Bejeweled

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Bejeweled
ジャンル パズルゲーム
対応機種 ブラウザゲーム
Palm
iPod
携帯アプリ
開発元 PopCap Games
発売元 PopCap Games
[Palm]Astraware
[携帯アプリ]ジー・モード
人数 1人
発売日 2001年
[iPod]2006年9月13日
テンプレートを表示

Bejeweled』(ビジュエルド)は、アメリカのゲームデベロッパーであるPopCap Games2001年にリリースしたパズルゲームで、マッチ3ゲームの元祖である。一部で「ビージュエルド」という表記もある。続編に『Bejeweled 2』、『Bejweled 3』、『Bejeweled Twist』、『Bejweled Blitz』がある。

概要[編集]

8×8のマスに敷き詰められた7種類のジェム(宝石)を消していく。隣接する2つの宝石を入れ替えることで、同じ宝石を3つ以上並べると宝石を消すことが出来る。宝石を消せるときのみ宝石の入れ替えが可能で、宝石の入れ替えが出来なくなると「NO MOVE」(手詰まり)。また、時間制限の無いモードとあるモードがある(後者は時間切れでゲームオーバー)。

宝石を消した空白はただちに上から宝石が下って埋めるが、これにより連鎖が起こることもある。宝石を消したり、連鎖をすることで貯まるゲージが一杯になるとレベルが上がる。

もともとはブラウザゲームで『Diamond Mine』という名称で発表されていたが、MSNでのサービスが決まった際に似たような名称のゲームが既にあるという指摘がマイクロソフトからあったため現在の名称となった。

海外ではWindowsMac OS XXbox版も発売された。

Bejeweled 2[編集]

Bejeweled 2
ジャンル パズルゲーム
対応機種 ブラウザゲーム
Windows
Palm
Xbox 360
iPhone / iPod touch
開発元 PopCap Games
発売元 PopCap Games
[Palm]Astraware
人数 1人
発売日 2004年
[Xbox 360]2005年12月10日
[iPhone]2008年8月10日
テンプレートを表示

『Bejeweled 2』(ビジュエルド 2)は2004年にリリースされた続編。ゲージを消費することでヒントが得られるほか、パワージェム、ハイパーキューブが追加された。

  • パワージェム - 宝石4つ消し、または縦横の同時消しで輝きが強い宝石が一つ残る。この宝石を消すと周囲の宝石を巻き込んで爆発する。
  • ハイパーキューブ- 宝石5つ消しで出現。ハイパーキューブと位置を入れ替えた宝石と同じ色の宝石が全て消える。ハイパーキューブ同士を入れ替えると8×8マスの宝石全てが消える。


海外ではiPod classic・プレイステーション3版も発売された。


Bejeweled Twist[編集]

Bejeweled Twist
ジャンル パズルゲーム
対応機種 ブラウザゲーム
Windows
ニンテンドーDSiウェア
開発元 PopCap Games
発売元 PopCap Games
日本の旗 [DSi]:スクウェア・エニックス
人数 1人
発売日 2008年
日本の旗 [DSi]:2010年12月22日
テンプレートを表示

Bejeweled Twist』(ビジュエルド ツイスト)は2008年にリリースされた関連作品。『Bejeweled』『Bejeweled 2』とは基本ルールが異なり、2×2マスの宝石を時計回りに回転させることで3つ以上揃えると消すことができる。

旧作に比べて様々な仕掛けが登場した。なお,Bejeweled2で登場したパワージェムは今作から「フレイムジェム」と改称されて登場,強い輝きの宝石から燃えるような宝石ということになった。

  • ライトニングジェム - 一列に5つ同時消しで出現。これを消すと縦横各一列の十字型に一気に消すことができる。
  • スーパーノヴァジェム - 一列に6つ以上同時消しで出現。連鎖などで発生するが、出現率は非常に低い。縦横各3列の十字型に爆発する。
  • ロックジェム - 通常の宝石がランダムに変化し、動かせなくなる。
  • 石炭 - パワージェム・ライトニングジェム・スーパーノヴァジェムの爆発でしか消すことができない。ステージが進むと次第に石炭の割合が増える。
  • 爆弾ジェム - 通常の宝石と同じように消すことができるが、数字が描かれており1回操作するごとにカウントダウンする。ゼロになるとルーレットが発動し、はずれを引くとゲームオーバー。
  • 死のジェム - ステージ中盤になると出現。1回の操作で宝石を消すことができないと数字がカウントダウンし、ゼロになるとゲームオーバー。カウントダウンを防ぐにはコンボを繋ぎ続けなければならない。爆発に巻き込んで消すことは可能。
  • チェインメーター - 連続して消すとゲージが溜まっていき、最大10倍まで得点倍率がアップする。
  • フルーツジェム - チェインメーターが10倍の状態でフルにゲージを溜めると出現。これを消すと同じ色の宝石が全て消えるほか、ロックジェムを通常の宝石に戻し、爆弾ジェムと死のジェムの数字を10増やすことができる。
  • ボーナスチャレンジ - 指定された色の順番通りに4回連続で消すと、チェインメーターにボーナスが入り、不利なジェム(爆弾ジェムまたはロックジェム)を1つ消すことができる。
  • メガフルーツボーナス - フルーツを消した直後にボーナスチャレンジを成功させると発動し、多大な得点が入る。

