BAYZ TOWER&GARDEN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
BAYZ TOWER&GARDEN
施設情報
所在地 東京都江東区豊洲六丁目2-29
状態 完成
着工 2014年
竣工 2018年6月
用途 集合住宅
地上高
高さ 110m
各種諸元
階数 地下1階 地上31階
敷地面積 11,094.98
建築面積 3,305
延床面積 44,366.23
構造形式 鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造(地下免震構造)
エレベーター数 7基
戸数 550戸
駐車台数 208台(タワーパーキング)
関連企業
設計

清水建設

外構デザイン・ランドスケープデザイン・インテリアデザイン監修 光井純アンドアソシエーツ建築設計事務所
構造エンジニア 清水建設
施工 清水建設
デベロッパー 三井不動産レジデンシャル東京建物三菱地所レジデンス東急不動産住友不動産野村不動産
管理運営 株式会社東京建物アメニティサポート
テンプレートを表示

BAYZ TOWER&GARDEN(ベイズタワー&ガーデン)は、東京都江東区豊洲に所在する超高層マンション

概要[編集]

1棟で550戸を超える住戸を有する、大規模マンションである。東京ワンダフルプロジェクト第一弾のSKYZ TOWER&GARDEN同様、大手不動産会社6社が合同でデベロッパーとなっている。光井純が設計し、2017年度にグッドデザイン賞を受賞している[1][2]

清水建設が開発した制震複合システム「スイングセーバー」を搭載したほか、東京都が公表した津波の最大高さが到達しないよう計算した設計を導入。災害時の停電に備え、大型のA重油ディーゼル発電機も設置した[3]。また、運河沿いの護岸工事も同時に行われた。

間取りは1LDK~3LDK。販売価格は3,400万円台~1億1,500万円台(最多価格帯6,000万円台)だった[3]

BAYZ TOWER&GARDENとSKYZ TOWER&GARDENの共用施設は相互利用が可能である

沿革[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ベイズタワー&ガーデン公式サイト”. www.bayz550.com. 2020年4月24日閲覧。
  2. ^ 集合住宅 BAYZ TOWER & GARDEN”. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2020年5月1日閲覧。
  3. ^ a b “不動産ニュース 大手デベ6社JVの湾岸マンションプロジェクト第2弾、6月下旬発売”. 不動産流通研究所. (2014年5月28日). https://www.re-port.net/article/news/0000038190/ 2020年5月1日閲覧。 

関連項目[編集]