BeSide

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
BeSide
鈴木康博カバー・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル BMGビクター
プロデュース 月光恵亮
鈴木康博 年表
それぞれの街角で
1995年
BeSide
1996年
Anyone
1998年
テンプレートを表示

BeSide』(ビサイド)は、鈴木康博セルフカバーアルバム

内容[編集]

自身が所属していたオフコースを自ら作曲を担当した楽曲だけをセルフカバーした。本作のために編曲を担当したyassは鈴木と桑島弦矢、サウンドプロデュースを担当した和泉常寛の3人である。

批評[編集]

CDジャーナルは「淡々とした中にじわりと年の功がにじむ、オトナのAOR」と評した[1]

収録曲[編集]

全曲 作曲:鈴木康博

  1. 一億の夜を越えて
    作詞:あんべ光俊
  2. メインストリートを突っ走れ
    作詞:大間ジロー・あんべ光俊・鈴木康博
  3. 夜はふたりで
    作詞:あんべ光俊
  4. 青春
    作詞:鈴木康博
  5. 恋を抱きしめよう
    作詞:鈴木康博
  6. のがすなチャンスを
    作詞:鈴木康博
  7. 昨日への手紙
    作詞:鈴木康博
  8. 潮の香り
    作詞:鈴木康博
  9. いくつもの星の下で
    作詞:清水仁・鈴木康博
  10. ランナウェイ
    作詞:鈴木康博
  11. ロンド
    作詞:鈴木康博
  12. 美しい思い出に
    作詞:鈴木康博
  13. でももう花はいらない(ボーナス・トラック)
    作詞:鈴木康博

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木康博/BeSide CDジャーナル