Being at home with Claude 〜クロードと一緒に〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Being at home with Claude〜クロードと一緒に〜』はルネ=ダニエル・デュポワ(英語: René-Daniel Duboisによるカナダの戯曲。1992年にはカナダで映画化もされている。

概要[編集]

1967年のカナダ・モントリオールを舞台に、殺人事件で自首してきた若い男娼の取り調べを描く。1986年の初演に始まり、フランス語から英語に翻訳されてカナダ国内、イギリスなどで長年にわたって再演が繰り返されている。

日本での初演は2014年、企画プロデュースはZu々主宰・三宅優[1]。以降、ダブル・キャストやスウィッチ・キャスト、Lecture-Spectacle(読み聞かせ)など、趣向を変えたアプローチで繰り返し上演されている。日本上演の翻訳はイザベル・ビロドー / 三宅優。

上演記録(日本のみ)[編集]

2014年 5月14日 - 5月18日

- 彼(イーブ):相馬圭祐 / 稲葉友(ダブル・キャスト)
- 刑事(ロバート):伊藤陽佑 / 伊達暁(ダブル・キャスト)
- 速記者(ギィ):井上裕朗
- 警護官(ラトレイユ):鈴木ハルニ(ゲキバカ)

2015年 4月17日 - 4月23日

- 彼(イーブ):松田凌
- 刑事(ロバート):山口大地/ 唐橋充(スウィッチ・キャスト)
- 速記者(ギィ):山口大地 / 唐橋充(スウィッチ・キャスト)
- 警護官(ラトレイユ):鈴木ハルニ

2016年 7月4日 - 5日

  • 場所:新国立劇場 小劇場 THE PIT
  • 上演台本・演出:杉本凌士[劇団 男魂(メンソウル)]
  • 公演形態:Lecture-Spectacle(読み聞かせ)
  • 出演者
- 彼(イーブ):松田凌
- 刑事(ロバート):伊達暁
- 速記者(ギィ):鈴木ハルニ
- 警護官(ラトレイユ):岩尾祥太朗

2019年 4月13日 - 28日[3]

田尾下哲演出のBlanc、保科由里子演出のCyanの2チームで上演された。

  • 場所:横浜赤レンガ倉庫 1号館3階ホール
  • 総合演出:田尾下哲
  • 上演台本・演出:保科由里子
  • 出演者(Blanc)
- 彼(イーブ):松田凌
- 刑事(ロバート):石橋祐
- 速記者(ギィ):福澤重文
- 警護官(ラトレイユ):鈴木ハルニ
  • 出演者(Cyan)
- 彼(イーブ):小早川俊輔
- 刑事(ロバート):根本正勝
- 速記者(ギィ):川野直輝
- 警護官(ラトレイユ):澤田拓郎

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 初演パンフレットの中で三宅優は、1991年4月のロンドンのパブ“キングス・ヘッド(King’s Head)”の上にある小さな劇場で上演されたこの舞台を「英国滞在中の1990年代に見た舞台で最も衝撃的な観劇経験」と語っている。
  2. ^ 初演より音楽を担当。
  3. ^ 13日 - 14日はプレビュー公演
執筆の途中です この「Being at home with Claude 〜クロードと一緒に〜」は、舞台芸術に関連した書きかけ項目ですが、内容が不十分です加筆・訂正必要です(Portal:舞台芸術)。項目削除の対象である場合もあります。