BRM・P126

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
BRM・P126
1968 BRM P126 Goodwood, 2009.JPG
BRM・P126、2009年のグッドウッドフェスティバル
カテゴリー F1
コンストラクター ブリティッシュ・レーシング・モータース
デザイナー レン・テリー
先代 P115
後継 P133
主要諸元[1]
シャシー マグネシウム合金製 モノコック
トレッド 前:1,575 mm (62.0 in)
後:1,575 mm (62.0 in)
ホイールベース 2,375 mm (93.5 in)
エンジン BRM P142 2,998 cc (182.9 cu in) V12 自然吸気, ミッドエンジン
トランスミッション 5速 マニュアル
重量 565kg
燃料 シェル
タイヤ グッドイヤー
ダンロップ
主要成績
チーム オーウェン・レーシング・オーガニゼーション
レグ・パーネル・レーシング
ドライバー メキシコの旗 ペドロ・ロドリゲス
イギリスの旗 リチャード・アトウッド
イギリスの旗 ピアス・カレッジ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1968年南アフリカグランプリ
出走 優勝 ポール Fラップ
15 0 0 0
テンプレートを表示

BRM・P126 は、ブリティッシュ・レーシング・モータース1968年および1969年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーロータスおよびイーグルのデザイナーであったレン・テリーが設計し、彼のワークショップであるトランスアトランティック・オートモーティヴ・コンサルタンツで製作され、BRM製3.0リッターV12エンジンを搭載した。

開発[編集]

BRMは1966年1967年にH16エンジンの開発に注力した。しかしこれは成功せず、マクラーレンに供給していたV12エンジン - BRM・P142 - を開発の主力に据えた。このエンジンを元にイギリス人デザイナーのレン・テリーが新たなモノコックを開発した。テリーはBRMに所属していた訳では無く、独立したデザイナーであった。したがって、P126はBRMが製造しなかった初のBRMのレーシングカーとなった。

テリーは12気筒エンジンのための新たなスペースフレームを構築した。エンジンは元々1967年のスポーツカー、ミラージュM2用に製作された物であった。このエンジンは1気筒当たりバルブを2つ装着し、360馬力を発生した。当時のエンジンの大半は1気筒当たり4バルブを採用していた。車体はモノコック構造で、ギアボックスはヒューランド製の5速マニュアル、車重は540kgであった。P126は3台が製作され、1台はレグ・パーネル・レーシングに供給された。

オーウェン・レーシング・オーガニゼーション[編集]

オーウェン・レーシング・オーガニゼーションペドロ・ロドリゲスを起用した。開幕戦南アフリカグランプリでは予選を10位で通過し、決勝では燃料システムトラブルでリタイアした[2]。ロドリゲスはその後P133P138を使用したが、チームはリチャード・アトウッドを起用し6戦でP126を走らせた。モナコグランプリでアトウッドは予選を6位で通過、決勝は2位に入賞した[3][4]。ベルギーグランプリでは予選18位、決勝はオイルパイプの破損でリタイアした[5]。オランダグランプリでは予選15位、決勝は7位になる[6]。フランスグランプリでは予選12位、決勝7位となる[7]。イギリスグランプリでは予選15位、決勝はラジエター破損でリタイアとなった[8]。ドイツグランプリでは予選20位、決勝14位となった[9]。イタリアグランプリではアトウッドに代わってボビー・アンサーが起用された。アンサーは予選序盤でファストタイムを記録した。彼はアメリカに帰国しインディアナ・ステート・フェアーで開催されるフージー・ハンドレッドに出場してから翌日ミラノに戻ってグランプリに参戦するつもりであった。グランプリのオーガナイザーは、グランプリの始まりから24時間以内に別のイベントに出場することを禁じるルールから、アメリカに帰国してレースをした場合グランプリへの参加を禁じると発表した。そのためアンサーはアメリカに帰国し、グランプリには出場しなかった[10]。その後オーウェン・レーシング・オーガニゼーションはP133の開発に注力した。

レグ・パーネル・レーシング[編集]

