Bank Band

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Bank Band
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル J-POP
活動期間 2004年 - 2012年
2016年 -
レーベル トイズファクトリー
公式サイト apbank.jp
メンバー 小林武史キーボード
櫻井和寿ボーカルギター
など

Bank Band(バンク バンド)は、日本バンド。所属レコード会社トイズファクトリー

概要[編集]

音楽プロデューサー小林武史Mr.Children桜井和寿を中心としたスーパーバンド[1]。小林と櫻井、そして坂本龍一によって設立された非営利組織ap bank」の可能性を広げるために小林と櫻井が結成したグループで、イベントやフェスといったライブ活動やCDやDVDなどパッケージ製品からの収益はすべてap bankの活動資金や融資にあてられている[2][3]。小林、櫻井以外のメンバーは固定されておらず、彼らと親交の深いアーティストが活動の度ごとに参加する形をとっている[2]。当初は櫻井をボーカルに据えてカバーをメインにやっていたが、2005年の「ap bank fes」開催を機にアーティストを迎え入れてバックバンドとしても活動するようになった[4]

ライブ活動を中心としたグループであり、披露される楽曲は他アーティストからのカヴァーが目立つ。これまで披露されたカヴァーは通算40曲以上に及ぶが、特に桜井が敬愛するアーティストの楽曲を中心に(影響を公言する浜田省吾など)選曲されている。2曲以上CDにて選曲されたミュージシャンは浜田省吾、RCサクセションヒートウェイヴなど。また、Mr.Childrenのセルフカバーも目立つ。一方、桜井自身が敬愛を公言しながら未だカヴァーしていないミュージシャンもあり、その代表格であったBUMP OF CHICKENに関しては、「彼ら自身が演奏しないと意味を持たないし、説得力がないと思ってる」[5]と語っていた[注 1]

来歴[編集]

2004年1月にラフォーレミュージアム六本木にてライブ「BGM 〜Bank with Gift of Music for ap bank Vol.01」を開催、10月には1stアルバム『沿志奏逢』(以下『沿志奏逢1』)をリリース、11月には恵比寿ザ・ガーデンホール、大阪ブルーノートで各3公演ずつライブ「BGM Vol.2 〜沿志奏逢」を開催、ライブDVD『BGM Vol.2 〜沿志奏逢』をリリース。

2005年から2012年まで静岡県つま恋にて野外フェス「ap bank fes」を8年連続で開催。また2007年3月に開催された「AP BANG! 東京環境会議 vol.1」では、新たにBank Band Trinityが結成された。

2006年7月には1stシングル「to U」をリリース。2007年9月には「はるまついぶき」をダウンロード販売(音楽配信、着うた)のみでリリース。収益の一部は新潟県中越沖地震の義援金として寄付された。また、2008年1月16日に2ndアルバム『沿志奏逢2』を、2010年6月30日に3rdアルバム『沿志奏逢3』をそれぞれリリースした。

2013年から2015年までは「ap bank fes」の休演によって事実上活動休止状態となっていた[6]

2016年7月30日、31日の2日間にわたって宮城県石巻市石巻港雲雀野埠頭で「Reborn‒Art Festival × ap bank fes 2016」として4年ぶりに開催されたap bank fesに出演し、活動を再開する[7][8]。同月、アルバム『沿志奏逢3』以来約6年ぶりの新作となる「こだま、ことだま。」を配信限定でリリース[9]。10月22日、熊本県野外劇場アスペクタにて開催された音楽フェスイベント「MUSIC for ASO 2016 supported by ap bank」に出演[10]

2017年7月21日、櫻井と小林によるReborn-Art Session名義で「What is Art?」を配信限定でリリース[11]。7月28日から30日までの3日間、宮城県・国営みちのく杜の湖畔公園で開催された「Reborn-Art Festival × ap bank fes 2017」出演[12]

2018年7月14日から16日までの3日間、2012年以来6年ぶりにつま恋で開催された「ap bank fes '18」に出演[13]

メンバー[編集]

小林と櫻井以外のメンバーは流動的。参加作品の表記がないメンバーは全作品・全ライブに参加。またシングル「to U」収録の「生まれくる子供たちのために」は、参加メンバーのクレジットが無く不明。

