BS青春のポップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

BS青春のポップス』(ビーエスせいしゅんのポップス)は、NHKBS2およびBShiでかつて放送されていた音楽番組である。

概要[編集]

1998年4月から2002年3月までNHK総合テレビで放送されていた「青春のポップス」(西城秀樹森口博子西田ひかるの司会)の後継番組である。

2003年5月から2005年2月までにかけての不定期放送で、1度の放送ごとに日本全国の会場を転々として収録を行っており、延べ16回にわたって放送された。

当初毎回7組のレギュラー陣(ホスト役含む)と、スペシャルゲスト3 - 4組で出演者が構成されていた。2004年5月の放送からはレギュラー陣の数が不規則(最低7組から最高12組まで)になった。

番組内容・構成[編集]

1950 - 1970年代中心にヒットしたポップス[1]を各出演者が披露するというもの。

また、曲によってはレギュラー陣がバックコーラスを務めるというシステムも導入されていた。

番組の基本的な流れは、

  1. オープニングの「VACATION」をレギュラー陣全員で歌う。
  2. アトランダムに選曲された洋楽ポップス6 - 7曲をレギュラー陣が披露。
  3. レギュラー陣の中から数組が特定の歌手のヒット曲メドレーを行う。
  4. スペシャルゲストが登場し、スペシャルテーマに沿った曲の数々を披露。
  5. テーマを決め、そのテーマがタイトルに入った曲をメドレーでレギュラー陣が歌う。
  6. 出演者全員でエンディングのカーペンターズの『シング』を歌う

というもの。

司会[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 主に洋楽で、日本語カバーされた事のある洋楽曲は日本語バージョンで披露される事もあった。