BTR-T

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BTR-T
BTRTHeavyAPC2.jpg
基礎データ
全長 6.2m
全幅 3.27m
全高 2.4m
重量 38.5t
乗員数 2名
乗員配置 乗員2名、歩兵5名
装甲・武装
主武装 砲塔の項参照
機動力
速度 50km/h(整地)
エンジン ディーゼル
580hp
行動距離 500km
テンプレートを表示

BTR-Tは、ソビエト連邦ロシア歩兵戦闘車(IFV)。アフガニスタン紛争チェチェン紛争にて、軽装甲の歩兵戦闘車などがRPG-7などにより多数撃破されたことを受け、旧式化したT-55戦車の車体を流用して防御力の向上を図った歩兵戦闘車である。

概要[編集]

BTR-Tは、トランスミッションと車体が完全にT-55と共通している。しかし、装甲は全く異なっており、爆発反応装甲を採用している。このため、装甲は600mmの通常の均質圧延鋼板装甲と同等である。

兵士は上部ハッチからしか出入りできない。また、与圧NBC防護装置を備え、NBC汚染環境下でも行動可能である。

水上浮航能力はないが、水深1.4mまでならば徒渡できる。また、特殊装備を用いることで最大水深5mまでは徒渡可能。

砲塔[編集]

砲塔はモジュラー式となっており、5種類の砲塔を搭載可能である。

関連項目[編集]