Vocal & Guitar
Keyboards
Drums
  • 山木秀夫 (沿志奏逢1・2・3/BGM Vol.1・2 /ap bank fes'05・'06・'08)
  • 河村智康 (沿志奏逢2・3/ap bank fes'07・'09-'11)
Bass
Guitar
Saxophone / Flute
Trumpet
  • 西村浩二 (沿志奏逢2・3/ap bank fes'06-'11)
Percussion
  • 藤井珠緒 (沿志奏逢2・3/ap bank fes'06-'11)
Cello
  • 四家卯大 (沿志奏逢1-3/ap bank fes'05-'11) [注 3]
Violin
  • 沖祥子 (沿志奏逢2・3/ap bank fes'05-'11) [注 4]
  • 田島朗子 (沿志奏逢3/ap bank fes'05-'11) [注 4]
  • 伊勢三木子 (沿志奏逢2)
Viola
  • 菊地幹代 (沿志奏逢2・3/ap bank fes'06-'11)
Chorus
  • イシイモモコ(沿志奏逢2・3/ap bank fes'06-'11)
  • 登坂亮太(沿志奏逢2・3/ap bank fes'05-'11) [注 4]
Feat.Vocal
  • Salyu「to U」(シングル『to U』、アルバム『沿志奏逢2』)
  • GAKU-MC「昨日のNo, 明日のYes」(アルバム『沿志奏逢2』)

サポート・ミュージシャン[編集]

Keyboards
  • 安達練(BGM Vol.2/ap bank fes'05)
Viola
  • 西森記子 (ap bank fes'05)

Bank Band Trinity[編集]

クラブイベント「AP BANG! 東京環境会議 vol.1」のホスト役としてアーティストを迎え入れるために特別に編成された。

Keybords
  • 小林武史
Guitar
  • 高野寛
Bass
  • TOKIE
Drums
Percussion
  • 藤井珠緒
Keybords&DJ
Chorus
  • イシイモモコ
  • 登坂亮太

参加イベント[編集]

作品[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 収録アルバム
1st 2006年7月19日 to U 12cmCD TFCC-89180 沿志奏逢2

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番
1st 2004年10月20日 沿志奏逢 CD TFCC-86177
2nd 2008年1月16日 沿志奏逢2 CD TFCC-86247
3rd 2010年6月30日 沿志奏逢3 CD TFCC-86327

ダウンロード配信[編集]

発売日 タイトル 備考
2005年10月31日 生まれくる子供たちのために iTunes Storeで期間限定配信。後に「to U」のカップリングに収録。
日本テレビ系終戦60周年スペシャルドラマ『火垂るの墓』主題歌
2007年9月1日 はるまついぶき 着うたサイト(期間限定)・iTunes Storeで配信。後に『沿志奏逢2』に収録。
松竹系映画『ミッドナイト・イーグル』主題歌
NestléKitKatCMソング
2009年7月15日 奏逢 〜Bank Bandのテーマ〜
(Studio Live Ver.)
着うたサイトで配信。後に『沿志奏逢3』に収録。
2016年7月20日 こだま、ことだま。 iTunes Store・レコチョクなどで配信。
東京メトロキャンペーン「Find my Tokyo.」CMソング
2018年7月13日 MESSAGE -メッセージ- (Bank Band with Salyu) iTunes Store・moraなどで配信。

