BROADWAY BOYS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

BROADWAY BOYS』(ブロードウェイ ボーイズ)は宝塚歌劇団によって制作された舞台作品。月組[1][2]公演。形式名は「グリコスペシャル ミュージカル・ショー[3][2]」。宝塚は20場[3]。作・演出[3][2]はトミー・チューンと岡田敬二とジェフ・カルフーン。併演作品は『グランドホテル[1][2]』。涼風真世の宝塚サヨナラ公演[4]で、宝塚大劇場公演は宝塚歌劇団79期生[5]の初舞台公演演目であった。

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[4]参考。

ブロードウェイに憧れて、田舎からやってきたジミーとフレッドが、栄光の街で経験する様々な出来事をバラエティ・ショー風に綴った作品。フィナーレ前にはトニー・チューンがブロードウェイで認められるきっかけになった"Seesaw(シーソー)"の中の曲を涼風真世が歌い踊った。チューンは初舞台生のロケットダンスの振付も担当した。

公演期間と公演場所[編集]

スタッフ[編集]

※氏名の後ろに「宝塚[3]」・「東京[2]」の文字がなければ両劇場共通。

  • 振付:トミー・チューン/ジェフ・カルフーン
  • 作詞・作曲:ジェリー・ハーマン
  • 訳詞:岡田敬二/平野恵子
  • 振付補:ニキ・ハリス
  • 音楽監督・作曲補:ウォーリー・ハーパー
  • 編曲:ピーター・マッツ
  • 音楽監督:高橋城
  • 音楽指揮:岡田良機(宝塚)、清川知巳(東京)
  • 装置:大橋泰弘
  • 衣装:任田幾英
  • 照明:勝柴次朗
  • 音響:加門清邦
  • 小道具:万波一重
  • 小道具補:伊集院徹也
  • 効果:川ノ上智洋
  • 演出補・訳詞:小池修一郎
  • 演出助手・訳詞:中村一徳
  • 演出助手:加藤誠
  • 振付助手:麻咲梨乃
  • タップダンス指導:牧野洋子
  • 装置補:新宮有紀
  • 衣装補:有村淳
  • 舞台進行:赤坂英雄
  • 通訳:上村朋子
  • 制作:佐分孝
  • 製作担当:伊藤万寿夫(東京)

主な配役[編集]

※宝塚[3]・東京[2]共通。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 80年史 1994, p. 359.
  2. ^ a b c d e f g 80年史 1994, p. 362.
  3. ^ a b c d e 80年史 1994, p. 360.
  4. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 169.
  5. ^ 100年史(人物) 2014, p. 105.

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5。
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3。
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0。