BITTER AND SWEET (中森明菜のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BITTER AND SWEET
中森明菜スタジオ・アルバム
リリース
録音 アオイスタジオ、チェリーアイランドスタジオ、一口坂スタジオ、Sound Inn Studio、Sedic Studio、Freedom Studio[1]
ジャンル ポップス
時間
レーベル ワーナー・パイオニア
プロデュース 島田雄三[1]
チャート最高順位
中森明菜 年表
SILENT LOVE
(1984年)
BITTER AND SWEET
(1985年)
D404ME
(1985年)
『BITTER AND SWEET』収録のシングル
  1. 飾りじゃないのよ涙は
    リリース: 1984年11月14日
テンプレートを表示

BITTER AND SWEET』(ビター・アンド・スウィート)は、日本歌手中森明菜の7枚目のスタジオ・アルバム。このアルバムは1985年4月3日にワーナー・パイオニアよりリリースされた (LP: L-12593, CT: LKF-8093)。

背景[編集]

『BITTER AND SWEET』は、中森にとって8枚目のアルバムで、このアルバムの及びディスクジャケットにも"8TH ALBUM"と表記されている[4][1]スタジオ・アルバムとしては通算7枚目にあたる[5]。このアルバムは、1985年4月3日にLP (L-12593)とコンパクトカセット (LKF-8093)の2形態で同時発売後、同年4月25日にはCD (32XL-61)でも発売された[5][1]。本作は井上陽水EPO角松敏生神保彰ら作曲陣を迎え、各収録曲でミュージシャン・チームを変えてレコーディングが行われた[6]。このアルバムのプロデュースは、前スタジオ・アルバム『POSSIBILITY』に続き島田雄三が担当した[7][1]。アルバムのレコーディングは、アオイスタジオ、チェリーアイランドスタジオ、一口坂スタジオ、Sound Inn Studio、Sedic Studio、Freedom Studioで行われた[1]

本作リリース後の1985年7月6日からは、本作を引っ提げた中森の全国コンサート・ツアーBITTER & SWEETが開催された[8][9][1]。本作収録曲は音楽番組でも披露され、1986年1月15日放送のフジテレビ系音楽番組『夜のヒットスタジオDELUXE』で、8曲目の「恋人のいる時間」をテレビ披露した。この他、「DREAMING」と「予感」がNHK総合テレビの音楽番組『ヤングスタジオ101』にて、「BABYLON」はTBS系だぅもありがと!』にて披露された。

本作収録の3曲目である「予感」が、1985年12月21日リリースのミニ・アルバム『MY BEST THANKS』にて再録(リマスタリング・リミックス)された[1][10]。また同曲は、1995年12月に発売のベスト・アルバムtrue album akina 95 best』でも新録された[1][11]

シングル[編集]

飾りじゃないのよ涙は」が、本作からのリード・シングルとして1984年11月14日に発売された[12][1][13]。本作では、この楽曲はニュー・リミックス・ヴァージョンとして収められ、1曲目に配置された[4][1]。この楽曲は1985年のオリコン年間シングルチャートでトップテン入りを果たした[14]

1985年5月1日には、本作5曲目の「BABYLON」が、12インチシングル赤い鳥逃げた」のB面としてヴァージョンを変えて収録された[1][15][16]

批評[編集]

『Hotwax presents 歌謡曲 名曲名盤ガイド 1980's』の馬飼野元宏は本作の作家陣について「従来と異なるのは、フュージョン系、サウンド重視のミュージシャンを多く起用している点。」と指摘している[5]。作品については、「強固なサウンドに負けない明菜の伸びやかなヴォーカルも聴き所。」と批評している[5]

チャート成績[編集]

本作は、オリコン週間LPチャートの1985年4月15日付で初登場し最高順位1位を記録後、翌週の1985年4月22日付も1位を記録し、通算で2週連続となる1位を獲得した[17][3]。同チャートには、計20週に渡ってランクインしている[3]。本作のカセット盤(規格品番: LKF-8093)もオリコン週間カセットチャートで最高順位1位を記録し、同チャートには計24週に渡ってランクインしている[3]。1985年のオリコン年間アルバムチャートでは9位を記録した。

収録曲[編集]

# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 飾りじゃないのよ涙は <ニュー・リミックス・ヴァージョン>[1] 井上陽水 井上陽水 萩田光雄
2. 「ロマンティックな夜だわ」 EPO EPO 清水信之
3. 「予感」 飛鳥涼 飛鳥涼 椎名和夫
4. 「月夜のヴィーナス」 松井五郎 松岡直也 松岡直也
5. 「BABYLON」 SANDII 久保田麻琴 井上鑑
6. 「UNSTEADY LOVE」 角松敏生 角松敏生 角松敏生
7. 「DREAMING」 斉藤ノブ 与詞古 AKAGUY
8. 「恋人のいる時間」 SHOW 神保彰 井上鑑
9. 「SO LONG」 角松敏生 角松敏生 角松敏生、瀬尾一三(ストリングス・アレンジ)
10. 「APRIL STARS」 吉田美奈子 吉田美奈子 椎名和夫
合計時間:

クレジット[編集]

『BITTER AND SWEET』のライナー・ノーツより[1]

参加ミュージシャン[編集]

  • 飾りじゃないのよ涙は <ニュー・リミックス・ヴァージョン>
  • 「ロマンティックな夜だわ」
  • 「予感」
    • キーボード - 松田真人、奥慶一
    • ベース - 岡沢章
    • ドラムス - 青山純
    • ギター - 椎名和夫
    • L.パーカッション - 浜口茂外也
  • 「月夜のヴィーナス」
    • キーボード - 松岡直也、津垣博通
    • ドラムス - 広瀬徳志
    • ギター - 和田アキラ
    • ストリングス - 友田啓明グループ
    • トランペット - 吉田憲司、岸義和、林研一郎
    • トロンボーン - 西山健治、中沢忠孝、花坂義孝
  • 「BABYLON」
  • 「UNSTEADY LOVE」
    • キーボード - 林有三、友成好弘
    • ベース - 青木智仁
    • ドラムス - 江口信夫
    • ギター - 角松敏生、今剛
    • コーラス - 国分友里恵、山際祥子、遠藤栄子
  • 「DREAMING」
  • 「恋人のいる時間」
    • キーボード - 井上鑑
    • ベース - 渡辺守朗
    • ドラムス - 神保彰
    • ギター - 土方隆行
    • サックス - 土岐英史
    • L.パーカッション - 浜口茂外也
  • 「SO LONG」
    • キーボード - 林有三、友成好宏
    • ベース - 青木智仁
    • ドラムス - 江口信夫
    • ギター - 土方隆行、今剛
    • ストリングス - 加藤グループ
    • サックス - 包国充
    • コーラス - 国分友里恵、山際祥子、遠藤栄子
  • 「APRIL STARS」
    • キーボード - 松田真人、奥慶一
    • ベース - 岡沢章
    • ドラムス - 青山純
    • ギター - 椎名和夫
    • L.パーカッション - 浜口茂外也
    • パーカッション - 金山功
    • トランペット - 数原晋
    • コーラス - 山川恵津子、鳴海寛、椎名和夫

スタッフ[編集]

  • プロデューサー: 島田雄三
  • ディレクター: 藤倉克己
  • エンジニア: 石崎信郎
  • アシスタント・エンジニア: HIROYUKI SATOH
  • アルバム・プロダクション・アドバイザー: 角松敏生
  • 録音: アオイスタジオ、チェリーアイランドスタジオ、一口坂スタジオ、Sound Inn Studio、Sedic Studio、Freedom Studio
  • Mixed & Mastered at: ワーナー・パイオニア・スタジオ、Sedic Studio
  • アート・ディレクション: 持田恭男
  • 撮影: 篠山紀信
  • スタイリスト: 東野邦子
  • ヘア&メイク・アップ: 矢の澄生
  • プロモーション・スタッフ: 畠山政行、田中良明
  • クリエィティブ・サービス: 太田晶子
  • プロダクション・コーディネーター: 北村篤識
  • マネジメント: 研音(茅根浩康、名幸房則、柳沢秀昭)

再発盤[編集]

  • 1991年7月17日 - CD: WPCL-417(廉価盤、紙帯)[18]
  • 1996年4月25日 - CD: WPC6-8188(音泉1500シリーズ、Q盤[6]
  • 2006年6月21日 - CD: WPCL-10283(紙ジャケット仕様完全生産限定盤)[4]
  • 2006年7月5日 - デジタル・ダウンロード[2]
  • 2012年8月22日 - CD: WPCL-11141[19]

セルフカバー[編集]

本作の1曲目として収録された「飾りじゃないのよ涙は」は、楽曲提供した井上陽水によってセルフカバーされている[5][20]。また、本作の3曲目として収録された「予感」も、楽曲提供した飛鳥涼(現ASKA)がセルフカバーしており、飛鳥が1988年8月にリリースしたソロ・アルバム『SCENE』にこのセルフカバーが収録されている[21][22][23][5]。更に、本作6曲目に収録の「UNSTEADY LOVE」も、楽曲提供した角松敏生によりセルフカバーされ、角松が2000年1月にリリースしたセルフカバー・アルバムThe gentle sex』に、この楽曲のセルフカバーが収録された[24][5]