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 備考
1st 2005年3月30日 BGM Vol.2〜沿志奏逢 2DVD TFBQ-18056 2004年11月に東京と大阪で開催されたライブ「BGM Vol.2 〜沿志奏逢」の模様や小林・櫻井のインタビューを収録。
2nd 2005年12月21日 ap bank fes '05 3DVD+写真集 TFBQ-18060 2005年7月16日から18日までの3日間にかけて、静岡県掛川市つま恋多目的広場で開催されたap bank主催の野外フェスティバルap bank fes '05」でのライブ映像やドキュメンタリー映像を収録。
3rd 2006年12月20日 ap bank fes '06 3DVD TFBQ-18068 2006年7月15日から17日までの3日間にかけて、同所で開催されたap bank主催の野外フェスティバル「ap bank fes '06」でのライブ映像やドキュメンタリー映像を収録。
4th 2008年1月16日 ap bank fes '07 3DVD TFBQ-18081 台風接近のために2007年7月16日のみ同所で開催されたap bank主催の野外フェスティバル「ap bank fes '07」でのライブ映像やドキュメンタリー映像を収録。DVD3枚に128Pブックレットと平間至による写真集が付属するデジパック仕様スペシャルパッケージ。
5th 2009年2月25日 ap bank fes '08 3DVD TFBQ-18096 2008年7月19日から21日までの3日間にかけて、同所で開催されたap bank主催の野外フェスティバル「ap bank fes '08」でのライブ映像やドキュメンタリー映像を収録。
6th 2010年4月21日 ap bank fes '09 3DVD TFBQ-18108 2009年7月18日から20日までの3日間にかけて、同所で開催されたap bank主催の野外フェスティバル「ap bank fes '09」でのライブ映像やドキュメンタリー映像を収録。
7th 2011年7月6日 ap bank fes '10 3DVD TFBQ-18117 2010年7月17日から19日までの3日間にかけて、同所で開催されたap bank主催の野外フェスティバル「ap bank fes '10」でのライブ映像やドキュメンタリー映像を収録。このDVDの収益は全額震災復興支援プロジェクト「ap bank Fund for Japan」に寄付され、2011年3月11日に発生した東日本大震災の復興支援に充てられる。
8th 2012年2月29日 ap bank fes '11 Fund for Japan 3DVD TFBQ-18128 2011年7月16日から18日までの3日間にかけて、東日本大震災の発生を受けて「Fund for Japan」というキーワードが添えられてつま恋で開催されたap bank主催の野外フェスティバル「ap bank fes'11」でのライブ映像やドキュメンタリー映像を収録。
このDVDの収益は全額震災復興支援プロジェクト「ap bank Fund for Japan」に寄付され、東日本大震災の復興支援に充てられる。
9th 2013年5月15日 ap bank fes '12 Fund for Japan 3Blu-ray
3DVD
TFXQ-78110
TFBQ-18134
2011年に引き続き東日本の復興支援を掲げ、「Fund for Japan」としてつま恋と阪神淡路大震災の被災地・淡路、そして東日本大震災の被災地・宮城の3カ所で開催された「ap bank fes '12」でのライブ映像やドキュメンタリー映像を収録。

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ その後、Bank Band再始動後の2016年、「Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016」にて「ロストマン」をカバー。
  2. ^ 本バンド及びap bankでの活動時には、本名である櫻井和寿(旧字体)名義でクレジットされている。
  3. ^ 沿志奏逢1では、Additional Musician・Strings Arrangerとして参加。
  4. ^ a b c ap bank fes'05ではSupport Musicianとして参加。

出典[編集]

  1. ^ Bank BandがライブDVD「BGM Vol.2 〜 沿志奏逢」発表”. bounce. TOWER RECORDS ONLINE (2005年2月15日). 2019年3月24日閲覧。
  2. ^ a b Bank Bandの記事まとめ”. 音楽ナタリー. 2019年3月23日閲覧。
  3. ^ Bank Bandプロフィール”. 音楽出版社. TOWER RECORDS ONLINE (2012年7月30日). 2019年3月23日閲覧。
  4. ^ 小林武史ロングインタビュー”. BARKS (2005年12月29日). 2019年3月24日閲覧。
  5. ^ 「沿志奏逢 3」Release Special 櫻井和寿Interview(前編) - FEATURE - エコレゾ ウェブ
  6. ^ 音楽フェス〈ap bank fes〉、今年は震災の復興支援に力を注ぐため休催に”. bounce. TOWER RECORDS ONLINE (2013年2月14日). 2019年3月24日閲覧。
  7. ^ 2017年夏、石巻/牡鹿半島で総合フェス。2016年夏には4年ぶり<ap bank fes>開催も”. BARKS (2016年4月5日). 2019年3月24日閲覧。
  8. ^ <ap bank fes 2016>にYEN TOWN BAND、ACIDMAN、Coccoら12組”. BARKS (2016年4月26日). 2019年3月24日閲覧。
  9. ^ Bank Band、新曲「こだま、ことだま。」配信。MVは石巻が舞台”. BARKS (2016年7月20日). 2019年3月24日閲覧。
  10. ^ 【ライブレポート】ap bank発<MUSIC for ASO>熊本・阿蘇復興への思いこめ開催”. BARKS (2016年10月25日). 2019年3月24日閲覧。
  11. ^ 櫻井和寿&小林武史による<Reborn-Art Festival>、コンセプトソング完成”. BARKS (2017年7月21日). 2019年3月24日閲覧。
  12. ^ <Reborn-Art Festival × ap bank fes>、タイムテーブル発表”. BARKS (2017年7月20日). 2019年3月24日閲覧。
  13. ^ <ap bank fes>2018年はつま恋で開催。第一弾にBank Band、Mr.Children”. BARKS (2018年4月13日). 2019年3月24日閲覧。
  • TOY'S FACTORY - トイズファクトリーによる公式ウェブサイト