BREATH (渡辺美里のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BREATH
渡辺美里スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル EPIC・ソニー
プロデュース 小坂洋二MISATO
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1987年度年間9位(オリコン)
渡辺美里 アルバム 年表
Lovin' you
(1986年)
BREATH
(1987年)
ribbon
(1988年)
『BREATH』収録のシングル
テンプレートを表示

BREATH』(ブレス)は1987年7月15日にリリースされた渡辺美里の3枚目のオリジナルアルバム

解説[編集]

  • このアルバムから2000年に発売される『Love♥Go Go!!』まで一部の曲を除き、渡辺が全曲作詞を担当しうち数曲作詞・作曲両方を手掛けることとなる。
  • ジャケットが本人の顔をアップにしたものとなっている。
  • 今作で作曲家デビューした伊秩弘将や、高校時代の先輩だった清水信之佐橋佳幸が作曲や編曲で参加。そして後に宇多田ヒカルのサウンドプロデュースを手掛ける西平彰も参加している。
  • 本アルバム発売前にリリースされた『BELIEVE』は、小室哲哉がプロデュースとして参加している為か、このアルバムにはコンセプトの都合上収録せず、次作アルバム『ribbon』へ見送った。

収録曲[編集]

CD
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.BOYS CRIED〜あの時からかもしれない〜 伊秩弘将西平彰
2.「HAPPY TOGETHER」 佐橋佳幸佐橋佳幸
3.IT'S TOUGH 伊秩弘将西平彰
4.「Milk Hallでおあいしましょう」 佐橋佳幸清水信之
5.「BREATH」 伊秩弘将清水信之
6.「Richじゃなくても」 渡辺美里清水信之
7.「BORN TO SKIP」 木根尚登清水信之
8.「HERE COMES THE SUN〜ビートルズに会えなかった〜」 小室哲哉西平彰
9.「PAJAMA TIME」 小室哲哉清水信之
10.「風になれたら」 渡辺美里・佐橋佳幸佐橋佳幸
合計時間:

参加ミュージシャン[編集]

BOYS CRIED〜あの時からかもしれない〜

  • e.guitar,a.guitar&flat mandoline:佐橋佳幸
  • keyboards:西平彰
  • drums:青山純
  • e.bass:荻原“メッケン”基文
  • percussions:浜口茂外也
  • manipulate:松井隆雄
  • chorus:木戸泰弘・比山清

HAPPY TOGETHER

  • The Loversoul
e.guitar:佐橋佳幸
keyboards:柴田俊文
drums&percussion:松本淳
e.bass:井上哲也
chorus:Cindy・Suzi Kim・Wornell Jones・Joey MacCoy ・“Smile”Sahashi

IT'S TOUGH

MILK HALLでおあいしましょう

  • e.guitar:佐橋佳幸
  • drums programming,keyboards&e.bass:清水信之
  • chorus:安部恭弘・木戸泰弘・比山清・MISATO

BREATH

  • a.piano:清水信之
  • strings:金子飛鳥グループ
  • flute:衛藤幸雄・西沢幸彦
  • oboe:石橋雅一
  • horn:沖田晏

RICHじゃなくても

  • electronics,a.piano,glockenspiel&percussions:清水信之
  • horns:東京 Jazz Ensemble

BORN TO SKIP

  • electronics&percussions:清水信之

HERE COMES THE SUN〜ビートルズに会えなかった〜

  • e.guitar:佐橋佳幸
  • keyboards:富樫春生, 西平彰
  • drums:青山純
  • e.bass:有賀啓雄
  • percussions:古田たかし
  • manipulate:松井隆雄
  • chorus:TM NETWORK・MISATO

PAJAMA TIME

  • e.guitar:佐橋佳幸
  • electronics&percussions:清水信之
  • chorus:安部恭弘・木戸泰弘・比山清・MISATO

風になれたら

  • a.guitar and keyboards:佐橋佳幸
  • manipulate:石川鉄男
  • chorus:MISATO

関連項目[編集]