BSデジタル号がゆく!〜ブルートレイン 九州一周の旅〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
那良口 - 渡にて(2010年9月4日)

BSデジタル号がゆく!〜ブルートレイン 九州一周の旅〜(ビーエスデジタルごうがゆく!ブルートレインきゅうしゅういっしゅうのたび)は、NHK BShiで、2010年9月4日5日九州各地および、九州を一周した臨時列車「BSデジタル号」車内から生放送された鉄道番組である。門司港駅をキーステーションとして使用。

放送時間[編集]

BS-hiでの放送時間は下記の通り。

9月4日
  • 第1部:SLが行く!
9時 - 12時30分
  • 第2部:鉄道をあじわう!
14時30分 - 17時
9月5日
  • 第3部:旅をデザインする!
9時30分 - 11時54分
  • 第4部:鉄道を愉しむ!
13時 - 16時30分

一部時間では地上波総合BS1BS2でも放送が行われた。

  • 9月4日
9時 - 9時50分(BS1)
9時 - 9時50分、10時5分 - 11時13分(総合、九州地方のみ)
12時40分 - 12時45分(総合、全国)
14時30分 - 17時(BS2)
  • 9月5日
10時5分 - 11時54分(BS2)
10時5分 - 10時48分(総合、九州地方のみ)

出演者[編集]

門司港駅
鹿児島中央駅
BSデジタル号車内

臨時列車「BSデジタル号」[編集]

運行経路[編集]

鹿児島本線 - 肥薩線 - 日豊本線 - 久大本線 - 日田彦山線 - 日豊本線 - 鹿児島本線経由で運行した。なお、放送は9月4日からであるが、列車は3日に門司港から熊本までの運行でスタートした。また、鹿児島中央から大分にかけては夜行となっている。テレビ放送のための列車ではあるが、一般客も熊本発門司港行の有料ツアー参加の形態で乗車が出来た[2]

停車駅[編集]

使用車両[編集]

DE10 1753

熊本車両センターが担当し、客車は14系寝台客車3両(スハネフ14 101、オハネ15 4、スハネフ14 11)を使用。門司港 - 熊本(3日)はDE10 1195号機が牽引[3]。熊本 - 人吉(4日)は『SL人吉』で使用される58654号機が牽引[4]。人吉 - 鹿児島中央 - 大分 - 門司港(4・5日)はDE10 1753号機が牽引した[5]。この関係で9月4日のSL人吉は下りのみ運休となり、上り列車で使用するSL人吉用の50系客車はDE10 1753号機の牽引で人吉まで送り込み回送した[6]。DE10 1753号機はこの列車のために黒系のオリジナル塗装に変更され[7]、また58654号機ともども水戸岡鋭治デザインのヘッドマーク[8]が用意された。

脚注[編集]

  1. ^ 向谷が主宰するUSTREAM『向谷倶楽部』で中西が参加して制作した「Twilight stream」「21st Love Express」「さくら」の3曲を向谷の演奏で中西が歌った。
  2. ^ JR九州旅行BSデジタル号がゆく!ぐるっと九州デジタルツアー 九州旅客鉄道 (PDF)
  3. ^ 「BSデジタル号」の運転が始まる - 鉄道ファン 2010年9月4日
  4. ^ 「BSデジタル号」を58654がけん引 - 鉄道ファン 2010年9月5日
  5. ^ 「BSデジタル号」を特別塗装のDE10 1753がけん引 - 鉄道ファン 2010年9月5日
  6. ^ DE10 1753が“SL人吉”用50系をけん引 - 鉄道ファン 2010年9月5日
  7. ^ DE10 1753が黒色塗装に - 鉄道ファン 2010年8月28日
  8. ^ JTB時刻表 2010年9月号 巻頭特集

関連番組[編集]

  • 絶景九州(ワンセグ2、10回シリーズ)
  • BSデジタル大紀行 ぐるっと九州絶景旅
  • SL人吉が走る