連鎖などで大量得点が発生するとリプレイを再生できる機能がある。Windows版は派手なグラフィックスが特徴である。


海外ではニンテンドーDS(パッケージ版)・携帯電話版も発売されている。

Bejeweled Blitz[編集]

当初はFacebookアプリケーションとして2010年4月にリリースされ、その後PC(デスクトップアプリケーション)・iOS・Google+版なども発売された。Bejeweled 2の時間制限があるBlitzモードを発展させたもの。

Bejeweled 3[編集]

2010年12月にWindows用デスクトップアプリケーションとしてリリースされた。翌月にはMac App Storeのサービス開始にあわせてMac OS X用の配信も開始されている。基本ルールはBejeweled 2と同じで、仕掛けはBejeweled Twistのライトニングジェム・スーパーノヴァジェムが引き続き登場する(ただし,ライトニングジェムの出現方法はハイパーキューブと重なるためか「T・L・十字などの形を作ってジェムを5個以上消す」というものに変更されている)。また「ポーカー」や「バタフライ」など多彩なゲームモードが追加された。

クラシック-ジェムを消してポイントをためる。 ちなみに、ジェムが消せなくなった場合、終了となる。レベルが上がることで、得られるポイントが、上がっていく。レベル1では、50点、レベル2では、100点と50×レベルでポイントが得られていく。ちなみに、レベル5到達したときにポーカーが解放される。

電光石火(ライトニング)-このモードには、1分のカウントが、上にある。0になると終了。+5と+10が書いてあるジェムが出てくる。このジェムを消すと、時間が延長される。ちなみに100000ポイント獲得すると、アイスストームが解放される。

クエスト-5個の道具があり、すべてをコンプリートすると花火があがり、100%とでる。ちなみに1つの道具をコンプリートするのに、8つのクエストがある。つまり、40個のクエストをクリアすることで、クエスト全クリする。4つのクエストをクリアすると、ダイヤモンドマインが解放される。

禅-ジェムは、無限に消せるため、終わりはない。ちなみにクラシックとは、違い、ポイントは、50点のままなので、上がらない。レベル5になるとバタフライが解放される。

この4つのモードの条件をクリアした時に解放される新モード[編集]

アイスストーム-(ライトニングで100000ポイント獲得すると開放) アイスストームは、下から上がってくる氷を消して、凍る前にジェムを消しまくる。ちなみに、下から上がってくる氷は、縦向きのジェムを消すと消せる。氷が一番上まで到達するとその列に青いガイコツマークが表示され、氷が下から白くなっていく、完全に白くなると赤いガイコツマークに変わり、その状態が数秒続くとゲームオーバー。

ダイヤモンドマイン-(クエスト4つクリアで解放)ダイヤモンドマインは、1:30秒の状態から、スタートする。高さが4マス以下に鉱石や石があり、残り2マスになると、クリアになり30秒延長される。また、すべて鉱石や石を消せると、90秒延長される。ちなみに、深くまで採掘すると、石が固くなっていく。ライトニングと同じで、カウントが0になると終了。

バタフライ-(禅でレベル5に到達すると開放)バタフライは、蝶を消して、蝶を捕まえた数を競う。蝶のジェムは1回ジェムを入れ替えるごとに1段上に上る、この性質を利用してジェムを消した場所と別のところにいる蝶を捕まえたり、蝶の移動でジェムを消すことも可能。上のほうに青色のクモがいて、蝶が最上段から移動してクモにつかまるとゲームオーバー。

ポーカー-(クラシックレベル5到達で解放)ポーカーは、入れ替えて消したジェムをカードとして獲得して、ポーカーの役ができるとボーナス得点が発生する。ボーナス手役はpalr(ペア1組)は、2500点、spectrum(全種類違うジェムのカード、いわゆるノーペア)は、5000点、2 pair(ペア2組)は、7500点、3 of a kind(3枚組)は、10000点、full House(3枚組とペア1組)は、15000点、4 of a kind(4枚組)は、30000点、flash(5枚とも同じカード、いわゆるファイブカード)は、50000点である。入れ替えで2種類のジェムを同時に消すと、両方のジェムの絵柄を持つカード(手役ボーナスに使われるのは高い手役になる方)を、入れ替えでハイパーキューブを作るとワイルドカードを獲得する。手役を一定回数完成するごとに手役一覧にガイコツが出現してくる。ちなみに、ガイコツはpairかspectrumに出現しやすい。ガイコツがある手役を作ってしまうと、ガイコツがルーレットを回し(コイントス)、セーフ(四つ葉のクローバー)かアウト(ガイコツ)かのどっちかが出る。セーフだと続けられるがアウトになると終了。手役を作ってガイコツのメーターをマックスにすると、ガイコツが1個消滅する。高い手役ほどガイコツメーターを多く溜められる。