BESTYO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BESTYO
一青窈ベストアルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル コロムビアミュージックエンタテインメント
プロデュース 一青窈(選曲および曲順)
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2006年度年間41位(オリコン)
  • 2007年度年間21位(オリコン)
ゴールドディスク
  • トリプル・プラチナ(日本レコード協会
  • 一青窈 年表
    &
    2005年
    BESTYO
    2007年
    Key
    2008年
    テンプレートを表示

    BESTYO(べすちょ)は、一青窈の初のベストアルバム。2006年11月29日リリース。初回盤特殊パッケージ仕様、ブックレットおよび引換券付き。全16曲収録。

    解説[編集]

    • タイトルは「BEST」と一青窈(ひととよう)を合わせた造語。「べすとよう」ではなく「べすちょ」と読む理由は、「べすとよう」だと格好つけすぎで「べすちょ」の方がお茶目でよかったからとめざましテレビに出演した際に述べている。発売記念として2006年12月3日によみうりランドで行われた初のフリーライブ「BESTYO Free CONCERTYO」も「べすちょ・ふりー・こんさーちょ」と読む。
    • ジャケットデザインはアートディレクターのアラキミドリが担当。ジャケットの写真はアラキミドリが一青窈のネグリジェと過去のライブで使用した衣装を使ってデザインした衣装の胸部である。
    • 初回限定盤の特典として、散文詩的セルフライナーノーツが収録されているブックレットとともに「BESTYO Free CONCERTYO」での景品引換券が同封されていたが、予想を上回る売上のためにコロムビアのホームページ上で初回限定盤と通常盤を誤らないようにとの注意が告知される事態が起こった。
    • 『BESTYO』の大ヒットを記念して、2007年4月18日に「BESTYO Free CONCERTYO」の模様の一部を収録したDVDが付いた5万枚限定盤『BESTYO+CONCERTYO』が発売された。

    収録曲[編集]

    • 作詞は全て一青窈のため省略する。
    1. ハナミズキ
    2. 翡翠(ひすい)
      • 作曲・編曲:武部聡志
      • デビューシングル『もらい泣き』収録。
      • 曲名は一青窈の父親が母親に贈った翡翠ピアスから。
      • オリジナルアルバム未収録ながらライブでは必ず歌われる曲。
    3. もらい泣き
      • 作曲:武部聡志、マシコタツロウ、溝渕大智/編曲:武部聡志
      • デビューシングル『もらい泣き』および1枚目のアルバム『月天心(つきてんしん)』収録。
      • 詳細はもらい泣き参照。
    4. 一思案(ひとしあん)
    5. 月天心
      • 作曲・編曲:武部聡志
      • 1枚目のアルバム『月天心』収録。
      • 収録アルバム『月天心』発売の2年前に音楽プロデューサーの武部聡志と初めて作った曲。
      • 詞は姉の一青妙が結婚式の夜に一青窈に送ったメールから着想された。
    6. 影踏み
    7. うれしいこと。
      • 作曲・編曲:武部聡志
      • 6枚目のシングル『影踏み』および3rdアルバム『&』収録。
      • ボシュロム・ジャパン「レニュー マルチプラス」CMソング。
      • 芸術家・岡本太郎の作品「坐る事を拒否する椅子」に触発され作った曲で歌詞中にも「座るのをこばんだイス」として登場する。ちなみに一青窈は「明日の神話再生プロジェクト」を支援する「太郎の船団 TARO'S BOATS 」に参加していた。
    8. 江戸ポルカ
      • 作曲・編曲:武部聡志
      • 4枚目のシングル『江戸ポルカ/夢なかば』および2枚目のアルバム『一青想』収録。
      • 東京国際ファンタスティック映画祭2003公式イメージソング。
      • コンセプトは「歌舞伎」と「ネコ」。平成中村座に触発され作った曲。
      • 歌詞中にある「てとしゃん」という言葉は歌舞伎に使われる擬音語
      • ライブではサビ歌唱時「招き猫ダンス」を披露する。「BESTYO Free CONCERTYO」では観客へのダンス指導も行った。
    9. 大家(ダージャー)
      • 作曲:マシコタツロウ/編曲:武部聡志
      • 2枚目のシングル『大家』および2ndアルバム『一青想』収録。
      • 映画『風を聴く〜台湾・九份物語〜』挿入歌。
      • 亡くなった父親への想いを歌った曲。歌詞中に登場するよみうりランドは父親との思い出の場所であり、「BESTYO Free CONCERTYO」のコンセプトとなった。
      • ちなみにシングル盤では「よみうりランド」が「あの遊園地」に変更されていた(発売はシングル『大家』の方が先だが歌詞自体は『一青想』収録版が本来のもの)。
      • プロモーションビデオの撮影は台湾基隆市の情人湖と桃園県大渓鎮大渓老街で行われた。
      • 「大家」とは中国語で「全員」を意味する。
      • 一青窈はこの楽曲を「何回か聞くうちにスルメのように味が出てくる」と評している。
    10. さよならありがと
      • 作曲・編曲:武部聡志
      • 3枚目のアルバム『&』収録。
      • ミサワホーム「CENTURY」CMソング。
      • 2006年のライブツアー「Yo&U Tour '06」では観客全員に歌詞中に登場するクチナシの苗木を贈った。
      • 本作のプロモーションで「めざましテレビ」に生出演した際には、この曲を披露した。
    11. 指切り
    12. アリガ十々
      • 作曲:山内薫/編曲:富田素弘
      • デビューシングル『もらい泣き』および1枚目のアルバム『月天心』収録。
      • 両親への感謝の気持ちが歌われた楽曲。
    13. かざぐるま
    14. 金魚すくい
      • 作曲・編曲:富田素弘
      • 3枚目のシングル『金魚すくい』および2枚目のアルバム『一青想』収録。
      • マスタリングにはブライアン・ガードナーを起用。
      • デビュー前に詩を掲載していた車椅子利用者向け情報誌『WaWaWa』に提供した詩が原型。
      • 台湾の夜市で、金魚すくいの露店から着想されている。
      • ライブでは観客に「金魚ダンス」の振り付けの指導をする。
    15. あこるでぃおん 〜Long ver.
      • 作曲・編曲:武部聡志
      • 2枚目のシングル『大家』収録。
      • 武部聡志のピアノ演奏のみで歌ったショートバージョンが『月天心』に収録されている。
      • NHK教育福祉ネットワーク』オープニングテーマ。
      • 曲名は小学生時代、音楽の先生が弾いていたアコーディオンに由来する。
      • テレビ東京系列番組『みゅーじん』(2006年12月10日放送)では曲名の元となったアコーディオンを弾いていた音楽教師と再会し、彼のアコーディオンを伴奏に涙を流しながら『あこるでぃおん』を歌う姿を見せた。
    16. てんとう虫
      • 作曲・編曲:小林武史
      • 新曲。
      • PVも制作され、「BESTYO Free CONCERTYO」にて初回限定盤に幇入されている引換券とPV収録DVDの交換が行われた。
      • 友人であるNPO「テラ・ルネッサンス」の理事長・鬼丸昌也がおこなっているカンボジアでの地雷除去のボランティア活動への参加をきっかけに作った曲。
      • ap bank fes '06にて「このフェスのために作ってきました」と披露された。

