BE・LOVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
BE・LOVE
ジャンル 漫画雑誌
読者対象 40代・50代女性[1]
刊行頻度 月刊(1日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 460円(通常号)
出版社 講談社
編集長 米村昌幸[2]
雑誌名コード 27661
刊行期間 1980年10月4日(1980年11月号) -
発行部数 49,900部(2021年1月 - 2021年3月日本雑誌協会調べ)
レーベル BE LOVE KC
ウェブサイト BE・LOVE
テンプレートを表示

BE・LOVE』(ビー・ラブ)は、講談社発行の女性向け漫画雑誌。毎月1日に発売。

1979年9月に発行された『週刊ヤングレディ増刊 漫画特集BE・LOVE』が前身。1980年10月、月刊漫画雑誌として創刊。1982年5月、月2回刊となるが、2019年現在は月刊に戻っている。一時、誌名も『BE in LOVE』(ビー・ラブ)だったが、後に現在の『BE・LOVE』へ。大人の女性を対象とする作品を掲載しており、講談社は2006年時点で30代・40代女性の読者が多いと謳っており[3]、2020年現在の読者は40代・50代女性が中心となっている[1]。感動的でストーリー性の高い作品を多く掲載。

歴史[編集]

  • 1979年 - 『週刊ヤングレディ増刊 漫画特集BE・LOVE』(9月18日発行)創刊。
  • 1980年 - 10月、創刊号(11月号)が発売。月刊。
  • 1982年 - 5月、月2回刊に変更(6月1日号から)。発売日は毎月第1・3火曜日。
  • 1987年 - 12月発売の1988年1号から、発売日を毎月1・15日に変更。
  • 2018年 - 2019年2月号(2018年12月28日発売)より月刊化。発売日は毎月1日のみになる。[4]

掲載作品[編集]

連載中の作品[編集]

※ 2021年7月1日(2021年8月号)現在。作品名五十音順。

通常連載[編集]

  • いま「余生」って言いました?(アキヤマ香)2020年12月号 -
  • 運命の皇帝(原作:貴嶋啓、漫画:望月桜、キャラクターデザイン原案:くまの柚子)2021年4月号 -
  • おちたらおわり(すえのぶけいこ)2019年7月号 -
  • 恋じゃないなら名前をつけて(篠丸のどか)2020年9月号 -
  • この恋、茶番につき!?(山中梅鉢)2020年11月号 -
  • 人事のカラスは手に負えない(大谷紀子)2020年3月号 -
  • 清少納言と申します(PEACH-PIT)2019年9月号 -
  • 生徒諸君! Kids庄司陽子)2019年8月号 -
  • ちはやふる末次由紀)2008年2号 -
  • なないろ探訪記(日生マユ)2021年6月号 -
  • 星降る王国のニナ(リカチ)2019年11月号 -
  • やめちまえ!PTAって言ってたら会長になった件(斎藤かよこ)2021年4月号 -
  • ゆりあ先生の赤い糸(入江喜和)2018年5号 -
  • 私たちはどうかしている安藤なつみ)第1部 2016年24号 - 2018年16号、第2部 2018年19号 -

通常連載(ショート)[編集]

連載終了作品[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

  • ナビガトリア(アサダニッキ)2012年15号 - 2014年19号
  • 何度もあなたに恋をする(真柴ひろみ
  • ニコ色のキャンバス(式田奈央)2018年19月号 - 2019年11月号
  • ねこしつじ(桑田乃梨子
  • ネコろび八起き(丘上あい)2016年18号 - 2017年8号
  • ネットショップへようこそ(赤羽みちえ)

は行[編集]

ま行[編集]

や・ら・わ行[編集]

WEB[編集]

  • 妊娠17ヵ月(坂井恵理)2013年11月 - 2014年7月

姉妹誌[編集]

  • BE・LOVEペア
1983年、『BE・LOVE』の増刊『び〜らぶペア』として創刊。読切作品を中心に掲載。後に月刊(前月8日発売)となる。1993年11月8日発売の12月号を最後に休刊。
  • BE・LOVEパフェ
月刊。毎月26日発売。2003年4月26日発売の6月号を最後に休刊。その後、増刊号として刊行された。

コミックスレーベル[編集]

創刊当初は母体誌のレーベルであるヤングレディKC(YLKC)に収録され、独立創刊後1990年代初頭までは独自レーベルであるBE・LOVE KC(BLKC)を発行。いずれもB6判であった。

現在は新書判コミックスを発行。KC BLと表記。正式な表記は講談社コミックス BE LOVEであるものの、妹雑誌であるKCなかよしKCフレンドと似たデザインを採用されていた。単行本によって、特徴的な二段組みKとCが上下に間に掲載誌の名前で入っているものの、文字のみの作品も存在する。

関連人物[編集]

発行部数[編集]

  • 2003年9月1日 - 2004年8月31日、206,875部[7]
  • 2004年9月 - 2005年8月、203,750部[7]
  • 2005年9月1日 - 2006年8月31日、199,292部[7]
  • 2006年9月1日 - 2007年8月31日、194,333部[7]
  • 2007年10月1日 - 2008年9月30日、185,667部[7]
  • 2008年10月1日 - 2009年9月30日、173,125部[7]
  • 2009年10月1日 - 2010年9月30日、153,792部[7]
  • 2010年10月1日 - 2011年9月30日、137,044部[7]
  • 2011年10月1日 - 2012年9月30日、125,632部[7]
  • 2012年10月1日 - 2013年9月30日、120,405部[7]
  • 2013年10月1日 - 2014年9月30日、115,850部[7]
  • 2014年10月1日 - 2015年9月30日、108,566部[7]
  • 2015年10月1日 - 2016年9月30日、102,646部[7]
  • 2016年10月1日 - 2017年9月30日、92,872部[7]
  • 2017年10月1日 - 2018年9月30日、84,007部[7]
  • 2018年10月1日 - 2019年9月30日、70,931部[7]
  • 2019年10月1日 - 2020年9月30日、55,858部[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b BE・LOVE|講談社AD STATION 講談社
  2. ^ “マンガ誌編集長が選ぶ、2020年のイチオシ作品”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年3月5日). https://natalie.mu/comic/column/416418 2021年5月8日閲覧。 
  3. ^ 女性コミックの紹介 (2006年時点のキャッシュ) 講談社
  4. ^ BE・LOVE月刊化スタート!記念号は「ちはやふる」一挙2話掲載!!”. BE・LOVE (2018年12月25日). 2019年3月26日閲覧。
  5. ^ “丘上あいの認可外保育園物語「赤ちゃんのホスト」が完結”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年8月1日). https://natalie.mu/comic/news/196450 2016年12月21日閲覧。 
  6. ^ “BE・LOVEで丘上あいが描く猫×ご近所ドラマ開幕、「おんなのいえ」は最終回”. コミックナタリー. (2016年9月1日). https://natalie.mu/comic/news/200269 2016年9月1日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 日本雑誌協会マガジンデータによる1号当たり平均部数。