参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n (1985年4月3日) 中森明菜『BITTER AND SWEET』のアルバム・ノーツ [LP]. ワーナー・パイオニア (L-12593).
  2. ^ a b 【BITTER AND SWEET 】中森明菜 : 試聴とダウンロード - listen.jp”. エムティーアイ. 2008年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月10日閲覧。
  3. ^ a b c d 『ALBUM CHART-BOOK COMPLETE EDITION 1970 〜 2005』 オリコン・マーケティング・プロモーション2006年4月25日、455-457、882頁。ISBN 4871310779。
  4. ^ a b c BITTER AND SWEET | 中森明菜 | ワーナーミュージック・ジャパン - Warner Music Japan”. ワーナーミュージック・ジャパン. 2011年8月1日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 馬飼野元宏 『Hotwax presents 歌謡曲 名曲名盤ガイド 1980's』 シンコーミュージック・エンタテイメント2006年7月20日、65頁。ISBN 440175106X。
  6. ^ a b 中森明菜 / ビター&スウィート [再発] [CD] [アルバム] - CDJournal.com”. 音楽出版社. 2011年8月1日閲覧。
  7. ^ (1984年10月10日) 中森明菜『POSSIBILITY』のアルバム・ノーツ [LP]. ワーナー・パイオニア (L-12592).
  8. ^ (1985年) 中森明菜『BITTER & SWEET』のツアー・パンフレット. ケン企画 (MILKY HOUSE)
  9. ^ 『中森明菜写真集 VINGTANS -20 Years Old-』 ケン企画、1985年12月24日
  10. ^ (1985年12月21日) 中森明菜『MY BEST THANKS』のアルバム・ノーツ [LP]. ワーナー・パイオニア (L-4101).
  11. ^ (1995年12月6日) 中森明菜『true album akina 95 best』のアルバム・ノーツ [3×12cmCD]. MCAビクター (MVCD-36001-3).
  12. ^ (EP) (リリース・ノート). 「飾りじゃないのよ涙は」. 中森明菜. ワーナー・パイオニア. (1984年11月14日). L-1666. 
  13. ^ 中森明菜オフィシャルサイト » Single”. スローモーション」〜「飾りじゃないのよ涙は」. Nakamoriakina.com. 2012年3月11日閲覧。
  14. ^ クラブハウス 『オリコン No.1 HITS 500 1968〜1985 (上) オリコンチャート1位ヒットソング集』 クラブハウス、1998年11月1日、215、259頁。ISBN 4906496121。
  15. ^ (LP) (リリース・ノート). 「赤い鳥逃げた」. 中森明菜. ワーナー・パイオニア. (1985年5月1日). L-3601. 
  16. ^ 堤昌司 (2009年6月10日). 中森明菜『コンプリート・シングル・コレクションズ〜ファースト・テン・イヤーズ<ライノ・プレミアム・エディション>』のアルバム・ノーツ, p. 16 [4×12cmCD]. ワーナーミュージック・ジャパン (WPCL-10681/84).
  17. ^ (1993年11月10日) 中森明菜『AKINA』のアルバム・ノーツ [4×12cmCD]. ワーナーミュージック・ジャパン (WPCL-770〜3).
  18. ^ 中森明菜-リリース-ORICON STYLE ミュージック”. オリコン. 2012年3月11日閲覧。
  19. ^ 中森明菜 / BITTER AND SWEET AKINA NAKAMORI 8TH ALBUM [SA-CDハイブリッドCD] [紙ジャケット仕様] [限定] [CD] [アルバム] - CDJournal.com”. 音楽出版社. 2012年7月25日閲覧。
  20. ^ 井上陽水 / 9.5カラット [SHM-CD] - CDJournal”. 音楽出版社. 2013年5月6日閲覧。
  21. ^ History 1988 « CHAGE and ASKA Official Web Site”. ROCKDOM ARTISTS. 2013年5月6日閲覧。
  22. ^ 予感 « CHAGE and ASKA Official Web Site”. ROCKDOM ARTISTS. 2013年5月6日閲覧。
  23. ^ ASKA / SCENE [再発] - CDJournal”. 音楽出版社. 2013年5月6日閲覧。
  24. ^ 角松敏生 / The gentle sex - CDJournal”. 音楽出版社. 2013年5月6日閲覧。