BULLSフットボールクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BULLSフットボールクラブ
基本情報
メインスポンサー 昭和システムエンジニアリング
日比谷コンピュータシステム
創設年 1981年
所属リーグ
リーグ X2・CENTRAL
本拠地
本拠地 埼玉県朝霞市
組織
監督 鈴木伸佳
ヘッドコーチ 沼田寿
成績
2018シーズン BATTLE9 8位
獲得タイトル
※獲得タイトルなし
外部リンク
公式サイト0/0公式Twitter

BULLSフットボールクラブ(ブルズ フットボールクラブ、: Bulls Football Club)は、埼玉県朝霞市の社会人アメリカンフットボールチーム(クラブチーム)。X2所属。

歴史[編集]

1981年日本ユニバックのアメリカンフットボールチーム、ファイティングビッツが創部。

1988年、合併に伴い日本ユニシスとなり、1989年に日本社会人アメリカンフットボール協会に加盟。

1998年に関東社会人Jr.リーグへ昇格。

1999年にX3リーグへ昇格。

2004年に和光証券BULLSと合併し、日本ユニシスBULLSにチーム名を変更。

2006年にX2リーグへ昇格。

2009年Xリーグへ昇格。

2013年に日本ユニシスがスポンサーから撤退を表明し、BULLSフットボールクラブに改名。チームの運営費を調達するための試みとして、不特定多数の個人や団体などから、インターネットを通して運営資金を募る「クラウドファンディング」で、チームの再建に乗り出すことにした。この仕組みは、JGマーケティング社に運営を委託し、同社のサイト内で1万円を下限として出資を募り、出資者にはその出資額に応じて公式戦の観戦チケットなどの記念品を贈呈するというものである[1][2]

チーム名遍歴[編集]

期間 チーム名称
1981年 - 1987年 日本ユニバックアメリカンフットボール部
1988年 - 不明 日本ユニシスアメリカンフットボール部
不明 - 2003年 日本ユニシスRED SCORPIONS
2004年 - 2012年 日本ユニシスBULLS
2013年 BULLSフットボールクラブ

脚注[編集]

  1. ^ アメフト強豪、クラウドファンディングで資金調達 日経BP社 ITpro (2013年9月5日)
  2. ^ 「BULLSフットボールクラブ」チーム存続の危機! アメフトチーム初 クラウドファンディングで社会人リーグ登録料を募集 産経新聞 (2013年9月5日)