    BESTYO+CONCERTYO[編集]

    • 2007年4月18日発売。5万枚限定生産盤
    • 『BESTYO』の大ヒットを記念して発売。DVD付き。

    CD[編集]

    ※『BESTYO』と同内容(全16曲収録)

    DVD[編集]

    • BESTYO Free CONCERTYO @ 東京よみうりランド内オープンシアターEAST
    1. PROLOGUE
    2. 大家(ダージャー)
    3. 一思案〜月天心(メドレー)
    4. かざぐるま
    5. てんとう虫
    6. もらい泣き
    7. 江戸ポルカ
    8. ハナミズキ
    9. さよならありがと
    10. アリガ十々

    バンドメンバー[編集]

    BESTYO+INSTYO[編集]

    • 2009年1月21日発売。
    • BESTYOのインスト+8曲収録のCD3枚。

    CD1[編集]

    ※『BESTYO』と同内容(全16曲収録)

    CD2[編集]

    1. ハナミズキ(instrumental)
    2. 翡翠(instrumental)※
    3. もらい泣き(instrumental)※
    4. 一思案(ひとしあん)(instrumental)※
    5. 月天心(instrumental)※
    6. 影踏み(instrumental)※
    7. うれしいこと。(instrumental)※
    8. 江戸ポルカ(instrumental)※
    9. 大家(ダージャー)(instrumental)※
    10. さよならありがと(instrumental)※
    11. 指切り(instrumental)※
    12. アリガ十々(instrumental)※
    13. かざぐるま(instrumental)
    14. 金魚すくい(instrumental)※
    15. あこるでぃおん〜Long Ver.(instrumental)※
    16. てんとう虫(instrumental)※
    • ※は、初CD音源化。

    CD3[編集]

    • エンハンスド仕様(もらい泣きPV)
    1. つないで手
      • 作曲:川江美奈子/編曲:武部聡志
      • 9枚目のシングル『つないで手』およびアルバム『Key』収録。
      • 全薬工業 新リコリス「ゼンヤク」 '07TVCMイメージソング。
      • 詳細はつないで手参照。
    2. 「ただいま」
      • 作曲:川江奈美子/編曲:武部聡志
      • TBS系ドラマ 「愛のうた!」主題歌
      • 10枚目のシングル『「ただいま」』および ライブアルバム『CONCERT TOUR 2008「Key〜Talkie Doorkey」Live CD @NHKhall』収録。
      • 詳細は「ただいま」参照。
    3. 受け入れて
    4. はじめて
      • 作曲:マシコタツロウ/編曲:武部聡志・マシコタツロウ
      • 行列のできる法律相談所」カンボジア学校建設プロジェクトイメージソング。
      • 12枚目のシングル『はじめて』収録。
      • 詳細ははじめて参照。
    5. つないで手(instrumental)
    6. 「ただいま」(instrumental)
    7. 受け入れて(instrumental)
    8. はじめて(instrumental)
    • ※は、初CD音源化。