BBIQ光テレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

BBIQ光テレビ(ビビックひかりテレビ)は、九州電力グループのQTnet(旧称:九州通信ネットワーク)が展開するケーブルテレビ

概要[編集]

2007年鹿児島市でHFC方式のケーブルテレビ事業を展開していた鹿児島有線テレビ(フューチャーTV)の事業を引き継ぐ現地子会社・鹿児島光テレビ株式会社を設立、5月10日からインターネットプロバイダー・BBIQを提供する地域を中心にFTTH(光ファイバー)方式のデジタル放送の配信を電気通信役務利用放送法による有線役務利用放送として事業者登録し開始。

2010年にはQTNet本体直轄により福岡県に進出し、福岡市久留米市北九州市とその周辺市町村(福岡市以外2011年開始)で有線テレビジョン放送法によるFTTH方式の有線テレビジョン放送として開始。同年に鹿児島光テレビは九州通信ネットワークへ有線役務利用放送事業を引き継ぎ解散している。

2014年10月1日から、熊本県熊本市など周辺地域)でもサービスの提供を開始[1]

また同年2月1日から、大分県大分ケーブルテレコムと提携し、「OCT光テレビ with BBIQ」のサービスを開始。当初は大分市由布市挾間町の一部で提供[2]。同4月より左記対象地域のほぼ全域に拡大した[3]

2015年3月2日より、宮崎県宮崎市およびその周辺地域でサービスを展開している宮崎ケーブルテレビ(MCN)との業務提携を行い、「BBIQ光インターネット」と「MCN(HDプレミアコース)」の両方に加入すると月額料金が割引となる「MCNテレビ with BBIQ」の提供を開始した[4]

また2018年1月4日からは、宮崎市内限定でBBIQ光テレビの直営サービスを開始[5]。地上波放送については県内4チャンネルのみの提供となっていたが、2020年7月1日より鹿児島民放2局(KKB鹿児島放送KYT鹿児島讀賣テレビ)の区域外再放送を配信開始[6][7]。KKBとKYTを視聴するためにはセットトップボックス(STB)が必要となる。

サービス対象エリア[編集]

何れもBBIQの光ファイバーインターネットサービスを提供している地域に限る。

直営[編集]

業務提携[編集]

チャンネルプラン[編集]

BBIQ光テレビでは下記5通りのプランが提供されている。
※のプランは宮崎エリアでは利用不可(CS放送の専門チャンネルを含むプランについては、宮崎ケーブルテレビが提供を行っている)。

  • 地デジ・BSプラン
  • 地デジ・BSプラン(WOWOWパック)
  • 地デジ・BSプラン(スターチャンネルパック)
  • ベーシックプラン ※
  • プレミアプラン ※

福岡県・熊本県・宮崎県の放送チャンネル[編集]

地上波系列別再送信局[編集]

県別 NHK-G NHK-E NNN NNS ANN JNN TXN FNN FNS JAITS
福岡県 NHK福岡
NHK北九州
福岡放送 九州朝日放送 RKB毎日放送 TVQ九州放送 テレビ西日本
熊本県 NHK熊本 熊本県民テレビ 熊本朝日放送 熊本放送 テレビ熊本
宮崎県 NHK宮崎 テレビ宮崎[8] テレビ宮崎[8]
鹿児島放送
宮崎放送 テレビ宮崎[8]
鹿児島讀賣テレビ

地上デジタル[編集]

