BUTTERFLY (L'Arc〜en〜Cielのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
L'Arc〜en〜Ciel > ディスコグラフィ > BUTTERFLY (L'Arc〜en〜Cielのアルバム)
BUTTERFLY
L'Arc〜en〜Cielスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ポップス
ロック
時間
レーベル Ki/oon Records (日本盤)
GANSHIN (欧州盤)
プロデュース L'Arc〜en〜Ciel
岡野ハジメ
チャート最高順位
  • 週間1位 (オリコン)
  • 2012年2月度月間1位 (オリコン)
  • 2012年度上半期9位 (オリコン)
  • 2012年度年間23位 (オリコン)
  • 登場回数21回 (オリコン)
  • 1位 (Billboard JAPAN Top Albums)
  • 22位 (Billboard JAPAN Year End Top Albums)
ゴールドディスク
  • プラチナ (日本レコード協会)
  • L'Arc〜en〜Ciel アルバム 年表
    TWENITY
    1991-1996
    1997-1999
    2000-2010
    BOX

    (2011年)
    BUTTERFLY
    (2012年)
    WORLD'S BEST SELECTION
    (2012年)
    『BUTTERFLY』収録のシングル
    1. DRINK IT DOWN
      リリース: 2008年4月2日
    2. NEXUS 4/SHINE
      リリース: 2008年8月27日
    3. BLESS
      リリース: 2010年1月27日
    4. GOOD LUCK MY WAY
      リリース: 2011年6月29日
    5. X X X
      リリース: 2011年10月12日
    6. CHASE
      リリース: 2011年12月21日
    テンプレートを表示

    BUTTERFLY』(バタフライ) は、日本ロックバンドL'Arc〜en〜Cielの12作目のアルバム。2012年2月8日発売。発売元はKi/oon Records

    解説[編集]

    前作『KISS』以来、4年3ヶ月ぶりとなる12作目のオリジナルアルバム。

    前作以降に発売された「DRINK IT DOWN」から「CHASE」までのシングル6作から7曲を含めた、全11曲を収録。新曲は4曲と過去作と比べて最も少ない。また、9thアルバム『SMILE』と同様、本アルバム制作以前に作られた曲が多い。このことについてtetsuyaは「シングル7曲といっても、アルバムの制作に入った時点ではシングル4曲という段階から作り始めたという言い方が正しいですね。アルバムのレコーディングをしながらシングルがリリースされていった感じです[1]」と述べている。

    アルバムについてhydeは「コンピレーションアルバムみたい。1曲1曲ほんとバラバラ」「これがもし1stアルバムだったら"曲がバラバラ過ぎない?"ってなると思う」と述べており[2]、アルバムタイトルを決めるにあたっては「今回は特に収録曲がバラエティに富んでるから、それをひとつにまとめるタイトルっていうのが難しかった」と語っている[3]。また、tetsuyaはhydeが考えたアルバムタイトル案をいくつか却下したと語っている[4]。アルバムタイトルが『BUTTERFLY』に決まった経緯として、hydeは「蝶ってセクシーな部分も持ってると思うし、一方でかわいらしい子供な部分もあるし、すごくこのアルバムの世界観に似合った言葉[3]」「収録曲の歌詞の中に<羽化して蝶になったら[5]>という言葉もあるし、"進化する"という意味でタイトルに選んだ[6]」と述べている。

    本作のプロモーションとして、アルバムタイトルにかけて木村カエラの楽曲「Butterfly」を起用したテレビCMが放映された。これは、前述の木村カエラの楽曲のミュージック・ビデオの一部が流れる中、最後にL'Arc〜en〜Cielのアルバムの告知が入るというもので、音声にL'Arc〜en〜Cielの楽曲は登場しない映像となっている。このコラボレーションはラルク側からのオファーによって実現したもので、テレビCMは3パターン存在している[7]

    完全生産限定盤 (2CD+DVD) と通常盤 (CD) の2形態で発売されており、完全生産限定盤には、パートチェンジバンドP'UNK〜EN〜CIELのアルバム『P'UNK IS NOT DEAD』と、結成20周年記念特別番組「ベストヒットLEC」が収録されたDVDが収録されている。また、完全生産限定盤と通常盤 (初回仕様限定) には7年ぶりのライブハウス公演「一夜限りのL'Arc〜en〜Ciel Premium Night」の無料招待抽選IDが記載されたトレーディングカードが封入されている。

    オリコン週間アルバムチャートでは、前作『KISS』以来となる8作目の週間首位を初登場で獲得。さらに、6thアルバム『ark』以来約13年ぶりとなるオリコン月間アルバムチャート首位を獲得した。

