BM-14

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
RPU-14 (牽引型)

BM-14ロシア語БМ-14)は、ソ連で開発された140mm多連装ロケット砲である。第二次世界大戦中に赤軍が使用していたBM-8/BM-13 カチューシャの後継となるべき兵器として開発された。

概要[編集]

BM-14

ロケット弾は、16-17連装の発射器から発射され、10kmまでの射程をもち、弾頭重量は8kg。一般的な破砕性弾頭以外にも化学兵器を充填した弾頭を発射可能。

ロケット弾は無誘導であり、精密な照準は行えないが、BM-13と同じく面制圧兵器としては効果的であった。

BM-14は、BM-8/BM-13 カチューシャの代替として使用されていたが、ソ連軍では1963年以降は順次新型の122mm口径BM-21に更新されて退役した。

ソ連以外ではキューバアルジェリアなどが装備し、アルジェリアは1993年からのアルジェリア内戦で使用されている。

正規軍以外でも世界中のゲリラ組織がBM-21と共に使用しており、レバノンヒズボラアフガニスタンタリバンイラクの武装組織などが使用している模様。

派生型[編集]

BM-14(8U32)
16連装(8列×上下2段)発射機をZiS-151トラックに搭載したモデル。1952年制式。BM-14-16とも呼ばれる。
BM-14M(2B2)
同じ発射機をZIL-157トラックに搭載したモデル。
BM-14MM(2B2R)
同発射機の最終型で、ZIL-131トラックに搭載したモデル。
BM-14-17(8U35)
17連装(8列+9列)発射機をGAZ-63Aロシア語版英語版トラックに搭載したモデル。1959年開発。同じ発射機はシュメーリ型 (1204号計画型) 砲艇ロシア語版ドイツ語版など、小型船舶武装としても使用された。
RPU-14(8U38)ロシア語版
被牽引型の16連装モデルで、台車はD-44 85mm野砲ロシア語版英語版のものを原型としている。ロシア空挺軍に採用されたが、BM-21V グラートVによって置き換えられた。

関連項目[編集]