BMD-2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
BMD-2
BMD-2 - 137AirborneRegiment22.jpg
基礎データ
全長 5.4 m
全幅 2.63 m
全高 m
重量 8 t
乗員数 2 名
乗員配置 乗員2名、歩兵5名
装甲・武装
装甲 アルミニウム合金
主武装 30mm機関砲2A42
AT-4/AT-4Bスピゴット対戦車ミサイル
又はAT-5/AT-5Bスパンドレル対戦車ミサイル
副武装 7.62mm機関銃×3
機動力
速度 60 km/h(整地)
km/h(不整地)
10 km/h(水上)
エンジン 5D-20
V型6気筒液冷ディーゼル
176 kW/2600 rpm
行動距離 500 km
テンプレートを表示

BMD-2(БМД-2)は、ソビエト連邦歩兵戦闘車(IFV)。BMDとは、ロシア語で空挺戦闘車Боевая машина десанта)を意味し、この型の車両は空中投下が可能なように設計されている。ブートカ(Будка;見張小屋)とも呼ばれることがある。

BMD-2は、1985年ソビエト連邦軍の装備に採用され、ヴォルゴグラード・トラクター工場で量産に入った。

概要[編集]

30mm機関砲2A42は、有効射程2,500~4,000m、発射速度500発/分。アフガニスタンの山岳地での戦闘を教訓に、+75度までの射角が取れるようになっている。対戦車戦闘用に、対戦車ミサイル9M113「コンクールス」(Конкурс)又は9M111「ファゴート」(Фагот)が搭載されている。外部監視装置は、昼夜間兼用のBPK-1-42に換装された。

BMD-1と同様に、輸送機及びヘリコプターに搭載し、P-7及びP-16型落下傘を利用して空中投下することができる。最新型のPRSM-925落下傘ロケット・システムを利用すれば、高度500m~1,500mでIl-76から投下することができる。

弾薬搭載数は、対戦車ミサイル×3発、30mm機関砲弾×300発、機関銃弾×2,940発。

派生型[編集]

BMD-2K
指揮車型。無線機×2台と電力供給用のエンジン発動機を設置。

採用国[編集]

関連項目[編集]