    また、本作は当初、アメリカカナダオーストラリアなどの海外の一部地域のiTunes Storeに限って配信されていたが、2012年11月7日ソニー・ミュージックエンタテインメントがiTunes Storeに参入したことに伴い、日本でも配信が開始された[8]

    収録曲[編集]

    1. CHASE
      39thシングル。hyde曰く、この曲と次曲「X X X」の2曲を軸にして3曲目以降の曲順を決めたとのこと。
      制作を振り返り、kenは「シングルらしい曲を書こうと思って作ったんですけど、自分のデモの段階では、もっとヤンチャなところが欲しいと思っていた[9]」「アレンジの段階でyukihiroとhydeがその匂いを足してくれた[9]」と述べている。
      アルバム発売からおよそ3ヶ月後の2012年5月23日に全英語詞バージョンの「CHASE -English version-」が配信限定でリリースされた。
    2. X X X
      • 作詞・作曲: hyde / 編曲: L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      38thシングル。作曲を手掛けたhydeは「デスティニーズ・チャイルドみたいな音をロックにするとどうなるだろうと考えていた[10]」と述べている。
      hydeは2011年はこの曲のアレンジに多くの時間を費やしたと作曲したと述べており、制作に5ヶ月ほど掛けたといい、ミックスに納得ができずマスタリングを再度やり直すこととなったと語っている[10]。また、アルバム2曲目に収録した理由として、「大人っぽい雰囲気を最初の方で出しておきたいと思ったから[9]」と述べている。
      yukihiroはレコーディングにおいて刺激となった曲としてこの曲を挙げており、「hydeのこだわりがすごくあったんで、素晴らしいなと思いましたね[11]」と述べている。
      本作の完全生産限定盤の付属DVDに収められた特別番組「ベストヒットLEC」では、この曲をレコーディングしている様子の一部が収録された。
      アルバム発売からおよそ3ヶ月後の2012年5月23日に全英語詞バージョンの「X X X -English version-」が配信限定でリリースされた。
    3. Bye Bye
      • 作詞: hyde / 作曲: tetsuya / 編曲: L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      2006年に行われたライブ「15th L'Anniversary Live」で初披露され、それ以降のライブでも度々演奏されていたが、長らくCD化されていなかった楽曲。
      歌詞のイメージについて、hydeは「好きな人と別れる、それは二度と会えないっていうんじゃないけど、例えば卒業もそうですよね。だから教師の立場で想像すると一番しっくりくるのかもしれない」「進んでいこうとする子の意思を弱くしてしまわないように、振り返らないように小さく手を振って、旅立っていく教え子の背中を見送る感じ」と述べている[12]。前述のライブで披露されていた際の歌詞から一部歌詞が変更されている。
      曲自体は10thアルバム『AWAKE』の頃からあった曲で、作曲者のtetsuyaは、「レニー・クラヴィッツがプロデュースしたヴァネッサ・パラディあたりのイメージがあった[9]」と述べており、フレンチポップをイメージしつつグラムロックの要素を加えて制作された。
      yukihiroも演奏する上で、ヴァネッサ・パラディの「Be My Baby」をイメージして叩いたと述べている[13]
    4. GOOD LUCK MY WAY -BUTTERFLY Ver.-
      • 作詞: hyde / 作曲: tetsuya / 編曲: L'Arc〜en〜Ciel & Akira Nishihira
      37thシングル。松竹/アニプレックス配給映画『鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星』主題歌。
      上記映画のタイアップを受けて書き下ろされた楽曲。アルバムバージョンでの収録となっており、アウトロミュージック・ビデオで使用されたストリングスパートが入ったバージョンに差し替えられている。上記映画にはこちらのバージョンが使用されている。
      hydeは歌詞について「監督から物語のどのシーンで流れるか、聞いたんですけど、その場面が今のL'Arc〜en〜Cielとかぶって、そのまま当てはめられると思ったので、基本的にはバンドとファンとの関係であったり、次の場所に向かう感じであったりをストレートに形にしました[14]」と述べている。
    5. BLESS
      • 作詞・作曲: hyde / 編曲: L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano & Daisaku Kume
      36thシングル。前作『KISS』の時期に原曲は存在しており、NHKバンクーバーオリンピックパラリンピック放送テーマソングになるにあたって作り直された。
      hydeは歌詞について、「最初からオリンピックのためだけの歌詞にするつもりはなくて、誰かの旅立ちの場面とか、いろいろな場面に当てはまる曲を作ろうと思っていた[15]」と述べている。また、yukihiroはドラムプレイに関し「フィギュアスケートの選手が滑ったときに氷に残すラインがすごくキレイだと思って、そういうものを想像できるノリになればいいなと思ってドラムを叩きました[16]」と述べている。
    6. shade of season
      • 作詞・作曲:yukihiro / 編曲: L'Arc〜en〜Ciel
      hyde以外のメンバーが作詞した本作唯一の楽曲。この曲も『KISS』の頃には存在していた。
      作曲者のyukihiro曰く、「リズムに関してはポストロックっぽいアプローチがいいかなと思っていた[15]」と述べている。この曲ではkenと共同でアレンジを行っており、yukihiroがメロディ、コード進行、シンセサイザーの音色、リズムパターンの構成を決め、他をkenがプリプロの段階で制作している[13]。kenと作業するうちに「ポストロックとニューウェイヴが入り混じった曲になった」とyukihiroは述懐している。歌詞は無常観的で、yukihiro曰く「淡々とした歌詞がいいなと思ってました[13]」と述べている。
