BUNGO -ブンゴ-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BUNGO -ブンゴ-
ジャンル 青年漫画野球
漫画
作者 二宮裕次
出版社 集英社
掲載誌 週刊ヤングジャンプ
レーベル ヤングジャンプ・コミックス
発表号 2015年3号 - 連載中
発表期間 2014年12月18日 -
巻数 既刊18巻(2019年6月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

BUNGO -ブンゴ-』は、二宮裕次による日本漫画。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて、2015年3号より連載中。キャッチコピーは『直球が未来を狩る!!猛禽系野球狂ストーリー!!!!!!!

登場人物[編集]

静央シニア[編集]

石浜文吾(イシハマ ブンゴ)
本作の主人公。中学1年→中学3年。投手。左投げ左打ち。
一度熱中すると研究せずにいられない凝り性な性格。左利きだが、父親が野球を知らず右投げ用のグローブを買ってきたため当初は右投げだった。
紅白戦以後は吉見と練習を共にし、爆発的成長を遂げた。上本牧戦にはリリーフで登板。ど真ん中のストレートを武器に立花を三振にとり、その後も異次元の投球を見せるが、全国大会準決勝で宮松シニアに打ち崩された。中学3年時はフィールディングや制球力もあがり全国区の選手に成長したが、鮎川瑛太にエースナンバーを奪われる。地道に努力を積み重ね、必ずエースナンバーを取り返すと宣言。変化球の練習にも取り組み始め、カーブを習得した。中学3年時春の時点での評価はAマイナス。
野田幸雄(ノダ ユキオ)
中学1年→中学3年。内野手。右投げ右打ち。
U-12日本代表で3番打者を務めた天才打者。闘志と冷静な判断力を同局させる静央の主軸。超負けず嫌い。中学3年時には連盟記録を大幅に塗り替える可能性を持つほどの選手に成長。100校を超える高校からスカウトを受け、世代トップレベルのスペシャルワンと評される。中学3年時の評価は文句なしのS。
神谷真琴(カミヤ マコト)
本作のヒロイン。中学1年→中学3年。内野手。右投げ右打ち。
野田の幼馴染。守備と打撃に抜群のセンスを持ち、女子ながら静央のレギュラーに安着している。
吉見雅樹(ヨシミ マサキ)
中学3年→高校2年。投手。右投げ右打ち。
静央のエース。”監視者”と呼ばれる優れた観察眼を持つ。元々はオーバースローからストレートで押すタイプの投手だったが上本牧に打ち崩され、イップスとなった後コンビネーションタイプの投手として復活。元々の速球に加え、数種類のスライダーとSFFを武器に静央シニア全国ベスト4の原動力となった。後に翔西に進学し2年生ながらエースとして君臨している。
鮎川智(アユカワ サトシ)
中学3年→高校2年。捕手。右投げ右打ち。
直球にしかバットを降らないスタイルを断固貫く、静央の4番打者にして捕手を務める男。パワーは超中学級だが2ストライクまでは変化球を見逃すスタイルも相まって評価はBランク。
水嶋廣人(ミズシマ ヒロト)
中学3年→高校2年。内野手。右投げ左打ち。
6人兄弟の長男で、家族の事情から高校へは野球の特待生入学を狙っている1番打者。バットコントロールが得意なヒットメーカー。後に横浜第一に進学。
袴田浩(ハカマダ ヒロシ)
中学1年→中学3年。内野手→捕手。右投げ左打ち。
シニアの内情をよく知る男。自信家だが、体が小さいことがコンプレックス。当初は遊撃手であったが、上本牧戦での石浜のピッチングを見て捕手を志す。中学3年時には静央の正捕手となり横浜第一から獲得の予定があるとされた。
鮎川瑛太(アユカワ エイタ)
中学1年→中学3年。投手。左投げ右打ち。
実質的な初登場は上本牧戦。当時は線が細いながらも静央でレギュラーを勝ち取り、サヨナラに貢献するなど堅実な選手だったが、1年秋に投手へコンバート。凄まじいトレーニングと効率的な栄養摂取によって驚異的なフィジカルを手に入れ、ムービングボールを武器に静央シニアの絶対エースとして君臨。62校からスカウトを受けるなど、かつての吉見に迫る投手と評された。3年春時点でのスカウト評価はA(限りなくSに近い)。
野田監督
静央シニアの監督で、幸雄の父。静央シニアを全国区の強豪に導く名将。面白いことを優先する性格。

上本牧シニア[編集]

立花由喜(タチバナ ヨシキ)
中学3年→高校2年。三塁手。右投げ右打ち。
かつて吉見をメッタうちにした上本牧の4番打者。怖い表情から”人殺し”の異名を持つ。
下川毅(シモカワ ツヨシ)
中学2年→高校1年。投手。右投げ右打ち。
超有望株と注目される二年エース。長身から投げ下ろされる直球とカーブで三振を量産する。
諸星要(モロボシ カナメ)
中学1年→中学3年。遊撃手。右投げ左打ち。
鉄壁の守備が持ち味で、U-12にも選出された野田のライバル。出塁率の高いリードオフマン。
砂川慎太郎(スナカワ シンタロウ)
中学1年→中学3年。二塁手。右投げ左打ち。
後足を生かした魅せる守備で、チームを盛り上げる。マコトにつきまとい、怖がれている。

