Be-200 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Be-200

МАКС-2007-ЗВГ-010.jpg

Be-200とは、ロシア航空機メーカーであるベリエフ設計局1998年に開発した多目的水陸両用機(飛行艇)である。

概要[編集]

ジェット双発飛行艇であり、旅客輸送や消火飛行艇、捜索・救難機、さらには対潜哨戒機を想定して1980年代末より開発が行われた。

ベリエフ設計局は1986年に初飛行したA-40を完成させており、Be-200の機体概要はそれに範を取り、大幅に小型化した機体となっている。機体重量はA-40の44tに対し27.6tと大幅に少なくなったが、高翼配置の主翼や機体後半上部に突き出して設置されたエンジン、ドーサルフィン・T字尾翼の配置は同等となっている。模型は1991年のパリ航空ショーでも展示された。

開発はソ連経済の崩壊もあって難航したが、1996年に初号機が完成、1998年9月24日に初飛行を行なった。受注は1997年にロシア非常事態省から受けたのを皮切りに、西ヨーロッパアジアにも売り込みをかけている。

量産初号機は2003年に初飛行し、引渡しが開始されている。

輸入代替[編集]

Be-200はD-346TPを搭載しているが、これはウクライナ製エンジンであり2014年ウクライナ騒乱の影響を受けた。2016年段階では民生向けとして輸出されていたため代替エンジンであるSaM146と並行で検討を行っていたが[1]、2018年2月19日に民間向けの輸出も禁止となってしまった[2]。その一方同日にパワージェットと行った作業の結果SaM146への換装について技術的な実現可能性を確認したことが発表された[3]

その後2018年の国際フォーラムエンジン(MFD 2018)において統一エンジン製造会社のアレクサンダー・アルティコフ氏はSaM146を搭載する計画が2020年の第三または第四四半期に予定されていると述べた。彼によるとSaM146は新しいナセルと共に搭載されることになるという[4]。5月のサンクトペテルブルグ国際経済フォーラム(SPIEF-2018)においてロシアのサトゥールンとフランスのサフラン・エアクラフト・エンジンズは、ロシアのBe-200向けのSaM146派生型エンジンの開発に関する枠組み合意に調印した。両社は、SaM146エンジンの自動化された制御デジタルシステムのソフトウェアのBe-200との統合とエンジン換装型の認証のために真剣に最終化することを想定した近代化に合意した。試験と認証を目的とした3つのプロトタイプを作成するための3年間のロードマップが作成されているという[5]

各型[編集]

Be-200
原型機
Be-200ES
ロシア非常事態省向け多用途機、消火・捜索・救難目的。
Be-200E
Be-200ESの英語計器モデル
Be-200RR
ロールス・ロイス社BR715製エンジン搭載機。
Be-210
純旅客輸送機型。計画のみ。
Be-220
対潜哨戒機。計画のみ。

性能要目[編集]

Beriev Be-200 svg.svg
  • 全長: 32.05 m
  • 全幅: 32.78 m
  • 高さ: 8.90 m
  • 翼面積: 117.44 m2
  • エンジン D-436TP ターボファンエンジン 73.6 kN 2基
  • 最大速度: 700 km/h in 7000m
  • 巡航速度: 600 km/h
  • 離陸速度: 185 km/h
  • 経済的巡航高度: 8000 m
  • 航続距離: 3850 km
  • 乗員: 2
  • 乗客: 64(エコノミー)、32(ビジネス)


脚注[編集]