    7. DRINK IT DOWN
      • 作詞: hyde / 作曲: yukihiro / 編曲: L'Arc〜en〜Ciel
      34thシングル。PS3Xbox 360PC用ソフト『DEVIL MAY CRY 4』テーマソング。
      本作に収録されているシングル曲の中で最も古い楽曲で、2010年に発売されたベストアルバム『QUADRINITY 〜MEMBER'S BEST SELECTIONS〜』に先行収録されている。
      歌詞はhydeが富士急ハイランド戦慄迷宮というお化け屋敷に行ったときに思いついたものだという。hydeは歌詞について「お化け屋敷って五感を恐怖に曝け出しながら、それでも"自分はフラットです"みたいな感じで次の部屋に入っていくのが楽しいなと思って。(上記ゲームの主人公である)ダンテのイメージもありながらも、恐怖を味わうような...ある種、そこにはエロスを感じるんですよ。そういう部分もちゃんとミックスした詞を書きたいなと思ってたんですよね[17]」と述べている。
    8. wild flower
      • 作詞: hyde / 作曲: ken / 編曲: L'Arc〜en〜Ciel
      アルバム発売1週間前の2月1日から先行配信された楽曲。歌詞は発売前年に起こった東日本大震災を受けて書かれたもので、本作では最後に歌入れされた。hydeは「震災のことを無視してアルバムを完成させることに疑問があった[6]」「"頑張ろうよ"ってところとは違う角度で切り込みたかった[2]」と述べている。
      "荒野に咲いた一輪の花[3]"をテーマに詞を手掛けており、「荒野にたった一輪だけ咲いていると、寂しいと思うかもしれないけれど、咲いてるってことは実は光とか水とか土とか、いろんなものから力をもらってるから咲いているわけで、ひとりじゃないんだよっていうことを表現したかった[2]」と述べている。
      作曲者のken曰く、デモ制作は前奏で鳴るオーケストラ・サウンド、グロッケンシュピールエレクトリックピアノのフレーズから作り始めている[18]。また、制作を振り返ってkenは「この前奏は悲しいのか楽しいのか、上がるのか下がるのかを何も考えず、音色として気持ちいいというものを作ろうと。そこを作ったら次はこう、っていうのが出てくるから、それを1曲分作り続ける感じでした[19]」「風景とか言葉をイメージして作るのではなく、より音だけで気持ちいい感覚になれるよう作曲したかった[6]」と述懐している。
      また、自身のギタープレイについて「フリーじゃないというか、歌メロはしっかり聴こえた上で、左チャンネルと右チャンネルのギターで入り組んだことがしたかった[19]」と述べている。yukihiroはアルバムの中で気に入っている曲としてこの曲を挙げている[20]
      2012年2月11日放送のNHK総合特別番組『L'Arc〜en〜Ciel 20年の軌跡』では、この曲をレコーディングしている様子の一部が放送された。
    9. SHINE
      • 作詞: hyde / 作曲: tetsuya / 編曲: L'Arc〜en〜Ciel & Akira Nishihira
      35thシングル「NEXUS 4/SHINE」2曲目。NHK-BS2衛星アニメ劇場枠アニメ『精霊の守り人オープニングテーマ
      歌詞は上記アニメの監督、神山健治の元へ出向いてテーマを設定しており、作詞者であるhydeは歌詞について「なんとなく普段思っていることなんですけど、でも別にそれを誰かに理解してほしいとかっていうことはそんなに思ってないんだよなあ。もっと、日記みたいな感じ[21]」と述べている。歌詞はタイアップを受けて書かれたが、曲自体は9thアルバム『SMILE』を制作している時期には作られていたという。
    10. NEXUS 4
      • 作詞: hyde / 作曲: tetsuya / 編曲: L'Arc〜en〜Ciel & Akira Nishihira
      35thシングル「NEXUS 4/SHINE」1曲目。富士重工業スバル・レガシィCMソング
      hydeはデモ音源を聴いた際「デジタルな雰囲気があったり、ギターがジグ・ジグ・スパトニックみたいだなと思った[22]」と述べており、このイメージが近未来的な歌詞に繋がっている。歌詞は映画『ブレードランナー』の原作となった、フィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』が元ネタになっている。
      ちなみに、2007年にアニメ『機動戦士ガンダム00』のタイアップの話が来た際に、tetsuyaはこの曲をオープニングテーマとして提案しようと考えていたが、作品が重い内容であったため、32ndシングルの表題曲となった「DAYBREAK'S BELL」が起用されることとなった。
    11. 未来世界
      • 作詞: hyde / 作曲: ken / 編曲: L'Arc〜en〜Ciel
      童謡的な世界観の楽曲となっており、歌詞もkenが「童謡みたいな歌詞にして」とhydeにリクエストして書かれたものである。
      歌詞についてhydeは「kenのリクエストがなかったら、こういう詞にならなかったかもしれない[2]」「子守唄っぽいイメージを持っていたので、小さい子供が寝ている横で歌って聴かせているような詞にしたくなった[2]」と述べている。また、hydeはこの曲の歌唱について「シングルのカップリングを"L'Acoustic Version"という形でやったことが、いい経験になったというか。ウィスパーボイスで歌う楽しさも感じたし、表現方法も増えてきたんじゃないかなと思います[2]」と述べている。
      kenが制作したデモの段階では、ギターベースドラムの音は入っておらず、ken曰く「(デモ音源は)自分がいいなと思う雰囲気で始まって、そのまま空気のままで終わってた[18]」という。バンドで制作するにあたり、「バンドで演奏できる形も聴きたい」というhydeの意向から、デモの雰囲気とバンドサウンドを兼ね備えた楽曲となった。
      また、kenのリクエストにより、この曲でtetsuyaが初めてフレットレスアップライトベースを使用している。ベースソロでは雰囲気を変えるため、ウォルのフレットレス・ベースを弾いている。

