリー.. https://natalie.mu/music/pp/barbeeboys 2020年4月22日閲覧。 
  5. ^ 月刊カドカワ」Vol.10、角川文庫、1992年3月。
  6. ^ OfficeAugusta (2009年10月31日). 8ch(はっちゃん)#06「まさかのMC」. https://www.youtube.com/watch?v=vGHVnQEJLVI 2020年4月22日閲覧。 
  7. ^ ソニーミュージックのオーディション情報 Sony Music Audition”. ソニー・ミュージックエンタテインメント. 2020年4月22日閲覧。
  8. ^ バービーボーイズKONTA『目を閉じておいでよ』を語る. (インタビュー). 光文社. (2017年5月16日). Smart FLASH.. https://smart-flash.jp/entame/19627 2020年4月22日閲覧。 
  9. ^ “<21st. CENTURY BARBEE BOYS WOWOWスペシャル>ファイナルライブ(1992年1月24日、渋谷公会堂)の模様を収録したライブ&ドキュメンタリー作品を2月に放送!” (プレスリリース), WOWOW, (2019年12月14日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000005237.000001355.html 2020年4月22日閲覧。 
  10. ^ “BARBEE BOYSがスマスマで一夜限りの再結成”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2008年4月6日). https://natalie.mu/music/news/6430 2020年4月22日閲覧。 
  11. ^ “バービー本格始動!? 広島「SOUND MARINA」に登場”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2008年7月4日). https://natalie.mu/music/news/8119 2020年4月22日閲覧。 
  12. ^ “新曲も披露!BARBEE BOYSが17年ぶり全国ツアー”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2009年4月19日). https://natalie.mu/music/news/13567 2020年4月22日閲覧。 
  13. ^ “BARBEE BOYS、10/25開催「The Covers’Fes.2018」で一夜限りの復活”. rockinon.com (ロッキング・オン). (2018年9月28日). https://rockinon.com/news/detail/180421 2020年4月22日閲覧。 
  14. ^ “BARBEE BOYS継続をリリー・フランキーが粘り腰交渉「何か一つ約束して」”. ORICON NEWS (オリコン). (2018年11月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2124450/full/ 2020年4月22日閲覧。 
  15. ^ “バービーボーイズ、29年ぶり新作『PlanBee』12・18発売決定”. ORICON NEWS (オリコン). (2019年9月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2144002/full/ 2019年9月9日閲覧。 
  16. ^ “バービーボーイズ、29年ぶり新作詳細公開 11・8「無敵のヴァレリー」先行配信”. ORICON NEWS (オリコン). (2019年10月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2146124/full/ 2020年4月22日閲覧。 
  17. ^ “BARBEE BOYSのワンマン「突然こんなところは嫌いかい?」全国でライビュ決定”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年11月14日). https://natalie.mu/eiga/news/355369 2020年4月12日閲覧。 

関連項目[編集]