レグ・パーネル・レーシングは1968年シーズン、ピアス・カレッジを起用した。スペイングランプリでは予選11位、決勝は燃料ポンプトラブルでリタイアした[11]。モナコグランプリでは予選11位、決勝はシャシーの問題でリタイアする[12]。ベルギーグランプリでは予選7位、決勝はエンジンブローでリタイアとなった[13]。オランダグランプリでは予選14位、決勝はスピンでリタイアとなった[14]。フランスグランプリは予選14位、決勝6位となりシーズン初完走となった[15]。イギリスグランプリは予選16位、決勝8位となる[16]。ドイツグランプリは予選8位、決勝も8位となった[17]。イタリアグランプリは予選17位、決勝4位となった[18]。カナダグランプリは予選14位、決勝はギアボックストラブルでリタイアとなった[19]。アメリカグランプリは予選14位、決勝は燃料切れでリタイアとなった[20]。最終戦メキシコグランプリは予選19位、決勝はエンジンブローでリタイアとなった[21]。カレッジは年末にチームを離れ、1969年はフランク・ウィリアムズ・レーシングカーズブラバムを走らせた。チームは1969年シーズン、ペドロ・ロドリゲスを起用したが彼は3戦のみの参戦となった。開幕戦の南アフリカグランプリでは予選15位、決勝は冷却水漏れでリタイアとなった[22]。スペイングランプリでは予選14位、決勝はエンジンブローでリタイアとなった[23]。モナコグランプリでは予選14位、決勝はまたしてもエンジンブローでリタイアとなった[24]

F1における全成績[編集]

(key)(太字ポールポジション斜体ファステストラップ

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ポイント 順位
1968年 オーウェン・レーシング・オーガニゼーション BRM V12 G RSA
南アフリカの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
BEL
ベルギーの旗
NED
オランダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
ITA
イタリアの旗
CAN
カナダの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
MEX
メキシコの旗
28† 5位†
ペドロ・ロドリゲス Ret
リチャード・アトウッド 2 Ret 7 7 Ret 14
ボビー・アンサー DNS
レグ・パーネル・レーシング ピアス・カレッジ Ret Ret Ret Ret 6 8 8 4 Ret Ret Ret
1969年 レグ・パーネル・レーシング BRM V12 G RSA
南アフリカの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
NED
オランダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
ITA
イタリアの旗
CAN
カナダの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
MEX
メキシコの旗
7‡ 5位‡
ペドロ・ロドリゲス Ret Ret Ret

‡ ポイントはP138およびP139による。
† ポイントはP133による。

参照[編集]

  1. ^ Stats F1. “BRM P126”. 2014年4月30日閲覧。
  2. ^ Grand Prix results, South African GP 1968”. 2016年1月24日閲覧。
  3. ^ Melissen, Wouter (2005年6月17日). “BRM P126”. Ultimatecarpage.com. 2016年1月24日閲覧。
  4. ^ Grand Prix results, Monaco GP 1968”. 2015年1月28日閲覧。
  5. ^ Grand Prix results, Belgian GP 1968”. 2016年1月24日閲覧。
  6. ^ Grand Prix results, Dutch GP 1968”. 2016年1月24日閲覧。
  7. ^ Grand Prix results, French GP 1968”. 2016年1月24日閲覧。
  8. ^ Grand Prix results, British GP 1968”. 2016年1月24日閲覧。
  9. ^ Grand Prix results, German GP 1968”. 2016年1月24日閲覧。
  10. ^ Grand Prix results, Italian GP 1968”. 2016年1月24日閲覧。
  11. ^ Grand Prix results, Spanish GP 1968”. 2016年1月24日閲覧。
  12. ^ Grand Prix results, Monaco GP 1968”. 2016年1月24日閲覧。
  13. ^ Grand Prix results, Belgian GP 1968”. 2016年1月24日閲覧。
  14. ^ Grand Prix results, Dutch GP 1968”. 2016年1月24日閲覧。
  15. ^ Grand Prix results, French GP 1968”. 2016年1月24日閲覧。
  16. ^ Grand Prix results, British GP 1968”. 2016年1月24日閲覧。
  17. ^ Grand Prix results, German GP 1968”. 2016年1月24日閲覧。
  18. ^ Grand Prix results, Italian GP 1968”. 2016年1月24日閲覧。
  19. ^ Grand Prix results, Canadian GP 1968”. 2016年1月24日閲覧。
  20. ^ Grand Prix results, United States GP 1968”. 2016年1月24日閲覧。
  21. ^ Grand Prix results, Mexican GP 1968”. 2016年1月24日閲覧。
  22. ^ Grand Prix results, South African GP 1969”. 2016年1月24日閲覧。
  23. ^ Grand Prix results, Spanish GP 1969”. 2016年1月24日閲覧。
  24. ^ Grand Prix results, Monaco GP 1969”. 2016年1月24日閲覧。