BE・LOVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BE・LOVE
ジャンル 漫画雑誌
読者対象 30代・40代女性
刊行頻度 月刊(1日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 460円(通常号)
出版社 講談社
雑誌名コード 27661
刊行期間 1980年10月4日(1980年11月号) -
発行部数 84,007部(2017年10月 - 2018年9月日本雑誌協会調べ)
レーベル BE LOVE KC
ウェブサイト BE・LOVE

BE・LOVE』(ビー・ラブ)は、講談社発行の女性向け漫画雑誌。毎月1日に発売。

1979年9月に発行された『週刊ヤングレディ増刊 漫画特集BE・LOVE』が前身。1980年10月、月刊漫画雑誌として創刊。1982年5月、月2回刊となるが、2019年現在では月刊に戻る。一時、誌名も『BE in LOVE』(ビー・ラブ)だったが、後に現在の『BE・LOVE』へ。大人の女性を対象とする作品を掲載。現在は30代・40代女性を中心[1]に幅広い層に好評で、感動的でストーリー性の高い作品を多く掲載。

歴史[編集]

  • 1979年 - 『週刊ヤングレディ増刊 漫画特集BE・LOVE』(9月18日発行)創刊。
  • 1980年 - 10月、創刊号(11月号)が発売。月刊。
  • 1982年 - 5月、月2回刊に変更(6月1日号から)。発売日は毎月第1・3火曜日。
  • 1987年 - 12月発売の1988年1号から、発売日を毎月1・15日に変更。
  • 2018年 - 2019年2月号(2018年12月28日発売)より月刊化。発売日は毎月1日のみになる。[2]

掲載作品[編集]

連載中の作品[編集]

※ 2018年11月1日(2018年22号)現在。作品名五十音順。

通常連載[編集]

通常連載(ショート)[編集]

  • おこしやす、ちとせちゃん(夏目靫子)
  • スーと鯛ちゃん(こなみかなた)2017年3号 -

不定期連載[編集]


連載終了作品[編集]

あ行[編集]

  • アイシテル〜海容〜伊藤実
  • アイシテル〜絆〜(伊藤実)
  • 赤ちゃんのホスト(丘上あい):2013年9号 - 2016年16号[3]
  • アザミノーゼトライアングル(庄司陽子)
  • あさめしまえ(北駒生)
  • あさめしまえ おかわり!(北駒生)
  • あとかたの街(おざわゆき)
  • アトリエラッキー777(きら)
  • あやめ40's(原作:平林幸恵、漫画:三原陽子)
  • イシュタルの娘〜小野於通伝〜大和和紀):2009年18号 - 2017年22号
  • いってきます(くりた陸
  • イワンのばか(秋本尚美
  • うちのセンセイ(花塚由):2014年15号 -
  • エア彼(大久保ヒロミ
  • エンジェル日誌(ごとう和
  • お姑(かあ)さまといわれても(西尚美
  • 続・お姑(かあ)さまといわれても(西尚美)
  • おかあさんとごいっしょ(逢坂みえこ):2014年12号読み切りを経て同年16号 -
  • おかめ日和(入江喜)
  • おしみなく緑ふる(石塚夢見)
  • おたおたアメリカーナ〜ゼロからのアメリカ留学〜(真井まあの)
  • お料理の守護霊(竹田真理子、料理監修:渡邊香春子)
  • おんなのいえ(鳥飼茜):2013年2号 - 2016年18号 [4]

か行[編集]

  • ガール・ミーツ・オールドボーイ(如月園):2014年6号 - 2014年8号
  • かみのすまうところ。(有永イネ):2012年15号 - 2013年23号
  • 亀のジョンソン(大島安希子):2015年3号 - 2016年12号
  • ガラスの椅子(中村真理子
  • 岸辺のアルバム(原作:山田太一、漫画:吉田まゆみ
  • 君がくれた太陽(松尾しより)
  • ギャルボーイ!(中村真理子)
  • 宮廷女官 チャングムの誓い(三原陽子)
  • くるみ(深見じゅん
  • 紅匂ふ大和和紀
  • ケモノみち(山浦サク):2013年10号 - 2014年13号
  • 子育てたんたん 愛と妄想のヲタ育児日記(南国ばなな)
  • コルティジャーナ・オネスタ(庄司陽子)
  • これ…事件だと思います 〜漫画家探偵・万里村〜(万里村奈加
  • 壊れた脳 生存する知(原案:山田規畝子、漫画:成瀬涼子)
  • コンシェルジュ(楠木あると):2002年

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や・ら・わ行[編集]

WEB[編集]

  • 妊娠17ヵ月(坂井恵理):2013年11月 - 2014年7月

姉妹誌[編集]

  • BE・LOVEペア
1983年、『BE・LOVE』の増刊『び〜らぶペア』として創刊。読切作品を中心に掲載。後に月刊(前月8日発売)となる。1993年11月8日発売の12月号を最後に休刊。
  • BE・LOVEパフェ
月刊。毎月26日発売。2003年4月26日発売の6月号を最後に休刊。その後、増刊号として刊行された。

コミックスレーベル[編集]

創刊当初は母体誌のレーベルであるヤングレディKC(YLKC)に収録され、独立創刊後1990年代初頭までは独自レーベルであるBE・LOVE KC(BLKC)を発行。いずれもB6判であった。

現在は新書判コミックスを発行。KC BLと表記。正式な表記は講談社コミックス BE LOVEであるものの、妹雑誌であるKCなかよしKCフレンドと似たデザインを採用されていた。単行本によって、特徴的な二段組みKとCが上下に間に掲載誌の名前で入っているものの、文字のみの作品も存在する。

関連人物[編集]

発行部数[編集]

  • 2003年9月1日 - 2004年8月31日、206,875部[5]
  • 2004年9月 - 2005年8月、203,750部[5]
  • 2005年9月1日 - 2006年8月31日、199,292部[5]
  • 2006年9月1日 - 2007年8月31日、194,333部[5]
  • 2007年10月1日 - 2008年9月30日、185,667部[5]
  • 2008年10月1日 - 2009年9月30日、173,125部[5]
  • 2009年10月1日 - 2010年9月30日、153,792部[5]
  • 2010年10月1日 - 2011年9月30日、137,044部[5]
  • 2011年10月1日 - 2012年9月30日、125,632部[5]
  • 2012年10月1日 - 2013年9月30日、120,405部[5]
  • 2013年10月1日 - 2014年9月30日、115,850部[5]
  • 2014年10月1日 - 2015年9月30日、108,566部[5]
  • 2015年10月1日 - 2016年9月30日、102,646部[5]
  • 2016年10月1日 - 2017年9月30日、92,872部[5]
  • 2017年10月1日 - 2018年9月30日、84,007部[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 女性コミックの紹介 (講談社公式サイト)による。
  2. ^ BE・LOVE月刊化スタート!記念号は「ちはやふる」一挙2話掲載!!”. BE・LOVE (2018年12月25日). 2019年3月26日閲覧。
  3. ^ “丘上あいの認可外保育園物語「赤ちゃんのホスト」が完結”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年8月1日). http://natalie.mu/comic/news/196450 2016年12月21日閲覧。 
  4. ^ “BE・LOVEで丘上あいが描く猫×ご近所ドラマ開幕、「おんなのいえ」は最終回”. コミックナタリー. (2016年9月1日). http://natalie.mu/comic/news/200269 2016年9月1日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 日本雑誌協会マガジンデータによる1号当たり平均部数。