    完全生産限定盤特典CD[編集]

    完全生産限定盤特典DVD[編集]

    結成20周年記念特別番組「ベストヒットLEC」
    人気音楽番組『ベストヒットUSA』の司会を務める小林克也のナビゲートによるL'Arc〜en〜Cielの20年間の軌跡を振り返る映像、写真、エピソード、メンバーのインタビューを収録している。

    参加ミュージシャン[編集]

    CHASE
    • ken:キーボード、プログラミング
    • hyde:キーボード、プログラミング
    • yukihiro:キーボード、プログラミング
    • 斎藤仁:マニピュレート
    • 衛藤利恵: バッキングボーカル
    • 比留間整:レコーディング、ミックス
    X X X
    • hyde:キーボード、プログラミング
    • 西平彰:キーボード、プログラミング、弦編曲
    • 斎藤仁:マニピュレート
    • 金原千恵子ストリングス:ストリングス
    • 比留間整:レコーディング、ミックス
    Bye Bye
    • tetsuya:キーボード、プログラミング、バッキングボーカル
    • 岡野ハジメ:キーボード、プログラミング
    • 小池敦:マニピュレート
    • ken:タンバリン
    • 原裕之:レコーディング
    • 比留間整:レコーディング、ミックス
    GOOD LUCK MY WAY -BUTTERFLY Ver.-
    BLESS
    • hyde:キーボード、プログラミング
    • 久米大作:キーボード、プログラミング、ピアノオルガン、弦編曲、管編曲
    • 岡野ハジメ:キーボード、プログラミング
    • 金原千恵子ストリングス:ストリングス
    • ken:ヴィブラフォン
    • 最上峰行:オーボエ
    • 藤田乙比古:ホルン
    • 高橋臣宜:ホルン
    • 比留間整:レコーディング、ミックス