  • 基本コース(ライトプラン含む)・オプション契約を問わず視聴可能(NHK受信料別途要だが法人割引適用あり)
  • 宮崎エリアで鹿児島民放2局の区域外再放送を視聴するためにはセットトップボックス(STB)が必要である。
ch 配信チャンネル
福岡都市圏、筑後 北九州都市圏、京築、筑豊 熊本市周辺 宮崎市
D011 KBC九州朝日放送 NHK熊本総合 NHK宮崎総合
D021 NHK福岡Eテレ NHK北九州Eテレ NHK熊本Eテレ NHK宮崎Eテレ
D031 NHK福岡総合 NHK北九州総合 RKK熊本放送 UMKテレビ宮崎
D041 RKB毎日放送 KKT熊本県民テレビ KYT鹿児島讀賣テレビ
D051 FBS福岡放送 KAB熊本朝日放送 KKB鹿児島放送
D061 MRT宮崎放送
D071 TVQ九州放送
D081 TNCテレビ西日本 TKUテレビ熊本

BSデジタル[編集]

無料放送[編集]

基本コース(ライトプラン含む)・オプション契約を問わず視聴可能(NHK受信料別途要だが法人割引適用あり)
ch 局名
BS101-BS102 NHK BS1
BS103-BS104 NHK BSプレミアム
BS141-BS143 BS日テレ
BS151-BS153 BS朝日
BS161-BS163 BS-TBS
BS171-BS173 BSテレビ東京
BS181-BS183 BSフジ
BS211 BS11
BS222 TwellV
BS231-BS233(TV)
BS531(Radio)
放送大学学園
BS910 ウェザーニュース

有料放送[編集]

別途それぞれの局と契約必要
ch 局名
BS191 WOWOWプライム
BS192 WOWOWライブ
BS193 WOWOWシネマ
BS200 スター・チャンネル1
BS201 スター・チャンネル2
BS202 スター・チャンネル3

専門チャンネル[編集]

番号設定はJ:COM同様独自の基準に基づいて行っている。以下“×”は電波放送がBSに移行したか、移行する予定のチャンネル。(×)は、BSで新規に放送を開始したチャンネル。

なお、宮崎エリアのBBIQ光テレビでは「ベーシックプラン」「プレミアプラン」が提供されていないため、専門チャンネルを視聴するためには業務提携先の宮崎ケーブルテレビ(MCN)に加入する必要がある。

ベーシックHD/プレミアHD標準コース[編集]

※以下にあげたチャンネルはライトプランでも一部別途オプション契約すれば視聴できるものがある。(通販系はライトプランでも無料視聴可能)

プレミアHD標準コース[編集]

上記各チャンネルに加えて

オプション[編集]

以下未成年者契約不可

ペイ・パー・ビュー[編集]

以下未成年者契約不可
  • プレイボーイ チャンネル
  • レインボーチャンネル
  • ミッドナイト・ブルー
  • パラダイステレビ
  • ピンクチェリー
  • パーフェクトチョイス110

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『BBIQ光テレビサービス』概要熊本地区における「BBIQ光テレビサービス」の提供について~平成26年7月24日受付開始、10月1日サービス開始~(2014年7月24日 九州通信ネットワーク株式会社 10月1日閲覧)
  2. ^ OCT光テレビ with BBIQ平成26年2月サービス開始時の提供エリア
  3. ^ 平成26 年4 月エリア拡大時の提供エリア
  4. ^ 「MCNテレビwith BBIQ」の提供について - MCN宮崎ケーブルテレビ 2015年1月15日付。
  5. ^ 宮崎市における「BBIQ光テレビサービス」の提供について - (株)QTnet ホームページより。
  6. ^ 『BBIQ光テレビサービス』概要 (PDF)
  7. ^ 新着情報(プレスリリース) 宮崎市のBBIQ光テレビがリニューアル~鹿児島民放(KYT・KKB)が視聴可能に~ 2020年5月11日付
  8. ^ a b c テレビ宮崎は「FNN・NNN・ANN」3系列のニュースネットワークに加盟しているクロスネット局である。ニュースネット以外の一般番組供給部門についてはフジテレビ系の「FNS」のみに加盟しており、日本テレビ系の「NNS」およびテレビ朝日系(ANN)の番組供給部門である「テレビ朝日ネットワーク」には非加盟である。
BBIQ光テレビ