その他の登場人物[編集]

石浜かをり(イシハマ かをり)
文吾の姉。

書誌情報[編集]

  • 二宮裕次 『BUNGO -ブンゴ-』 集英社ヤングジャンプ・コミックス〉、既刊18巻(2019年6月19日現在)
    1. 2015年7月22日発行(7月17日発売[集 1])、ISBN 978-4-08-890189-3
    2. 2015年8月24日発行(8月19日発売[集 2])、ISBN 978-4-08-890190-9
    3. 2015年10月24日発行(10月19日発売[集 3])、ISBN 978-4-08-890306-4
    4. 2016年2月24日発行(2月19日発売[集 4])、ISBN 978-4-08-890359-0
    5. 2016年5月24日発行(5月19日発売[集 5])、ISBN 978-4-08-890412-2
    6. 2016年8月24日発行(8月19日発売[集 6])、ISBN 978-4-08-890541-9
    7. 2016年12月24日発行(12月19日発売[集 7])、ISBN 978-4-08-890542-6
    8. 2016年12月24日発行(12月19日発売[集 8])、ISBN 978-4-08-890585-3
    9. 2017年3月22日発行(3月17日発売[集 9])、ISBN 978-4-08-890642-3
    10. 2017年6月24日発行(6月19日発売[集 10])、ISBN 978-4-08-890684-3
    11. 2017年9月24日発行(9月19日発売[集 11])、ISBN 978-4-08-890741-3
    12. 2017年12月24日発行(12月19日発売[集 12])、ISBN 978-4-08-890822-9
    13. 2018年3月24日発行(3月19日発売[集 13])、ISBN 978-4-08-890878-6
    14. 2018年6月24日発行(6月19日発売[集 14])、ISBN 978-4-08-891047-5
    15. 2018年9月24日発行(9月19日発売[集 15])、ISBN 978-4-08-891097-0
    16. 2018年12月24日発行(12月19日発売[集 16])、ISBN 978-4-08-891172-4
    17. 2019年3月24日発行(3月19日発売[集 17])、ISBN 978-4-08-891227-1
    18. 2019年6月24日発行(6月19日発売[集 18])、ISBN 978-4-08-891316-2

出典[編集]

[ヘルプ]

以下の出典は『集英社の本』(集英社)内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。

  1. ^ BUNGO -ブンゴ-/1|二宮 裕次|ヤングジャンプコミックス|”. 2015年10月6日閲覧。
  2. ^ BUNGO -ブンゴ-/2|二宮 裕次|ヤングジャンプコミックス|”. 2015年10月6日閲覧。
  3. ^ BUNGO -ブンゴ-/3|二宮 裕次|ヤングジャンプコミックス|”. 2015年10月19日閲覧。
  4. ^ BUNGO -ブンゴ-/4|二宮 裕次|ヤングジャンプコミックス|”. 2016年2月19日閲覧。
  5. ^ BUNGO -ブンゴ-/5|二宮 裕次|ヤングジャンプコミックス|”. 2016年5月19日閲覧。
  6. ^ BUNGO -ブンゴ-/6|二宮 裕次|ヤングジャンプコミックス|”. 2016年8月19日閲覧。
  7. ^ BUNGO -ブンゴ-/7|二宮 裕次|ヤングジャンプコミックス|”. 2016年12月19日閲覧。
  8. ^ BUNGO -ブンゴ-/8|二宮 裕次|ヤングジャンプコミックス|”. 2016年12月19日閲覧。
  9. ^ BUNGO -ブンゴ-/9|二宮 裕次|ヤングジャンプコミックス|”. 2017年3月17日閲覧。
  10. ^ BUNGO -ブンゴ-/10|二宮 裕次|ヤングジャンプコミックス|”. 2017年6月19日閲覧。
  11. ^ BUNGO -ブンゴ-/11|二宮 裕次|ヤングジャンプコミックス|”. 2017年9月19日閲覧。
  12. ^ BUNGO -ブンゴ-/12|二宮 裕次|ヤングジャンプコミックス|”. 2017年12月19日閲覧。
  13. ^ BUNGO -ブンゴ-/13|二宮 裕次|ヤングジャンプコミックス|”. 2018年3月19日閲覧。
  14. ^ BUNGO -ブンゴ-/14|二宮 裕次|ヤングジャンプコミックス|”. 2018年6月19日閲覧。
  15. ^ BUNGO -ブンゴ-/15|二宮 裕次|ヤングジャンプコミックス|”. 2018年9月19日閲覧。
  16. ^ BUNGO -ブンゴ-/16|二宮 裕次|ヤングジャンプコミックス|”. 2018年9月19日閲覧。
  17. ^ BUNGO -ブンゴ-/17|二宮 裕次|ヤングジャンプコミックス|”. 2019年3月19日閲覧。
  18. ^ BUNGO -ブンゴ-/18|二宮 裕次|ヤングジャンプコミックス|”. 2019年6月19日閲覧。