    shade of season
    • yukihiro:キーボード、プログラミング
    • ken:キーボード、プログラミング
    • 斎藤仁:マニピュレート
    • 比留間整:レコーディング、ミックス
    DRINK IT DOWN
    • yukihiro:キーボード、プログラミング
    • ken:キーボード、プログラミング
    • 杉山勇司:キーボード、プログラミング
    • 斎藤仁:マニピュレート
    • tetsuya: バッキングボーカル
    • 比留間整:レコーディング、ミックス
    wild flower
    • ken:キーボード、プログラミング
    • 斎藤仁:マニピュレート
    • yukihiro:タンバリン
    • 衛藤利恵: バッキングボーカル
    • 比留間整:レコーディング、ミックス
    SHINE
    • tetsuya:キーボード、プログラミング、バッキングボーカル
    • 西平彰:キーボード、プログラミング
    • 岡野ハジメ:キーボード、プログラミング、タンバリン
    • 小池敦:マニピュレート
    • 比留間整:レコーディング、ミックス
    NEXUS 4
    • tetsuya:キーボード、プログラミング、バッキングボーカル
    • 西平彰:キーボード、プログラミング
    • 草間敬:キーボード、プログラミング
    • 岡野ハジメ:キーボード、プログラミング
    • 斎藤仁:マニピュレート
    • 小池敦:マニピュレート
    • 比留間整:レコーディング、ミックス
    未来世界
    • ken:キーボード、プログラミング
    • 斎藤仁:マニピュレート
    • yukihiro:"Grancassa"
    • 比留間整:レコーディング、ミックス


    [Produce & Mastering]

    • L'Arc〜en〜Ciel & 岡野ハジメ:プロデュース
    • エディ・シュレイヤー:マスタリング
    • 内田孝弘:リマスタリング(High-Resolution Audio)

    脚注[編集]

    1. ^ a b c 『WHAT's IN?』、p.29、ソニー・マガジンズ、2012年2月号
    2. ^ a b c d e f 『WHAT's IN?』、p.21、ソニー・マガジンズ、2012年2月号
    3. ^ a b c L’Arc〜en〜Ciel hyde インタビュー”. ナタリー (2012年2月6日). 2012年3月10日閲覧。
    4. ^ TOKYO FM『やまだひさしのラジアンリミテッドF2012年2月10日放送回より
    5. ^ 「X X X」の歌詞
    6. ^ a b c MUSIC ON! TVM-ON! MONTHLY ICON L'Arc〜en〜Ciel2012年2月11日放送回より
    7. ^ 広告業界騒然、L’Arc〜en〜CielアルバムCMに木村カエラ「ユーモアを理解して楽しんでくれたからこそ実現できた」”. BARKS (2012年2月6日). 2012年2月7日閲覧。
    8. ^ Sony Music楽曲がiTunes Storeで配信開始 - ナタリー (2012年11月7日)
    9. ^ a b c d 『WHAT's IN?』、p.34、ソニー・マガジンズ、2012年2月号
    10. ^ a b シングル『X X X』インタビュー(hydeインタビュー)
    11. ^ L’Arc〜en〜Ciel yukihiro インタビュー”. ナタリー (2012年2月6日). 2012年3月10日閲覧。
    12. ^ L’Arc〜en〜Ciel hyde インタビュー”. exciteニュース (2012年2月6日). 2012年3月10日閲覧。
    13. ^ a b c L’Arc〜en〜Ciel yukihiro インタビュー”. exciteニュース (2012年2月6日). 2017年9月2日閲覧。
    14. ^ L'Arc~en~Ciel シングル『GOOD LUCK MY WAY』インタビュー(hydeインタビュー)”. exciteニュース. 2020年8月8日閲覧。
    15. ^ a b 『WHAT's IN?』、p.35、ソニー・マガジンズ、2012年2月号
    16. ^ ラルク アン シエル、『NHKバンクーバー五輪』放送テーマ曲を初お披露目 約1年半ぶりの新曲に「新鮮で楽しみだった」”. oricon (2010年1月13日). 2020年8月8日閲覧。
    17. ^ 『WORDSⅡ L'Arc〜en〜Ciel』p.182、角川マガジンズ、2010年
    18. ^ a b 『WHAT's IN?』、p.24、ソニー・マガジンズ、2012年2月号
    19. ^ a b L’Arc〜en〜Ciel ken インタビュー”. exciteニュース (2012年2月6日). 2017年9月2日閲覧。
    20. ^ 『WHAT's IN?』、p.32、ソニー・マガジンズ、2012年2月号
    21. ^ 『WORDS L'Arc〜en〜Ciel』p.204、角川マガジンズ、2010年
    22. ^ 『WORDS L'Arc〜en〜Ciel』p.206、角川マガジンズ、2010年

    収録ベストアルバム[編集]